山下ヤスミンのwiki風プロフィールや現在の様子を調査!CD化は?

いやー、まいった。

歳をとるごとにつれて脳みそが固くなってくるせいなのか、あまり物事に感動しなくなったのですが、久しぶりに感動してしまいました。

誰に?

sponsored link

山下ヤスミンちゃんの歌声に感動してしました。

実は明日放送される情熱大陸に出演するソプラノ歌手の田中彩子さんについて調べていた時に偶然に彼女の動画を発見して聴いてみたのですが…

 

キタ!

 

ど真ん中。

 

という訳で今回は日本ではほぼ無名な天才少女、山下ヤスミンちゃんについて調査してみたいと思います。

 

山下ヤスミンのプロフィール

名前 山下ヤスミン (Yasmin Hayashi Yamashita)
生年月日 2003年5月 13歳(2016年6月現在)
出身 ブラジル・サンパウロ州ツッパン市(Tupã)
備考 日系ブラジル人4世
 好きな歌手 香西かおり・都はるみ・島津亜矢・チェウニ
好きなジャンル 演歌・ポップス
兄妹 弟・Enzo Hayashi Yamashita

※ツッパンという場所ではニッポン・フェスチという日本文化を紹介するお祭りが定期的に開かれています。1度に3万人ぐらいも人が集まるほどの盛況ぶりだそうです。


2006年-3歳・自宅で母親と一緒に歌の練習を始める

2007年-4歳・地元のカラオケ大会へ初出場

2008年-5歳・聖州選抜カラオケ大会で初優勝(全6勝)

2014年4月-10歳・「ハウ・ギル」(新人歌手を発掘するテレビ番組)にて優勝。審査員に「あなたの歌を聴いていると涙がでる」と言わしめたほどの歌唱力。審査員は現地の人なので日本語が理解できません。にもかかわらずの前述の言葉ですからね。

それが「ミヤネ屋」(日テレの情報番組・宮根誠司司会)で取り上げられて日本でもネットを中心に話題になりました。

「この番組に出場するのが夢だったので、夢が叶ってとっても幸せ! 両親がすごく助けてくれた。全てに感謝したい」http://www.nikkeyshimbun.jp/より

その他、全伯カラオケ大会(ブラジルの漢字表記は伯刺西爾・つまりブラジル全国大会)で4回の優勝を獲得したといいますから只者ではありませんね。

現在は日本語の個人レッスンを受けており、歌詞も訳してもらっているという事なので将来的には日本デビューも?なんて考えられますが、実はそのような動きがありました。


※ ファンの方から指摘を頂いて兄弟と名前を訂正させていただきました。

調べた所、ブラジル人(ポルトガル圏)の名前の構造は

ファーストネーム・洗礼名・母方の苗字・父方の苗字とのことらしいので山下ヤスミンも正確には山下・林・ヤスミンという事らしいです。

情報ありがとうございました。^^

 

来日-音楽関係者が接触か?

これは彼女のフェイスブックからですが…


なんと、憧れの歌手である香西かおりさんとのツーショット写真がありました。

実は上の写真は2014年末(?)に極秘来日した際に撮影されたと思われるものですが、その来日の目的はなんだったのでしょうかね?


香西かおりさんと会っているぐらいなので同時に音楽関係者とも会っていると考えるのが妥当ですが、確たる証拠がないのでなんとも言えない…

ですが、

すでに日本行きのオファーも来ているというから、第二の夢が叶う日は、そう遠くはなさそうだ。 http://www.nikkeyshimbun.jp/ 2014年10月28日の記事より

との情報が真実だとすれば、成田空港の写真がアップロードされたのが2015年1月5日なので、それと考え合わせるとどうやらデビューへ向けて着々と準備をしているような感じがします。

因みにこの時の来日ではディズニーランドにも遊びに行っており、フェイスブックにはその時の様子が多数掲載されているので興味がある方はご覧になってみてくださいね。

 

香西かおりの事務所

さて香西かおりさんが所属している事務所は株式会社プロダクションオーロラ。この事務所に所属している人物を見ると…

 

香西かおり

内藤やす子

徳永英明(業務提携)

エドアルド

 

の4人。

 

エドアルド?

 

誰すか?

 

2015年10月21日「母きずな」という曲で日本デビューを果たした非日系ブラジル人です。

 

彼の来歴を簡単に説明すると、生みの母であるジョゼッファさんが経済的な理由からなのか彼を育てる事が困難だったために生後すぐにエドアルドさんは日系2世のナツエさんのもとへ預けられます。

その影響で幼少時から演歌を歌っていた関係でこの世界に飛び込んだようです。生い立ちを見るとかなりの苦労人のようですが、彼については機会を改めて書きたいと思います。

つまり前例もある事だし、ヤスミンちゃんも憧れる歌手も所属しているのでひょっとしたらオーロラ側が来日を打診した可能性もありますね。

 

ブラジル人演歌枠?

