花田美恵子現在はハワイでヨガのインストラクターに!「誰も守ってくれない」とマスコミを糾弾!

大相撲元横綱若乃花(現花田虎上)の元妻で現在はタレントとして活躍中の花田美恵子さんが久しぶりにメディアへ登場して話題になっています。

VTRという形ですが、フジテレビ「ノンストップ」に出演し、「誰も守ってくれない」とまさかのマスコミ糾弾(笑)

さらに現在はハワイでヨガのインストラクターとして活躍しているとも語っていましたが、それはさておき、なぜ彼女がマスコミ批判を展開したのか?

スポンサードリンク

その理由を探ってみました。

 

花田美恵子のプロフィール

名前 花田美恵子(旧姓栗尾美恵子)

生年月日 1969年3月14日 48歳

出身地 京都府

身長 164cm

 

結婚~別居~離婚

学生時代にモデルとして活躍するも、その後日本航空へ入社し客室乗務員へ。その時に仕事で宿泊していた滞在先の合コンで若花田と知り合い

1994年に結婚。

https://brandnew-s.com/より

https://cakes.mu/より

4人の子供をもうけます。(1男3女)

https://yononakanews.com/より

 

その後若乃花の度重なる浮気や、カウンターで美恵子さんが俳優の青木堅治と浮気、つまりはダブル浮気という泥沼の展開をみせ、2007年に二人は離婚。

http://www.officiallyjd.com/より

美恵子さんの浮気は、若乃花の「お前も浮気してみれば?」との売り言葉に対する買い言葉だったのかもしれませんね。

しかし興味深いのは、4人目が生まれた2001年の翌年の2002年の時点で既に二人は別居状態だったという点。

二人は暗に「夫婦としての役目は終わった」とでも思ったのでしょうか。

 

ハワイへ移住した理由はマスコミから逃げるため?

2009年-4人の子供と共にハワイを移住を決意。一説によると子供の養育費として貴花田から毎月生活費として300万円も受け取っていたんだとか。

https://www.atpress.ne.jp/

ハワイ移住セミナーへも参加していますね。

http://daikaibou.com/より

 

慰謝料

因みにダルビッシュと別れた紗栄子さんの場合は子供二人で養育費として月200万円を受け取っているとの事なので、美恵子さんの300万円という額は、芸能人・スポーツ選手クラスの相場としては妥当なのかもしれません。

https://matome.naver.jp/より

しかしそんな幸福な時代も長くは続かず。

花田虎上さんの懐具合が悪くなってからは、一人あたりの養育費が10万円に減らされ、それが理由でタレント活動を再開したとも言われています。

 

ハワイ移住を決意した理由はマスコミのせいか?

花田美恵子さんは過去のインタビューでハワイへ移住した理由を、

「日本では子どもも含めて周りの目が気になってしまうことも多かった」

と語っています。

http://beauty.oricon.co.jp/trend-culture/trend/news/2073585/full/

 

そして本日放映された「ノンストップ」でも

「当時の家族の中で何かあると記者の方が張り込んでいた。でも誰も守ってくれない」

と、離婚当時の苦しい心境を吐露し、暗にマスコミを糾弾していました。

自分だけならまだしも、幼い子供にとって常に自宅周辺を監視されている状況には恐怖を感じていたのでしょう。

 

花田美恵子の現在

そんな傷心の花田美恵子さんですが、移住当初は元旦那からの月300万円とも言われている養育費のおかげで経済的には何不自由なく暮らしていたようですが、前述の経緯により養育費を減らされ、以後タレントとして活動を余儀なくされます。

http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20130210-1083199.html

タレント活動とは言っても、学生時代にちょっとだけモデルをやっていたという経験があるだけで、元々あまり売りもなかったのですが、若乃花との結婚で知名度も上がり、そのせいもあってか、ハワイでとある事務所の社長に声をかけてもらい仕事を再開する運びとなったようです。

 

スカウトされヨガへ転身

そんなある日…

ホテルでヨガの風景を撮影する機会があり、その時によほど絵になったのか、広報の人から

「ヨガのインストラクターをやっていただきたいので、資格を取ってうちで働きませんか?」

との何気ない一言でインストラクターへなる決意をし、2016年からヨガ講師としてレッスンを開始したそうです。

もっとも花田美恵子さん自身、離婚直後の2007年頃からヨガをしていたというベテランなので、俄仕立てのなんちゃって講師ではないようです。

 

七転八倒、というか、七転び八起き、というか。

 

とにかくその不屈の精神で不死鳥のように蘇った花田美恵子さん。

若乃花からの仕送りに対する感謝の表れか、はたまたそのネームバリューに固執している故なのか、それとも子どもたちの為を思っての事なのか、旦那の花田姓は未だに捨てられずにいるようです。

日馬富士騒動という思わぬ要因で再びマスコミに現れた彼女が以後日本で本格的に活動を再開するとは思えませんが、相変わらずのその美貌には改めて惚れ惚れとしてしまいました。

http://beauty.oricon.co.jp/より

sponsored link

関連コンテンツ