大鶴義丹の嫁との馴れ初めから結婚、そして再婚までをまとめ!

1980年代から90年代にかけ流行したいわゆるトレンディドラマ。そのドラマに出演している俳優はトレンディ俳優と呼ばれ当時は持て囃されたものです。そして意外なことに、その中に大鶴義丹さんも含まれるのです。

マルシアと大鶴義丹の結婚

今でこそ当時の面影はまったくありませんが、トレンディ俳優時代は女性ファンも多く、そこそこの人気があったように思われます。さてこの大鶴ですが、1994年にマルシアさんと結婚し世間を驚かせました。

ただ結果的には離婚となり、その後大鶴は再婚します。という事で今回はのマルシアとの馴れ初めや結婚生活、そして離婚原因と再婚についてまとめました。

大鶴義丹のプロフィール

プロフィール
名前:大鶴義丹
本名:大靏義丹(読みは同じ)
生年月日:1968年4月24日
出身地:東京都杉並区

劇作家で芥川賞作家の唐十郎を父に、そして在日朝鮮人俳優の舞台女優李麗仙を母に持つ、いわばサラブレッド。自身も俳優、小説家、映画監督と豊かな才能を存分に発揮し、多方面で活躍。

大鶴義丹とマルシアの馴れ初め

大鶴とマルシアは1993年にテレビドラマ「オレたちのオーレ!」で共演。これが二人の出会いです。当時マルシアは作曲に凝っていて、大鶴にその曲に合うような詞を作ってもらうよう依頼。これで二人の仲は縮まり、交際が始まります。因みにですが、1993年といえばJリーグの試合が始まった年でもあり、それに便乗した形のドラマだったのですが、残念ながらかなりの低視聴率だったそうです。マルシアを起用したのもブラジル=サッカー王国という安易な発想からだったのでしょうかね。

李麗仙

マルシアは大鶴と出会う以前に、大鶴の母である李と知り合いだったということもあり、交際はスムーズに進み、翌年には結婚。式は挙げず、すぐタイへ10日間の新婚旅行に出かけました。

マルシアと娘

そして1997年には待望の女の子を授かります。このように周りから見ると穏やかで幸せそうな結婚生活を送っていた二人ですが、実際は喧嘩が絶えなかったそうです。

結婚当初こそ、マルシアは女優業と家事を懸命にこなし、仕事を終えた大鶴をわざわざ車で迎えに行くほどの熱愛ぶりだったのですが、大鶴がマルシアに対し芸能活動を止め家事に専念するように注文を出したことがきっかけで、二人の間は急速に冷めていきます。

大鶴義丹の浮気

活動の幅を広げていきたいマルシアと、家庭に入ってもらいたい大鶴。この溝は深くなる一方で、マルシアは遂に家を出てしまいます。ホテル暮らしの毎日が続くマルシアでしたが、家の様子を伺うために大鶴に電話を入れます。

「これから家に戻る」というマルシアに大鶴は「戻ってこなくていい」と突き放します。大鶴のこの応対に何となく違和感と不信感を覚えたマルシアはこっそりと家に戻ります。

これが女の勘というものでしょうか、家の中には見知らぬ女性が大鶴のTシャツと短パンを身に着けて、リラックスしていました。これにマルシアは激怒。当然と言えば至極当然なことで、今度は娘を連れて家を出ていきます

大鶴はひたすら謝りますがマルシアとしては許せるはずもなく、二人は2004年に離婚。ただ離婚後のほうが二人の関係は良好で娘を入れた三人でよく食事をしているようです。

元祖鉢合わせ不倫

旦那の留守中に間男を連れ込んでいた、元モー娘。の、なんちゃらというタレントがいますが、大鶴こそ鉢合わせ不倫の元祖と言えます。この元祖様ですが2012年に一般女性と再婚を果たします。

星野泰子

お相手は大鶴が高校生の時の友人で、ブライダルプロデュースの会社に勤務されていた星野泰子さんです。大人になり偶然仕事で再開し、離婚のことや仕事のことを相談しているうちに親密な関係になり、交際半年でゴールインということです。さすが元祖は手が早いですね。

まとめ

持って生まれた才能というものは磨けば磨くほど、その輝きを増していくものです。俳優業に小説家、はたまた映画監督と誰もが羨むほどの才能を持つ大鶴。しかし根っからの浮気性からか、どの才能もピカイチの輝きを持つほどに磨き上げられてはいません。

残る才能は、そう鉢合わせ不倫スキル。懲りない人はとことん懲りないものです。今のところ、再婚後の結婚生活はうまくいっているようですが、いつこの才能があの輝きを取り戻すかは分かりません。元祖鉢合わせ不倫の称号を持つ大鶴。泰子さん、気を付けてくださいね。

sponsored link

関連コンテンツ