長沼毅が学生をフルボッコで罰金30万円の略式命令!何故暴力を振るったのか?

生物学者にして現広島大の教授長沼毅(56)氏が、学生に暴力を振るって負傷させたとして東広島区検から傷害罪で略式起訴され、11月1日付けで罰金30万円の略式命令が下されました。

同教授は科学界のインディ・ジョーンズとも呼ばれており、これまでに数多くのテレビ番組にも出演しているので、ご存知の方もいらっしゃるのではないでしょうかね。

スポンサードリンク

私も何度がテレビで拝見した事があるのですが、「目が据わってるな」という印象を受けていたので、今回の件を聞いたときは「あ、やっぱり」という感じでしたね。(事件自体かなり前に報道されてはいたのですが)

しかしどうしてまた彼は学生に暴力を振るったのでしょうか。

 

長沼毅のプロフィール

名前 長沼毅

生年月日 1961年4月12日 56歳

学歴 筑波大学

職業 広島大学教授

 

飲酒中だった

事件が起きたのは今年3月12日。

長沼教授は当時研究室の航海実習中で、停泊中の船の中で20歳の男子学生と口論となり、結果、足を払って転倒させ、学生は腰の骨を折るなどして全治3週間の怪我を負います。

これにより学生は被害届を提出。そして11月1日付けで東広島簡易裁判所が30万円の略式命令を出していたという事でした。

読売新聞には教授は当時飲酒中とあったので、酒に酔った勢いでの暴力だったようです。

 

以前から学生達に暴言を吐いていた

事件が起きたのは3月ですが、大学側が彼を懲戒処分(休職6ヶ月)にしたのが7月。

長沼教授に関してはこの学生の他にも、暴言を吐かれたなどというクレームが入っていたとの事なのですが、物理的な危害が発覚して大学側もようやく重い腰を上げたようですね。

 

アルコールに依存との噂

同教授はアルコール好きで知られ、以前に運営していたブログのタイトルが「炎と酒の夢日記」。

さらにツイッターのプロフィールにも

酒ビン片手に南極・北極から火山、砂漠、深海・地底など、地球の辺境を放浪する吟遊科学者。学名: カガクカイ・インディ・ジョーンズ・モドキ、あるいは、ホモ・エブリウス(Homo ebrius)「酔っ払ったヒト」。

などと記載されているほど。

さらには広島大の卒業生と名乗る人物からも、「酒癖が悪い」「生徒を物凄い剣幕で怒鳴りつける」などとのタレコミも。

 

https://moneytalk.tokyo/より

つまりは長沼教授の暴言は恒常的に行われていたようです。

 

何故暴力を?

それでも学生に対しさすがに手は出さなかったようですが、暴力を起こした時には「学生と口論になって」との報道なので、普段逆らわない人間から逆らわれたために、思わず逆上して暴力を振るった(酒も入っていた)のかもしれませんね。

教授という立場上自分を諌めるはおらず、その権力を傘にきてやりたい放題だったのかも?

これに懲りて以後暴言を控える…とは到底思えませんが、どのような形で復帰するのかには正直興味があります。

以上長沼教授についてでした。

sponsored link

関連コンテンツ