種田仁の現在や引退理由を調査!女性問題や自己破産も関係が?

中日や横浜で活躍しの種田仁さんが無免許運転、しかもスピード違反で逮捕されました。

営業車で法定速度を50キロ以上もオーバーしたという事なのですが、

現在の職業やこれまでの経緯が気になったので調べてみました。

sponsoredlink

種田仁のプロフィール

名前 種田仁(たねだひとし)

生年月日 1971年7月18日

身長 173cm

プロ入り 1989年

最終出場 2007年

ドラフト6位で中日ドラゴンズに入団。

1990-2001 中日

2001-2007 横浜ベイスターズ

2008 西武ライオンズ

2010 三星ライオンズ

2011 楽天イーグルス


中日で10年活躍した後、トレードで横浜へ。

2005年には打率が3割を超え、通算1000安打も達成
しますが、

2006年肘の故障の影響で成績不振に陥り、
翌年には戦力外通告を受け、
西武ライオンズへ移籍します。

しかし西武へいっても1軍には上がれず。
またしても戦力外通告を受け、現役を引退。

その後はホリプロへ所属し、野球解説やタレントとして
活躍するも、現場が忘れられなかったのか、
韓国の野球チームや楽天でコーチを務めます。

しかし2012年1月、一身上の都合により退団し、
岩手県にある内装業へ就職。

以上になります。

引退の理由

種田選手といえばガニ股打法ですね。

image

http://votecloud.jp/より

こんな構えでよくバットが振れるなと思いますが、
本人的には楽なんでしょうかね。

王さんの1本足打法は見た目もキレイですが、
こちらは正直「?」という印象しかありません。

まあ、余計なお世話でしょうが。

という事で引退の理由は肘の故障に伴う成績不振という事なのでしょうが、
その他にも彼のギャンブル好きが大きく影響していたようでした。

ギャンブル好き

週刊新潮の2015年7月2日号に掲載された記事では
種田さんのギャンブル好きが大きく取り扱われています。

2005年、つまり絶頂期に結婚した種田さんは、
週末になると100万円単位で競馬につぎ込んでいたそうです。

その他にも韓国やラスベガスのカジノですったり、
キャバクラで豪遊したりと、お金使いも荒く、
その事が原因となり、楽天のコーチを辞めたとも言われています。

しかし当の種田さんは

ギャンブルで借金をしたことはありません。
自己破産の原因は現役引退後の税金です。

と、ギャンブル好きは認めたものの、
直接の原因は税金だと言っています。

1997年に発覚した脱税事件では種田さんは起訴猶予
という事だったのですが、当時から資金管理について
はルーズだったようです。

派手な女性関係

2005年に種田さんはA子さんと結婚しますが、
何故か彼女とは殆ど同居をしていないという不思議な関係。

そんな彼女の元へは結婚直後から種田さんの恋人らしき
人物から「別れて欲しい」との催促の電話がかかってきて、
そのせいでA子さんは2度も流産したそうです。

そんな事もあり離婚。

その後再婚しますが、

A子さんとの間に子供が1人

再婚相手との間に子供が1人

愛人との間に子供が3人

という事実が発覚します。

愛人とは2010年、
つまり一人目の奥さんと離婚した頃から同居していますが、
彼女曰く

彼と同居できないその女性は業を煮やして楽天に“種田は愛人とその子供たちと暮らしている”と電話し、彼は退団することになったんです。その女性とは今年頭に無事離婚が成立しました

という事なので、楽天の退団の理由はどうも女性関係、
具体的にはA子さん、もしくは再婚相手からの密告に
あったようです。

おそらく、そのギャンブル癖があまりにも目に余った
ので、これ幸いと楽天も女性問題を取り上げて自主的
な引退を迫った、そんな気もしますね。

つまり

・肘の故障

・度が過ぎたギャンブル癖

・女性関係

これらが絡み合っての引退、
という事のようです。

現在

とう事で現在は内装会社の営業マンになって
スーツ姿で営業に走り回っていたそうですが、
岩手県で逮捕された事を考えると、楽天へ入
団した関係で岩手県の会社を紹介してもらっ
たのでしょうか。

今回スピード違反で捕まった場所は岩手県一
関市狐禅寺の主要地方道という事なのですが、
調べてみると…

今泉街道と呼ばれる県道19号線のようです。

かなり見晴らしがよい道路なのでついつい気が緩んで
しまったと…。

以上種田さんについてでした。

sponsoredlink


関連コンテンツ

コメントを残す