高野山真言宗八事山興正寺前住職梅村正昭氏が資金流用?その理由とは?

「あの」高野山真言宗で内紛が起きているそうです。

私も以前から小耳には挟んでいたのですが、日蓮宗と創価学会の対立のようなものなのかと思い、ろくに調べもしませんでした。

が、ちょっと情報を漁ってみると何やらきな臭い話がわんさかと。

sponsoredlink

という訳でこの内紛について簡単にまとめてみました。

 

高野山真言宗とは?

まずはじめに簡単に高野山について説明しますと…

816年-嵯峨天皇が高野山を空海へ下賜(高位の者が身分の低いものにあたえる事)
以後、高野山内に伽藍や諸堂を建設し、修行の場、及び聖地として参拝の対象になります。

真言密教の専門的な説明は他サイトへ譲るとして、その目的は、空海が修めた真言密教の教えと伝統を後世へと伝える事にあるようです。

 

総本山

高野山真言宗の総本山と言われるのが金剛峯寺(こんごうぶじ)。

住所 和歌山県伊都郡高野町高野山132

末寺 3638

信者  3,833,220人

文化庁平成26年12月31日発表による。

 

興正寺(名古屋)

高野山真言宗に属する寺。

1686年-建立

尾張徳川家の祈願寺として繁栄した事もあり、尾張高野とも呼ばれています。

現在総本山である金剛峯寺と揉め、独立を目指している状態ですが、
独立できるかどうかは未定との事。

 

 

分派

文化庁の資料によると、真言系に分類されている宗派は45もあり、寺院数にして12542。
信者数は906万2858人という膨大な数にのぼります。

これが何を意味するのかというと、利権。
つまりお金。
この事をキーワードにして事件を読み解くとわかりやすかと思います。

 

騒動の概要

2012年-興正寺は中京大学に隣接する6万6千平方メートルの所有地138億円で、総本山に無断で(総本山側の言い分)売却。

さらに売上金の3%を上納する規則も守らず。

 

2013年-興正寺はこれに反論し、次いで多額の上納金システムに反発する形で総本山との関係解消を宣言。

理由は

多額の礼録を要求され、檀信徒に負担を強いるのは本意ではない

朝日新聞

 

その時の住職が梅村正昭

無断で売却(総本山の言い分)したのはいただけませんが、信者への負担を減らすとの大義は一応筋が通ります。

2013年-総本山は梅村正昭氏を罷免。

しかし、それにもかかわず今現在もなお彼は興正寺へ居座り続けています。

昔なら僧兵を繰り出しての大乱闘になったでしょうが、現在は…

 

トップ交代

これに業を煮やした総本山側は名目上添田隆昭宗務総長を興正寺のトップに据えますが、興正寺側はそれを無視する形となり、

2015年11月25日-興正寺の向かい側建てたプレハブの「興正寺連絡寺務所」の落慶法要を行いました。

as20151125004538_comm

http://www.asahi.com/より

 

以上が紛争に関する概略です。

上層部同士の争いに信者は振り回されている状態で、

80代女性は「(前住職は)よくやっていると思うが、高野山あっての興正寺なので寺務所にもお参りしたい」と話した。http://www.asahi.com/より

とのなんとも切ないコメントを残していました。

 

お金の話

 高野山真言宗の別格本山、八事山興正寺(名古屋市昭和区)が土地売却代138億円を巡り、名古屋国税局から申告漏れを指摘された問題で、総本山の高野山側は14日、罷免された梅村正昭(せいしょう)前住職(68)らが80億円余を不正に支出したとして、業務上横領と背任容疑の告訴状を名古屋地検に提出した。中日新聞2016年9月

 

という事でこの騒動の背景にはお金の話が絡んでいるようです。

さらに、

2014年に東京都大田区のコンサルタント会社と業務委託契約を結んだと見せ掛け、3億円余を支出。14~15年には東京都港区のコンサル会社に28億円余を支払ったとして、いずれも横領した疑いがあるという。

14年には、真言宗の開祖・空海ゆかりとされる巻物の真贋(しんがん)判定に関する契約を結んだように見せ掛けるなどし、6億円を横領した疑いも持たれている。12年にはスイスの投資会社と資金調達契約を結んだように装い、前住職出資の英国法人に25億円を送金したほか、東京都渋谷区の芸能プロダクション運営会社に出資名目などで2億円を支払ったとして、いずれも背任の疑いもあるという。中日新聞2016年9月

という事であちこちへ不正送金をしていた疑惑が持たれていますが、前住職の代理人弁護士は

支出は合理的な契約に基づいており、なぜ刑事告訴の対象となるのか理解できない

と答えています。

 

芸能プロダクションとの関係?

中でも芸能プロダクション経営会社という記述に目を惹かれましたが、どこかと調べてみると…

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/49424

どうやらガクトのファンクラブの元社長が関係する芸能プロダクションとの事。

次いで調べると…

歌手GACKT(ガクト)さんのファンクラブの運営で得た所得約1億9500万円を隠し、法人税約5800万円を脱税したとして、東京地検特捜部は9日、ファンクラブ運営会社だったDEARS(東京都大田区)の社長らを同税法違反の疑いで逮捕し、発表した。

http://matome.naver.jp/ 元ネタは朝日デジタル

2014年の記事と思われますが、こちらはこちらで問題を起こしていたようです。因みにガクトさんとこの会社社長は既にキレていて、今回の件にガクトさんは関わり合いがないとのこと。

と言うことで、芸能界さらには裏人脈まで絡んでそのお金を吸い取られていたようにも思えますが…

 

資金流用?

何故か?

これはまったくの憶測ですが、

以前読んだ「オウム帝国の正体」という本の中で、宗教法人乗っ取りの手口が描かれていましたが、今回もそんな手口で籠絡されてしまったが故に後戻りができず、仕方なく突っ走ってしまったと。そんな気がしますが、これは私の妄想ですので話1割り程度で聞き流してください。
お金の集まるところに自然と人は寄って来るのでしょうがないと言えばしょうがないですが、真面目に信仰している信者にとってみれば

「やれやれ」(村上春樹)

といったところではないでしょうか。

 

以上、内紛についてでした。

sponsored link

関連コンテンツ