イケメン俳優塚本高史の白髪の原因は?家族と嫁についても調査!

イケメン俳優の塚本高史(つかもとたかし)さんが白髪で話題になったのは2011年に放映されたドラマ「ランナウェイ」での役作りの為に坊主にしたのがキッカケでした。

もう5年も前の話になりますね。

当時28歳だったので早すぎるといえば早すぎるのですが、私の中学の時の同級生にも白髪の奴がいたので、アリといえばアリなのでしょう。

sponsoredlink

そんな訳で今回は何故白髪になったのか、その理由や家族なんかについても探ってみたいと思います。

 

塚本高史のプロフィール

 

名前塚本高史(つかもとたかし)
生年月日1982年10月27日 33歳(2016年4月現在)
出身東京都
身長176cm
血液型A型
学歴堀越高等学校中退
事務所サンミュージック
配偶者有り

彼の名前が一躍有名になったのが深作欣二監督の映画「バトルロワイヤル」に出演した時。あれは映画の内容がかなりエグかったのでそのインパクトも含めて、彼のことが多くの人の記憶に焼き付いたのでしょう。

その眼光の鋭さと相まって以後ちょいワルイケメンというイメージが定着したと私は勝手に思っているのですが、本人もまあ、まんざらでもないんじゃないですかね。でも喋ると普通の人なんですけどね。

それはさておき、さっそくその白髪の理由を探っていきましょう。

 

白髪になった理由とは?

まず白髪になるメカニズムですが、これを知るには髪が何故黒いのかを理解する必要があります。以下に簡単に説明しますと…

髪の毛が生成される過程でメラノサイトという色素形成細胞が働く事により髪は黒くなります。具体的にはこのメラノサイトが紫外線をうける事によりメラニン色素というものをつくりだして黒くなるのですが、肌のくろずみなんかもこれが原因ですね。

このメラノサイトが活性化するにはシロチナーゼという物質が必要ですが、この物質がなんらかの理由によって減ると髪が黒くならずに白くなります。つまり髪の毛というのはもともと白いので、逆説的ですが白髪というのは実は正常な状態といえるのかもしれません。

シロシシナーゼが減る原因としては加齢や活性酸素による同物質への阻害が挙げられますが、加齢以外で白髪になる原因は生活リズムの乱れや不規則な食生活、ストレスがあげられます。

 

整理すると

 

・栄養不足

・加齢

・ストレス

 

 

彼の映画出演履歴を見てみたのですが、バトルロワイヤル以降映画だけでも40本近くも出演し、それ以上に連続テレビドラマへ出演している事を考えるとやはり栄養バランスが極端に悪くなったせいとも考えられますね。

あと遺伝の問題とか。

両親が禿げていればストレスで髪が抜けまくってしまったかもしれないですが、逆にふさふさの場合は、栄養がいきわたらなくて色素系に異常をきたすだけにとどまったと考えると、合点がいきますね。

つまり

両親がフサフサで栄養不足

これが原因じゃないですかね。

 

家族について

両親と11歳年下の弟の4人家族。

弟は工学院大学付属の野球部で甲子園を目指していた塚本和也さん。

「今までやってきたことが出せなかった」と号泣した。今後については「教員を目指します。(将来は)監督として戻って来たい」スポニチより

2012年の夏に彼の夢は破れ、今は教員目指して勉強中なのかもしれませんね。それにしてもあまり似ていないですね。

 

嫁さんについて

2007年5月29日-芸能関連会社勤務の7歳年上の女性とできちゃった結婚。

現在は2児のパパ。

某テレビ番組の情報によると奥さんは肩まで伸びた髪を真ん中分けにして、お目目ぱっちりの美人だという事でした。一時は大人AKBで話題になった塚本まり子さんが嫁では?とも囁かれていましたが、入籍日の違いや旦那が電通関係者だと判明して別人だと確定しています。

 

ミュージシャン志望?

探偵ファイルの2005年の記事で、気になる事実がありました。詳しくは以下のサイトを確認していただきたのですが、

http://www.tanteifile.com/geinou/scoop_2005/02/02_01/

このサイトにて路上で弾き語りをしている塚本さんの写真が掲載されています。

これが2005年の事。

顔がバレた瞬間に蟻のようにたかられる事は目に見えているのですが、あいにくというか幸いというか、誰も彼のことを俳優だとは気づかなかったようで、気楽そうにギターを弾いいている姿が印象的です。

音楽の勉強をはじめたのは2001年ぐらいということで、バトルロワイヤル後。19歳の時。

2003年から2007年の間にCDも出していますが、最近音沙汰がない事を考えると諦めたのでしょうか。

最近の塚本さんを見るとなんか落ち着いちゃった感じもするので子育てで忙しいのかな?なんて思ってしまいますが、なんとなく残念ではあります。

以上塚本高史さについてでした。

sponsored link

関連コンテンツ