実はヤスミンちゃん以外にも私が調べた限りにおいては2人の日系ブラジル人少女が日本でデビューを狙っているようです。

その二人とは、国吉メリッサ(13歳)平良カレン(14歳)です。ふたりとも来日を果たしている事から既になんらかの動きがあるな、と思い調べたところ…

「この子(メリッサ)は天才的だ。僕のところでレッスンを」と申し出たという。

http://www.nikkeyshimbun.jp/より 2013年の記事より

この申し出をしたのは作曲家の鈴木淳さん(82歳)八代亜紀を始めとして石川さゆりちあきなおみなどへも曲を提供していたという大御所。その彼直々の申し出により現在メリッサちゃんは日本でレッスンを受けているようです。

つまり水面下においてはこのような流れは既に出来上がっているので、一斉にブレイクすれば演歌界にブラジルブームが来るかもしれませんね。

え?

マルシアは?

特にこの動きに関しては絡んでいないようですね。

 

これまで歌った曲とCDについて

youtubeで確認できるものに限られますが以下の曲を歌っていますね。

 

・昭和最後の秋のこと

・愛は花、君はその種子

・白い雪

・愛のうた

・悲恋歌

・愛の伝説

・吾亦紅(われもこう)

・ひまわり

・なごり雪

・悲恋歌

などがあります。全てカバー曲ですが、動画を見る限りこのままCDにしてもかなり売れそうに思えますが、残念ながら今のところCDは出ていないようですね。

 

代わりにといってはなんですが、テレビ局へ出演した際の映像があるので聴いてみてください。

こちらは松山千春作詞作曲の「白い雪」。昭和歌謡が好きな人にとっては反則級のカバーですね。

※動画が削除されました。

 

こちらはアマンダ・マクブルーム作曲で日本語の作詞は高畑勲監督。おもひでぽろぽろで都はるみさんが歌っていた事でも有名です。

※動画が削除されました

 

彼女の歌のどこがよいのか?

第一印象はどこか森高千里さんのかおりがする、というものでした。インタビューの時の声を聞く限りでは決して美声ではないのですが、歌うとガラリと変貌しますね。

そして不思議な魅力があるのですが、初めはその理由がなかなか掴めませんでした。

しかし聴きこんでいくうちにその魅力は「発音」にあるのではないか?との結論に至りました。歌唱法等詳しい事はわからないのでそのへんには言及できないのですが、どうも外国人ならではのクセが、よい意味で関係がありそうだなと感じられました。

はっきりと一音一音丁寧に発音して歌っているのが聴いていて気持ちがよいのかもしれません。ひょっとしたらポルトガル語を母国語とする人間に限った現象かとも思われますね。


因みに大分前に日本の車のCMで使われたマドレデウスの「海と旋律」という曲も言語はポルトガル語。ポルトガルのファドという民謡を現代風にアレンジした曲です。
私なんかは言語が分からなくても発音や旋律が綺麗なので心惹かれるものがありましたが、おそらくブラジル人も意味のわからない日本語の歌を聴いてもこのような感覚にとらわれるのかなと想像すると、彼らの感動ぶりがなんとなく伝わってきそうです。

という訳で将来が楽しみなヤスミンちゃんですが、誰に師事して学ぶのか?という事ですが、まだ具体的な動きはないようです。

文化風習が違うので日本式のように怒鳴り散らして才能を潰さなければよいなとの危惧もありますが、はじめから事務所側が興味を持っているようなのでその可能性は低いんじゃないですかね。

 

将来は医者に?

しかし彼女は11歳の時のインタビューにて気になる事を言っています。

Yasmin – que mora em Tupã, interior de São Paulo, com os pais – começou a cantar com apenas 3 anos de idade, e aos 5 já estava se apresentando nos palcos. Principalmente, nos dos concursos de karaokê. Aos 11, ela já é hexacampeã Paulista e tetracampeã Brasileira de Karaokê. http://www.portalmundook.com.br/より

彼の年齢のすべての子供のように、ヤスミンは、プレイ歌い、また勉強するのが大好き。そして彼女は非常に真剣にこの問題を取ります: "私は勉強したい、私は研究が何の将来を持っていないことがわかっています。私は6年生にいると私は私はあなたが大人になったらなりたいものを知っている、医者、 "と彼は言います。

上はグーグル翻訳で意味があまり通らず恐縮ですが、要約すると「歌も好きだけど勉強も大好きで将来は医者になりたい」とまで語っていました。つまり勉学優先の可能性もあるので日本でデビューするのかどうかは不明です。

しかしその才能を埋もれさせてしまうにはあまりにも勿体無いので、手術もできる演歌歌手という新ジャンルを開拓すればいいのではないでしょうかね。日本でもけん玉で売っている人がいるぐらいですからいけると思うんですがね。

 

山下ヤスミンの現在は?

さて、現在の動向ですが、2016年2月にはYOUTUBEにて自らオフィシャルサイトを立ち上げて動画をアップし始めていますね。フェイスブックのほうはそれほど更新頻度が高くはなく、たまに各地のフェスティバル等へ出演した際に写真を掲載したりコメントへレスを返している程度です。

情報があまりなく、ひょっとして歌手の道を諦めて医者になるために勉強に勤しんでいるのかとも考えられますが、まだ13歳ですからね。早急に結論付けなくてもいいとわかりつつも、やはり気になる存在なので情報が欲しいところです。

というわけで山下ヤスミンさんについてでした。

sponsored link

関連コンテンツ