中谷美紀は同性愛者との噂が絶えないが本当なのか?鈴木紗理奈とも?

女優の中谷美紀さんがWOWOWでこの秋に放映されるドラマ「片想い」で、性同一性障害の主人公「美月」を努める事が決定したと報じられました。

原作は東野圭吾で全6話。

という事で役作りの為に髪の毛をバッサリカットし、なかなかの『美男子』ぶりを披露しています。

sponsored link

スポンサードリンク

と、この報道を聞いてピンときた人はピンときたはず。

中谷美紀さんには以前から同性愛者・レズビアン、あるいはバイセクシャル等の噂があったのですが、今回は事のついでに彼女の同性愛疑惑について調べてみました。

中谷美紀のプロフィール

本名 中谷美紀

生年月日 1976年1月12日 41歳(2017年5月22日現在)

出身地 東京都

身長 160cm

血液型 A型

デビュー 1991年

 

1991年桜っ子クラブさくら組というアイドルグループの一員として芸能界デビュー。後に有名になった他のメンバーに、菅野美穂・加藤紀子・井上晴美・持田真樹等がいます。

http://matomame.jp/より

cached

http://spotlight-media.jp/より

photo

http://yumehanemuranai.cocolog-nifty.com/より

同グループで2年程活躍したあと、1993年には「ひとつ屋根の下」で女優としてデビューします。この時中谷さん17歳。

その後映画「リング」にて高野舞役を演じ、1999年には初主演映画「ケイゾク」でブレイク。以後「嫌われ松子の一生」「約三十の嘘」「電車男」等で主演を務め絶頂期を迎えます。

彼女のベスト作は個人的にはケイゾクだと思っていますが、その後続編のケイゾクでは出生して偉い人になってしまい、作中には登場しませんでした。残念。

という事で、彼女が出演する新作を是非とも期待したいところです。40歳を過ぎたおとぼけキャラも見てみたいのですが…無理だろうな…

 

インド旅行

彼女は2006年に「インド旅行記」なる本を出しています。私も1冊買って読んでみましたが、インドでのナンパはしつこいらしく、日本人だとなめられるので韓国人と言ってその場をしのいでいたという事でした。

しかしまた何故インドに行ったのか?

調べてみたところ…

2006年に公開された映画「嫌われ松子の一生」で、その主人公なハチャメチャな人生を演じて精根尽き果ててしまい、心身ともにリフレッシュするため、らしいです…が、これは実は表向きの理由。

私も映画は見ましたが、確かに主人公はかなり特異なキャラ、しかも監督が中島哲也というCM出身の人なので、その独特のリズム感とカット数の多さに振り回された、としてもおかしくはないでしょう。

そしてこちらが裏の理由にして本命、

ケイゾクで出会った渡辺篤郎と破局したのが2004年頃とも言われているので、おそらく失恋の影響が大きかったのではないでしょうか。

 

中谷美紀の恋愛

上記のように中谷さんは1999年、TBSドラマ「ケイゾク」で共演した渡部篤郎と恋仲になってしまいます。

sponsored link

しかし渡部さんには1994年に結婚したモデルのRIKACOさんという奥さんと二人の息子がいた、つまりは不倫。

http://spotlight-media.jp/より

しかし奥さんが渡部さんにベタ惚れしていたようで、なかなか離婚に踏み切れず。

結局2004年に中谷さんと渡部さんの仲が破局し、それを追う形で2005年に渡部さんとRIKACOさんは離婚してしまいます。

すると今度は2007年に中谷さんと渡部さんは復縁。以後ズルズルと二人の関係は続き、結局2015年には別れたようです。

理由は渡部さんの派手な女性関係やお金がらみでは?、なんて情報も見られますが、中谷さんがバイセクシャルだと考えれば、女性関係が二人の間に及ぼした影響はそれほどでもなかったのではないでしょうかね。

 

中谷美紀は同性愛者?

という事で長い前置きでしたが、上記の中谷さんの恋愛遍歴を見ると同性愛の「同」の字もみられませんね。

ではどうして彼女にそのような噂がたったのか?

その元を辿ってみると…

http://blog.livedoor.jp/dragons_victory/archives/50575960.html

こちらの記事がヒット。

それによると、初主演ドラマ「ケイゾク」の宣伝でバラエティ番組へ出演した際に共演者の鈴木紗理奈さんが、撮影終了後、中谷さんの自宅へ泊まりに行って同じ布団で共に寝たことを暴露し、それに対して中谷さんが

「そんなこと言っちゃダメだよ。レズだってバレちゃう

と発言。

これが原因で以後中谷さんにレズの噂がつきまとうようになりました。

しかしこれにはちょっとした裏話がありまして…

 

鈴木紗理奈もバイセクシャル?

2000年4月から9月まで放映されていた日テレ深夜の「あけすけ」という番組で鈴木紗理奈さんが「小学校から仲良かった友だちと、『どこが気持ちいいの?』と体の触りあいっこをしていた」と告白しています。

ケイゾクが放映されたのが1999年1-3月なのでその翌年の告白という事になります。

この事実からは中谷さんも両方いけるクチだとも思われますね。つまりは鈴木さんの証言によって、二人の仲は確定的(1晩限りだとしても)といってもいいのではないでしょうか。

 

攻守は?

気になるのが攻守

ナイスポネットというゴシップ系のウェブサイト(2009年に親会社のナイタイは自己破産)の情報によると、中谷さんは「守」という事でした。

その強気そうな外見からはちょっと想像できませんね。ギャップがまたいいのかもしれませんが。

 

で、結局渡部との関係は?

以上のような事情を考慮すると、渡部さんと断続的に15年ぐらいに渡りズルズルとした関係が続いたのは、恋仲というよりは、それ以上の関係、つまり同志的なものだったのではないでしょうか。

ですので肉体関係もあったでしょうが、15年も付き合っていれば後半はほぼほぼナッシングだと考えても差し支えないような気もします。

彼女の件の噂を知るまでは、渡部さんに対して正直、「中谷さんの一番美味しい所を独り占めした嫌な奴」という認識ですが、ちょっと見方が変わりましたね。

という事で海千山千の芸能界、一癖も二癖もある人間の坩堝と考えれば、二人のような関係はほんの些細なエピソードにすぎないのかもしれませんね。

ああ一般人でよかったと、なんとなくほっこりとした気分になりました。

桑原桑原。

sponsored link

関連コンテンツ