hiroshige_narimiyaインスタグラム再開!スウェーデンへは結婚のため移住?

芸能界を引退した成宮寛貴(35)さんが活動を再開したそうな!

とは言っても芸能活動ではなく、インスタグラムをHiroshigeNarimiya (@hiroshige_narimiya)という名義で始めた、というだけのようです。

報じたの女性自身。

スポンサードリンク

同誌によると彼はバリ島~ドイツ~スウェーデンと移り住み、現在はドイツ人男性と行動をともにしている、という事なのですが…

果たして彼は何故ドイツ、スウェーデンへ行ったのか?

結婚のため?

そんな彼の芸能界引退後の足取りを追ってみました。

成宮寛貴のプロフィール

本名 平宮博重

生年月日 1982年9月14日

出身地 東京都

身長 172cm

10代の頃新宿2丁目のゲイバー及び、その周辺のイタリアンレストランで働いている時に、同店へ来ていた、かたせ梨乃と知り合い、彼女の口利きで宮本亜門の舞台「滅びかけた人類、その愛の本質とは…」でデビューを果たしたと言われています。

http://shoptown.hippy.jp/より

店を訪れる芸能人から声をかけられ、徐々に芸能界入りを考えるようになったのでしょう。その頃かたせ梨乃さんから目をかけられ、よく一緒に飲んでいたようです。その店で、所属事務所の社長とも知り合い、デビュー前から同じ事務所の木村佳乃さんなどとも飲み歩いていました。(バー経営者の証言)週刊文春 12月15日発売号

一説にはかたせ梨乃や宮本亜門とも肉体関係があったとも囁かれていますが、真偽は不明。

その後「相棒」をはじめ、数多くのドラマへ出演して名を馳せるも、2016年に長年の友人男性にコカインを使用している現場と思われる写真を週刊フライデーへ持ち込まれ、その影響で芸能界引退を宣言。(2016年12月8日。薬物使用は疑惑のまま)

引退後の足取り

芸能界引退後、スポニチの取材によると、引退宣言をした翌9日には日本を出国し、シンガポール経由で東南アジア入。(結局はバリ島へ)

元々ファッションに多大なる関心を寄せていた彼は、海外を拠点にファンション業界での再起を図ろうとするも、その後は音沙汰なし。

一方日本でバーを複数経営している某人物が、成宮寛貴に対し、「銀座で店を出すなら」という条件付きで彼に復帰のプランを持ちかけていたり、親しい演出家に相談して舞台復帰を画策したりという噂が飛び交いましたが、両者ともに進展なし。

以上がこれまで報じられていた成宮寛貴の足取りです。

日本を諦めドイツへ

女性自身は本日付のウェブ記事で以下のように報じています。

「日本ではこれ以上の展開が望めないと思ったのか、8月くらいに仲間内で『寛貴がベルリンに移住するみたいだよ』という話が広まったんです」(成宮氏の友人)

この文から察するに、2017年の8月までは、どうやらバリ島を含む東南アジア周辺に滞在していたようです。

何故ドイツ人と知り合いに?

女性自身が報じている「仲間内」というのは嗜好を同じくした同志の事を指しているのか、それとも純粋に友達なのかはわかりませんが、前者と考えたほうが話はスムーズに進む、という事を前提に、何故成宮はドイツ人と知り合ったのか?を考えると分かりやすいかと思います。

(このような言い方をすると、多分に偏見が含まれていて申し訳ないのですが)ファンション関係のネットワーク上にたまたまそのドイツ人が浮上し、かつ、成宮と嗜好が一致した、というのが一つの見方。

或いは、「闇の子供たち」にあるように、欧州あたりから悪さをしにやってきたドイツ人の彼とバリ島(東南アジア)で出会い意気投合した、とか。

個人的には後者のほうがしっくりきますが、それはさておき、

どうやら成宮さんは、親しいドイツ人男性を頼りにしているようです。その人は飲食関係の仕事をしていて、成宮さんは内装や接客などのアドバイスをして手伝っていたそうです

という事で、表向きはドイツ人男性とは仕事上のパートナーという事のようです。

国際結婚

女性自身には国際結婚という気になるキーワードがありましたが、これは何を意味しているのか?

