木村拓哉が「A LIFE」のロケ現場で不機嫌だった理由は慰労会?

木村拓哉さんが出演している連続ドラマ「A LIFE~愛しき人~」(毎週日曜午後9時TBSで放送)が初回視聴率14.2%と、出だし好調と伝えられています。

解散後、心機一転、木村拓哉さんとしては幸先の良い門出ですね。

昨年行われたロケの時には共演者の松山ケンイチさんや竹内結子さんと子育談義に花を咲かせていたそうです。

スポンサードリンク

しかし、年明け後は一転して落ち込んでいるように見えたとか。ジャニーズ関係者によると、どうも昨年行われたSMAP慰労会に木村さんが呼ばれなかった事が影響しているのではないか?と言われています。

ロケ現場

今回のドラマは病院物という事でロケにも実際の病院が使用されましたが、具体的には昨年の12月11日に昭和大学江東豊洲病院で撮影が行われたそうです。

病院のロケで思い出したのですが、初台にある玉井病院スタジオという場所は心霊スポットとしても有名で、よくAVの撮影なんかにも使われていたようですが、さすがにそちらでの撮影という選択肢はなかったのでしょうね。


共演者の松山ケンイチさんと竹内結子さんの3人で話していることが多いですね。昨年12月におこなわれた撮影では、子育ての話題になり、”英会話を習わせると、イエッサーの発音が違うよね”などという話でもりあがっていました。(撮影スタッフ)

本日発売フラッシュより


という事で、同病院内で話がはずんでいたのかどうか。

しかし年明け後の撮影では一転、気落ちしているように見えたそうです。


大晦日の”SMAP会”の件がこたえているのだろう。相当ショックだったようだ。(ジャニーズ関係者) 本日発売フラッシュより


スマップ会

スマップ会とは昨年大晦日にジャニーズ事務所の反対を押し切って強行に開催されたという、六本木の焼肉店(炭火焼肉 An 『スミビヤキニク アン』)で行われた慰労会。

集まったのは、中居正広、草彅剛、香取慎吾、稲垣吾郎、そして1996年5月にスマップを脱退し、今はオートレーサーとして活躍中の森且行、の5人。つまり木村拓哉以外、元メンバーを含めた5人が上記の焼肉店へ集結していたとの事でした。

慰労会の開始予定時間は19時。

まず初めに登場したのが草彅剛と香取慎吾。二人の到着の約10分後には稲垣吾郎が車で店の前へ乗り付けてそそくさと入店。つまり誰かに送ってもらったのでしょう。

そして20時20分頃になると中居正広が到着。さらに、20時56分には森且行が登場。そして宴は午前2時まで続きました。

当初森且行の同会への出席の予定はなかったようですが、他のメンバーの希望もあり急遽呼ばれたようですね。

実は木村拓哉も呼ばれていた?!

しかし本日発売のフラッシュには気になる証言が掲載されています。


木村も声をかけられはした。だが、連絡が来たのは慰労会が始まった当日の午後7時ごろだという。いずれにしても”形式的”なものだった(ジャニーズ関係者)


この証言からはいろいろな想像が出来ますが、7時過ぎに呼ばれたという事から考えると中居以外の誰かが呼んだとも考えられますが、中居の承諾なしに呼ぶとも思われないので、実は事前に示し合わせていて「じゃあ、当日に一応は声をかけてみようか」、或いは木村が断る事を前提として、あえて呼んでみよう、との流れになったとも考えれますが、いずれも憶測の域を出ません。

或いは森且行が独断で木村に連絡をつけたとも考えられない事もないですが、こちらはなんとなくですが、可能性としては低そうです。

年明け後気落ち?

そんな事もあってか、年明けは一転して気落ちしていたように見えた、との前述の証言が飛び出したという事でした。

具体的にどのように気落ちしていたのかは定かではありませんが、1月上旬に東京都江東区のオフィスビルで行われた撮影終了後は、10人程の出待ちファンから手紙は受け取ったものの、ニコリともしなかったようです。

これが慰労会の件と関係があるのかどうかは定かではありませんが、つまりフラッシュの論調からは、そこに因果関係を見出したかったような節が感じられますね。

この日は松山ケンイチと、一緒に出演した「関口宏のフレンドパーク」の話をしていたという事なので、少なくとも撮影中は通常どおりだったようです。

仮に慰労会の件で気落ちしていたとしても、

「あ、俺を読んでくれたんだ…なのに俺はあいつらに冷たい態度しかとれなくて…」

という事だった可能性もなきにしもあらず。かなり好意的な解釈ではありますが。

という一件を頭に描いて次週の「A LIFE」を見ると、なんとなく見えてくるものがあるのではないでしょうかね。これもまたドラマの楽しみ方の一つとして。

以上キムタクのドラマの件についてでした。

sponsoredlink


関連コンテンツ

コメントを残す