重光武雄のプロフィールと嫁の画像を調査!資産はいくら?

ロッテグループの創業者である重光武雄さんがソウル地検により、横領及び背任の疑いで逮捕状を請求されました。

その額1700億ウォン、日本円にして約155億円という巨額のもの。

実際に逮捕するかどうかは28日ごろに裁判によって決められる予定との事。

という事で重光さんのプロフィール等を調査してみました。

sponsored link

 

重光武雄のプロフィール

画像

http://qbiz.jp/より

しげみつ たけお(シン・キョクホ)

重光 武雄(辛 格浩)

生誕 1921年11月3日(94歳)(2016年9月現在)
日本統治時代の朝鮮慶尚南道蔚山郡
大韓民国の旗 現韓国蔚山広域市)
国籍 大韓民国の旗 韓国
出身校 早稲田実業学校
職業 ロッテホールディングス会長
千葉ロッテマリーンズオーナー
ロッテ・ジャイアンツオーナー

ウィキペディアより

という事で韓国生まれの在日韓国人一世。なかなか聡明そうな方ですね。

3107437d

http://thutmose.blog.jp/より

1942年-21歳頃の時日本へ転居します。

その後早稲田実業へ入学し、日本統治が終了した後も祖国へ帰らず日本に留まり、進駐軍のチューインガムをヒントにガムの製造を思い立ちます。

1948年-株式会社ロッテ設立。

1960年代前半にはガムの販売で、業界最大手のハリス(国内メーカー)を抜きシェア1位を獲得。その秘密は激しい宣伝攻勢と天然チクル製ガムの販売にあったとの事。

1967年-韓国ロッテを設立

以上、略歴になります。

2015年1月-いわゆるお家騒動が勃発

ロッテHDは臨時株主総会を開いて武雄会長の長男・宏之副会長を解任した。ロッテHD傘下のロッテグループでは、その理由を「機密事項に当たる」と開示していない。

つまり一連のお家騒動が今回の捜査に重大な影響を及ぼしているようですが、事情がかなり込み入っているのでここでは触れません。

 

裏人脈との繋がり

戦後は町井久之(在日韓国人)等の裏人脈との繋がりもあったようで、KCIAの長官と三人でよく食事をしていたという事でした。

町井さんに関しては知り合いからいろいろな噂話を聞いた事があるのですが、真偽のほどが不明なのでうかつな事はかけない、と前置きをしつつ、晩年は相当苦労をされたという事でした。

六本木駅周辺の広大な土地やKCIA、韓国の銀行との絡みで調べれば興味深い話が結構出てくるのですが、本題からは外れるので興味がある人はチェックしてみてくださいね。

このへんの事情を日韓共同でドラマ化したらとんでもない作品に仕上がりそうですが、国のメンツやら表にできない事が多すぎて無理でしょうなぁ…

 

奥さんについて

重光さんには2人の妻と1人の愛人がいらっしゃいました。

 

一人目

一人目の妻は18歳の時に韓国で結婚した女性ですでに他界。その娘さんが背任税で起訴された辛英子(シン・ヨンジャ)ロッテ奨学財団理事長(74)さん。

辛英子

http://japan.mk.co.kr/より

 

二人目

二人目の妻は重光初子さん。(89)

初子

http://japanese.joins.com/より

長男宏之さんのお母さんにあたります。長男はお家騒動で失脚した人物。

次男の重光昭夫さんはこの方の子供にあたります。

 

三人目

三人目の女性は、結婚はしておらず、つまりは愛人。

1977年(18歳)、第1回ミスロッテに選ばれたソ・ミギョンさん。1959年生。

korea-qa-

http://mottokorea.com/より

ミス

http://kagami0927.blog14.fc2.com/より

1983年に武雄さんとの間に娘が生まれ、1988年に認知。

そして4番目の子供として武雄さんに可愛がられたそうです。

嫁

http://tunku582.seesaa.net/より

こちらはソミギョンさん。お年を召されても美しく品が漂っていますね。(一瞬の表情を捉えていうのも憚られますが。)

なんとなく愛人にうつつを抜かした理由がわかったような気がします。

と、外野から勝手な想像をと…

 

資産は?

公正取引委員会の資料によると、系列会社80社に資産規模93兆4000億ウォン(9兆9300憶円)のロッテグループは、辛格浩(シン・ギョクホ、重光武雄)総括会長の持分が0.05%、子供など親戚の株式が2.36%に過ぎない。

http://japan.hani.co.kr/より

系列会社の総資産が9兆9300億円。

そのうちの武雄さんの持ち分が0.05%という事は…

49.65億円

という事になります。大企業の割には然程でもないですね。

 

という事で以後も長期戦になりそうなリアル韓流ドラマ。気が向いたら更新していきたいとは思っております。

以上重光武雄さんとその周辺についてのまとめでした。

sponsored link

関連コンテンツ