「ドイツに渡航したときは『いずれは国際結婚をして、日本国籍を失ってもいい』という覚悟までしていたと聞きます。ところが最近になってドイツを離れ、スウェーデンに移住したんです。英語が得意でない寛貴にとって、長い海外暮らしは精神的にきついのかもしれません」(前出とは別の友人)

現在成宮はドイツを離れスウェーデンへ移住しているという事なのですが、その理由を、英語が得ではない、と友人は語っています。

では成宮はスウェーデン語が得意かと言われれば、そんな話を聞いた事もないので、スウェーデンへ移住したのはおそらく別の理由によるものなのでしょう。

そこで浮上するのが結婚するための移住

スウェーデンは2009年の同性婚法が施行され、同性愛者同士の結婚が認められています。つまり成宮は(そのドイツ人とかどうかはわかりませんが)結婚するためにスウェーデンへ移住したとも考えられなくもないです。

結婚は大げさだとしても、そのような同性愛者にやさしい法律があり、精神的な安堵感が得られるスウェーデンへの移住を決意したと考えても、遠からず近からず、といったところではないでしょうか。

インスタグラム開始

そして今大いにネット上で盛り上がっている成宮寛貴の話題のインスタグラムはこちら

その投稿から彼の足取りを大胆予測!

7月29日 インスタグラム開始。

表情からは深刻さがなくなっていますね。

#narimiya

HiroshigeNarimiyaさん(@hiroshige_narimiya)がシェアした投稿 –

8月10日 「渚にて」

バリ島のビーチでしょうか。喫水線が綺麗です

8月12日 旅立ち いざドイツへ?

バリ島を旅立ち欧州へ?

Going to next country

HiroshigeNarimiyaさん(@hiroshige_narimiya)がシェアした投稿 –

8月17日 聖堂

ドイツの礼拝堂でしょうか?

#hiroshigenarimiya

HiroshigeNarimiyaさん(@hiroshige_narimiya)がシェアした投稿 –

ドイツは基本プロテスタントの国なので、カトリックのように華美な装飾や像のある教会は少ないそうですが、それでも半分ぐらいはカトリックの教会もあるという事なのでこれはドイツへ渡った事を暗示していたのでしょうか?

女性自身にも8月にドイツへ、とありましたからね。

尚、いち早くこのアカウントを見つけた人もいたようです。

ネットの反応

という事で、現在成宮のインスタグラムには21件の投稿があり、

「お帰りなさい」

「心配してたよ」

「ずっとずっと会いたかった」

「ずっと応援しています」

「また姿が見れてうれしい」

等と、彼の復帰を待ち望む多くの熱烈なファンからの心温まるメッセージが寄せられていました。おそらくこのようなファンの声援があるからこそ、インスタグラムを再開したのでしょう。他人事ながら実にありがたい事ですね。

女性自身によると成宮は2つのアカウントを使い分けているそうですが、こちらのアカウントは一般閲覧用のようです。

たまに英語でコメントしていますが、そこからは、このままでは終わらないという彼の決意がにじみ出ているように感じられました。

9月に一時帰国?吉野家で号泣!?

9月28日
「 Finally I came back to Japan」と題し、空港らしき場所での写真をアップロード。

一時帰国したのでしょうか?

ハッシュタグには成田エアポートとありますね。

#HiroshigeNarimiya #naritaairport#narimiya Finally I came back to Japan

HiroshigeNarimiyaさん(@hiroshige_narimiya)がシェアした投稿 –

9月29日
「I cried in yoshinoya haha:) I really missed Japanese foods!! 」

帰国の翌日、日本食が懐かしくて吉野家の中で号泣したようです。

I cried in yoshinoya haha:) I really missed Japanese foods!! #narimiya #japanesefood

HiroshigeNarimiyaさん(@hiroshige_narimiya)がシェアした投稿 –


お忍びで帰国し、吉野家の中で日本食があまりにも懐かしく号泣…

やはり日本に対して多大なる未練があったのでしょうか。

なんだか書いいるこちらも泣けてきますが、早くなんらかの形で一連の騒動に対して決着をつけ、再び日本で活躍できるとよいですね。

以上、成宮寛貴さんのインスタグラムアカウント及び現在についてでした。

sponsoredlink


関連コンテンツ