山尾志桜里が倉持麟太郎?との不W倫でネット民大いに盛り上がるw「不倫バレた 日本死ね!」

二人の馴れ初め

倉持弁護士は元々憲法学者を目指していたそうですが、より創造的な仕事である弁護士という職業を選んだそうです。

2014年からは頻繁に憲法についての講演会等を開催し、日本をよりよくしようと尽力していましたが、山尾氏との出会いはそのような講演会を通じてだったようです。

スポンサードリンク

 

倉持弁護士は既婚?

チラホラと「W不倫」と銘打った記事が流通していますが、倉持弁護士が既婚かどうかは今のところ不明。

しかし投資家の山本一郎氏はダブル不倫だと呟いています。

不倫がバレた経緯について

さて、不倫がバレ経緯についてです。

現在は9月6日の午前中なのですが、この時点で文春の公式ツイッターではまだネタが解禁されていません。

にもかかわらず、既にテレビ等ではこの件が大々的に報じられています。

 

その経緯を民進党の新執行部人事と絡めて簡単に振り返ってみましょう。(多少時系列が前後しているかもしれなことを予めご了承下さい。)

 

1.ジャーナリストの田中稔氏が第一報を流す。

 

2.幹事長に内定済みだった山尾氏を突然の差し替え


新聞は前原新代表の求心力の無さ、指導力の無さを糾弾し、厳しい船出と批判。 もちろんこの時点でその原因が山尾氏の不倫にあるとは露程も知らなかったので、しょうがないといえばしょうがないのですが。

 

3.テレビ東京の取材で幹事長差し替えの背景に山尾氏の「プライベート」な問題が関係している事が発覚。

http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/mplus/news/post_139811/

 

 

4.朝日新聞やテレビ報道によると、幹事長内定後山尾氏がプライベートな問題で週刊誌から取材を受けていると前原新代表に報告したところ、詳細に説明するように求められ、結果不倫報道とわかり内定が取り消される。

しかし、山尾氏自身は不倫を強く否定。

http://www.asahi.com/articles/ASK955FDKK95UTFK00R.html

以上になります。

※その後詳しい情報が入ったので文末に追記しています。

 

sponsored link

関連コンテンツ