マウスプロモーションと小野大輔の間に一体何が?独立の背景とは?

小野大輔さん独立へ

養成所を含めると17年間マウスプロモーションに

所属していた声優の小野大輔さんですが、

2016年2月1日付で事務所から独立したと公式ページにて発表がありました。

スポンサードリンク

「養成所から数えて17年間、小野大輔の活動を支え続け、そして今回快く背中を押してくださったマウスプロモーションの皆様に改めて感謝致します。本当にありがとうございました。

http://daisukeono.comより

以上のような発言を見る限りにおいて、円満退社のように思えますが果たしてそうなのか?という疑問が湧いてきたのでさっそく調べてたところ、それなりの理由がありそうな気配が感じられる事実がかなりあったので順を追って検証していきたいと思います。

 

小野大輔プロフィール

生年月日1978年5月4日
出身地高知県高岡郡佐川町
血液型O型
身長175㎝
活動歴2001年「フルメタル・パニック!」から

私はあまりアニメには詳しくないので知っている作品(有名?)で言えば、黒執事、図書館戦争、ジョジョの奇妙な冒険、進撃の巨人、おそ松さん等、一般的にも名の知れているような作品にも出演していたようです。ジョジョの~の主人公の空条承太郎も彼だったとは今はじめて知りました。

 

マウスプロモーションとは?

それでは以下に小野大輔さんが所属していたマウスプロモーションと、その周辺の事情についていろいろ探っていきます。

1974年に設立された声優のマネージメントが主な事業内容の会社。旧名は有限会社江崎プロダクション。1995年に株式会社へ。そして2000年に現在のマウス(ネズミの意味、口とかけたのか?)プロモーションという社名へ変更されました。

 

創業者の江崎加子男について

旧名の有限会社江崎プロダクションとは、創業者である江崎加子男さんとう方の苗字をとって社名にしたようですね。その江崎さん、なんでも日本初の声優のマネージャーとか。そして仕事にかける思いは熱く、

コブラ等で有名な声優の野沢那智さんも

「この江崎氏にはどれだけ応援してもらったか判らない」

と言っているようです。

ソースは以下のページ

http://seesaawiki.jp/w/tasogare100/d/%B9%BE%BA%EA%B2%C3%BB%D2%C3%CB

故にその影響力も大きいようで、この人に睨まれたら仕事が出来ないとまで言われているとか。しかし可愛がられれば仕事には不自由しないと、そんな感じですかね。もちろん才能も関係あるとは思いますが。

 

アーツビジョンとアイムエンタープライズ

1984年松田 咲實(まつだ さくみ 1948年生まれ)によって設立された会社。事業内容は声優のマネージメント業務。傘下には1997年に設立されたアイムエンタープライズがあるようです。

 

江崎氏をヘッドハンティング

そしてこの松田氏が、江崎氏をマウスプロモーションから引き抜いたので同事務所の影響力は業界内で低下したと。

この件が事務所から声優が独立しやすい土壌をつくった原因かもしれないですね。

 

松田氏、アーツビジョン社長を辞任

2007年、アーツビジョン社長の松田氏がオーディション受講者の少女に猥褻行為をしたとして逮捕され、同社の社長を辞任するが、事件は不起訴処分に終わる。

後任にはアーツビジョン、アイムエンタープライズ共に江崎加子男氏が就任。

 

次々と独立

業界のドンと言われた松田氏が逮捕、辞任した事を受けて声優業界の力関係は崩れたのでしょうか、個人事務所が乱立している状態のようです。

http://wiki.chakuriki.net/index.php/%E5%A3%B0%E5%84%AA%E4%BA%8B%E5%8B%99%E6%89%80

そしてこの影響からか、はたまた松田氏が引きぬかれた影響からか、マウスプロモーションからは数十人ほどが他事務所へ移籍したり独立するなどして去って行きました。

 

一極支配体制が崩れるた事が原因か?

江崎氏が健在なものの、一方の雄である声優業界のボスの松田氏が失脚した事により、同業界内には移籍や独立に関しては割りと自由な空気が漂っているよな気がしますね。それが今回の独立の下地になったと。

つまりマウスプロモーションと小野大輔氏の間に格別何があったわけでもなく、実力や人気次第で自由に行動できる土壌が声優業界にはあるという事なのかもしれませんね。

しかしタイミングに関して、何故今なのか?という疑問は残り、人気商売だけに様々な噂や憶測が乱れ飛んでいますが、機会があればそのへんについて整理してみたいと思います。

 

以上、「超簡単!声優業界の裏事情」についてでした。

sponsored link

関連コンテンツ