泉里香がヤングジャンプで水着になった理由やグラビアの内容を調査!

モデルの泉里香さん(28)が本日発売の週刊ヤングジャンプ誌上にて

人生初の水着グラビアを晒して話題になっとります。

以前にも美人百花7月号の表紙等でビキニ姿を晒してはいたのですが

sponsoredlink

今回はそんな周りくどいやりかたではなく直球のグラビア。

果たしてその内容やいかに?

という事で、ビキニ姿になった内容等と合わせて調べてみました。

 

泉里香のプロフィール

名前 泉里香(いずみりか)

生年月日 1988年10月11日 28歳(2016年11月現在)

出身地 京都府

血液型 A型

身長 166cm

学歴 明治大学文学部英米文学科卒

2002年-スカウトされて京都の芸能事務所へ所属

2003年-ファッション誌「melon」の専属モデルへ。
当時は浜千咲(はまちさき)名義での活動でした。

19590d76f6
同時に「恋するソルジャー/彼女はいじわる」で歌手としてもデビュー。

995

今のほうが表情は穏やかに感じられますが、メイクのせいでしょうかね。
その後、実写版美少女戦士セーラームーン(2003-2004年)で水野亜美役を演じ、
一気に話題になりました。

セーラームーンのその他のメンツを見ると

安座間美優 小松彩夏 北川景子 沢井美優

という顔ぶれ。
その中で大々的にグラビアや露出高めの姿を披露しているのは
小松彩夏さんと沢井美優さん安座間美優さんの3人。

北川さんは女優として当たった事が関係しているのでしょうか、
このメンバーの中では一番露出度は低いですね。

つまり泉さんはセーラームーン仲間では4人目のグラビア解禁
という事になります。

一体どんな心境の変化があったのでしょうか。

 

セーラームーン以降

セーラームーン終了後は3年程ドラマなどへの出演はなく、
2007年に映画へ出演し、テレビドラマに至っては2010年まで
出演がありません。

その後は散発的にドラマへ出演してはいるのですが、女優としては
それほど目立った活躍をしていませんでした。

昔の仲間とは今でも頻繁に顔を合わせているようですよ。

2008年から2015年まで、Rayというファッション誌の専属モデルとして活躍。

そして現在に至ると。

グラビアを披露した理由?

この事実をもって、

「私も30歳前だし専属モデル卒業という事もあるので、再度花を咲かせようか」

なんて考えたのか、とも考えられますが、

そんな矢先に(?)8月に出演したテレビのバラエティ番組にて
胸を強調するようなニットを着用していた事が話題騒然となり、
一気にファンが増えたんだそうです。

その状況に目をつけた誰かが水着になるように彼女を口説いた
のではないでしょうかね。

つまりくどき上手な仕掛け人が裏には居たと。

まさかMUTEKIの社長…

いや、冗談ですが。

 

近からず遠からずといったところでしょうか。

 

と考えたのですが実はバラエティ番組へ出演して一気に
自分の殻が破れて今回の出演となったようです。

バラエティーに出てイジッてもらうことで一気に解き放たれたというか、今までコンプレックスだと思っていたことが一気に逆になる。この感覚は本当に大きかったです。

http://bylines.news.yahoo.co.jp/nakanishimasao/20161005-00062928/

コンプレックスというのは「大きい胸」。
モデルをしているので、職業上大きな胸は邪魔なので本人は

棒みたいな体になりたかった

とも言っていました。

一部の人間にとってはかなり贅沢な悩みのようにも思えますが、
ひょっとしてこれ以降コンプレックが解消されたせいで
バラエティやドラマなどへの露出が増えるのではないでしょうか。

 

グラビアの内容

今回公開されたのは全12ページという事ですからかなりの
気合の入れよう。

ロケ地沖縄で海を背景にした真っ赤なビキニ姿で表紙を飾っていますが、
そのたわわ具合はインパクト大!

その他にもネット上では

黄色と黒のまだら模様の水着を着用し、樹木の前で体をひねるポーズを
決めています。

これにはバレンタイン商戦を前に早くも失血。

さらに、

見事なくびれとたわわに実る胸の組み合わせには、よくぞこのような
お宝を発掘してくれたと思わず合掌してしまいました。
2016年最大の発見!
というヤンジャンのキャッチコピーも伊達ではありません。

因みにカメラマンは阿部ちづる

編集部いわく「永久保存版」との事。

馬場ふみかに勝るとも劣らない姿を一目拝みたい!

という人は週刊ヤングジャンプを購入して存分に堪能したくださいね。

 

以上泉里香さんについていでした。

sponsored link

関連コンテンツ