前川喜平前文科省次官が出会い系バーへ行った本当の理由とは?援助交際はしていない?

黒髪で清楚な感じの女の子がタイプ

因みに前川さんの好みは黒髪で清楚な感じの子とう事でした。

「(写真を見せられて)誰?あ、何度も見たことがある!私が来ると必ずいた。カウンターでご飯を食べながら、ジッと女の子を見ていた。黒髪で清楚な感じの女の子がタイプだったと思う。週刊新潮より

「なんで君のような子がここに?」という感じの女子を狙って話を聞こうとしていたのか、それとも落としやすそうな子を狙っていたのか。

 

お小遣いをあげる

前川さんは記者会見で出会い系バーから連れ出した女性と一緒に外で食事をした事や、お小遣いを上げたことも認めていました。それらの女性達とは概ね以下のような内容の会話をしていたようです。

高校を中退してそれ以来ちゃんとした仕事につけていないとかですね、あるいは通信制高校の実態がいいかげんなこともわかったり、いろんなことが実地のお話の中から学べたんですよね。その中から多くの人達が親の離婚を経験している事とか、中学高校の段階で不登校中退を経験している人が多いとか、共通点を見いだした。

一部報道では数年前から通っていたと言われていますが、それが真実だとすればかなり熱心に貧困問題に取り組んでいた人物という事になります。

sponsored link

関連コンテンツ