宮里藍の父救急搬送されるが命に別状はなし?原因は?

女子ゴルフの宮里藍選手の父、宮里優さんが娘の試合中に倒れ病院へ救急搬送されたのは日本時間で8月1日の事。

その後、命に別状はないとの報道も見られましたが、

一体彼の身に何が起こったのでしょうか。

スポンサード

宮里優のプロフィール

https://mainichi.jp/より

名前 宮里優(みやざとまさる)

生年月日 1946年5月24日 71歳(2017年8月現在)

出身地 沖縄県

県職員等を経て29歳でゴルフをはじめたという遅咲き。その後1982年と84年には大京オープンへアマチュアとして出場。

その後40歳でティーチングプロへ転向し、自身が構築した独自の理論に基づき3人の子供たちをプロゴルファーへと育て上げる。(宮里聖志・宮里優作・宮里藍)

現在は沖縄県名護市の大北ゴルフ練習場を拠点にゴルフスクールを運営。

 

宮里優救急搬送される

8月3日から開幕する全英女子オープン(リコー主催)へ出場する予定の宮里藍選手が1日、プロアマ戦へ出場中の最中に事は起こりました。

娘の試合の様子をコースの外から眺めていた優さんは、12番の時に体調を崩し、医務室へと運ばれ、その後13事頃に救急車で病院へ搬送されました。

その影響により藍さんはプロアマ戦を棄権し、マネージャーと共に車で父親が運ばれた病院へ向かった、という事でした。

マネージャーの説明によると「命に別状はなさそうです」との事。詳細は時日を改めて説明するとし、つまりは原因その他については今のところ不明。藍さん自身も父親の容態を確認して本選へ出場するか否かを判断するとの事でした。

試合が行われた当日のイギリスの天気はスッキリせず、気温も19度以下だったので、すくなくとも熱中症による立ちくらみではなかったようです。

宮里藍選手は今季限りで引退を表明しているという事なので、ひょっとしてそのせいで気力が抜けていたのかもしれませんね。

以上、宮里優さんの容態などについてでした。

sponsored link

関連コンテンツ