エルメスの女は倹約家?石田祐未と琴奨菊は7万円のアパート暮らしの謎!

家賃7万円のアパート

前回の記事にはお陰さまでかなりのアクセスがありました。当ブログ内に於いては一連の甘利騒動に勝るとも劣らないほどの人気ぶり。

改めて今回の琴奨菊の優勝…もとい、

彼の妻に対しての世間の関心の目が高いことを伺わせられました。

スポンサードリンク

そこで、

 

お礼の気持ちもこめて石田祐未(本名菊次祐未)さんについて新ネタを探していた所、

 

ありました。

 

石田さん、

その華麗な経歴とは裏腹にかなり堅実な性格のようで、

住んでいる所が2LDKの家賃7万円ぐらいのアパートとか。

これは記事にしなければいけないと思い立ち、

さっそくその堅実、倹約家ぶりを見ていきたいと思います。

 

エルメスジャポンに就職

詳細な経歴は以前の記事を読んでいただくとしてここでは簡単に彼女の経歴について振り返ってみたいと思います。

幼少の頃には父親の仕事の関係でスウェーデンで暮らしており、

その影響で英語、スウェーデン語、ロシア語、そして日本語を含めると

計4ヶ国語を話せるバイリンガル

帰国後は学習院大学へ入学、そこでは手話を学びボランティア活動に従事。

性格はとても気さくで人気があったとか。

学生時代から国技館でバイトをするほどの相撲好き。そ

の時に琴奨菊を目撃し、その丁寧な態度を見て好感を持つ。

大学卒業後にはエルメスジャポンに就職し、都内デパート内の店舗で

店員をしていたという事です。

2014年に琴奨菊からプロポーズされ、年末にエルメスを退社し同居。

 

以上が簡単な経歴になります。

 

松戸市内のアパート暮らし

琴奨菊が所属する佐渡ヶ嶽部屋は千葉県松戸市にあるのですが、

彼らも2015年から同じく松戸市内のアパートに住んでいるとか。

そして琴奨菊の知り合いの不動産屋さんが言うには、

二人は2階建ての2LDKのアパートに住んでいて、家賃は7万円ぐらいとか。

地元の不動産屋さんの証言なので、間違いないと思うのですが、

気になって松戸市内の家賃相場を調べたら…

http://www.homes.co.jp/chintai/chiba/matsudo-city/price/

2LDKだと8万円。2DKでも6.09万円と相場から比べれば1万円程安い

物件に住んでますね。因みに琴奨菊の給料は月235万円ぐらい。

旦那の給料を見れば「もっといいところに住んでもよんじゃないの?」と

思いますがねぇ。倹約をしていると考えるにしても、年収2千5百万円だったら

もうちょっときばって10万円ぐらいの所に住んでいてもおかしくはないし、

誰も文句を言わない、いやむしろやっぱりどう考えても7万円の家賃は

不似合い過ぎますね。

何故なんでしょうかね。

ひょっとして怪我が多い琴奨菊は引退を考えて将来ちゃんこ屋でも開く為の

資金をためていると推測すれば納得がいきますが。

かなりディフェンシブな発想で恐縮です。ハイ…

 

奥さんは元13万円のマンション住まい

更に更に不可解な事実が続きます。エルメスに勤めていた頃でしょうか。

石田さんが都内で暮らしていた時に住んでいたマンションは家賃13万円ぐらいという証言が

彼女の大学時代の同級生から飛び出しています。

グレードダウン。しかも二人住まい。

これはわけが分かりませんね。

何故なのでしょう?

やはり本物のセレブの行動は常人の思考パターンでは把握しきれないですね。

 

金持ちのお嬢様がボランティアに走る例は、今思いついたところで言うと、

イラン出身のタレントのサヘル・ローズさんを引き取ったフローラ・ジャスミンさんの

名をあげる事が出来ます。彼女も元々イランで裕福な過程で育っていたのに、

両親から勘当されてまで孤児のサヘルさんと養子縁組し、そしてわざわざ日本まで

連れてきたという、これまた常人の至高では計り知れない行動をとっています。

ろくでもないセレブも世の中には多数存在しますが、このようなセレブもまた

存在するところが摩訶不思議というか人生の機微なのでしょうね。

 

奥さんが車で送り迎え

以前は稽古場まで自転車で通っていたという琴奨菊ですが、現在は若葉マークがついた車で奥さんが送迎しているんだとか。

旦那さんの為に免許まで買って送迎とはただただ感じ入るというほかはありませんね。

何も言葉は出てきません。

 

食事は山田うどんで

さらに、不可解なエピソードが続きます。

部屋から近い「山田うどん」というチェーン店で二人がよく食事を

する光景が常連客によって目撃されているそうです。

二人がよく頼むのが豚キムチ丼セット

http://blog.livedoor.jp/emeraldgreen68/より

http://blog.livedoor.jp/emeraldgreen68/より

これをペロリと食べるということですが、体に似合わずかなり食欲は旺盛のようです。

 

以上このようなエピーソドを見てもらえればわかるように、どうも石田祐未さんは

心底相撲が好きで、心底琴奨菊に惚れ込んでいるようですね。

そして金銭面でもかなりしっかりとしているのか、それとも琴奨菊が単に貧乏性なのか…

は定かではありませんが、個人的には後者であったほうがネタとしては面白いので、

世間の願望も含め、そのようにあって欲しいですが、違うだろうなぁ…

尚、女性自身にはラフな格好をした奥さんとジャージ姿の琴奨菊の白黒写真が

掲載されているので興味のある方は購入して確認してみてくださいね。

以上少々下衆の勘ぐり気味の管理人でした。

sponsored link

関連コンテンツ