大隅萬里子のプロフィールや良典との馴れ初めを調査!息子の職業は?

10月3日にノーベル医学・生理学賞を受賞し、各メディアから引っ張りだこの大隅良典東工大名誉教授(71)さんですが、

それと呼応して、彼の妻である大隅萬里子さんも注目を集めています。

という事で今回は大隅萬里子さんと良典さんの馴れ初めや子供について調査してみました。

sponsoredlink

 

大隅萬里子のプロフィール

名前 大隅萬里子(おおすみまりこ)

所属 帝京科学大学 生命現象学部 バイオサイエンス学科

学位 理学博士・理学修士(東京大学)

研究分野 生物化学-分子生物学・細胞生物学

http://researchmap.jp/より

帝京科学大学では教授職についていたという才女の萬里子さん。

年齢は良典さんの2つしたの69歳。

夫婦揃って学者とは恐れ入りました。

しかも研究分野も一緒…

という事は馴れ初めもそのへんにあるのかと思っていたらの案の定。

 

馴れ初め

萬里子さんの学歴は、

1969年-東京都立大学理学部生物

1971年-1972年 東京大学 理学系研究科 相関理化学

 

そして旦那の良典さんは

1967年 – 1972年 東京大学 理学系研究科 相関理化学専門課程

 

つまり大学時代、同じ研究室にいた事が縁となり結婚したそうです。

 

詳しい結婚時期は定かではありませんが、

「勢いで学生結婚した」

と報道されているので、1970年前後に
婚姻届を出したのではないでしょうか。

 

結婚理由は「勢い」とおっしゃっていましたが、
良典さんは「運命の出会い」とも言っているので
よほど相性がよかったのかもしれませんね。

 

単身赴任

その後良典さんは仕事の都合で単身赴任をし、
1二人は13年間も離れて暮らした事もあったそうですが、
洗濯物がたまりそして掃除もしない生活ぶりで、
良典さん自身も

「すごい生活をしていた」

というぐらい部屋が汚かったそうです。

 

そんな良典さんの部屋を訪ねた奥さんは

「部屋はめちゃめちゃだったが研究環境が素晴らしく(夫が)幸せそうに見えた」

と語っているので、定期的に旦那の世話しに行っていたのかもしれませんね。

 

息子の職業

現在大隅夫婦は二人暮らし。

彼らの間には2人の息子さんがいらっしゃいます。

 

一人は小児科医をされていて、

もう一人の職業は不明。

 

これ以上の情報の詳しい情報は見当たりませんでした。

 

いたずら好きの旦那

萬里子さんいわく、良典さんは見た感じのまんま、
穏やかで優しい旦那さんだそうで、一緒にいて心が落ち着くんだそうです。

穏やかな反面、適当な部分もあるそうですが、これはよくいえば
「良い加減でやっている」とも言えると奥さんは評しています。

そんな穏やかな旦那さんは時折奥さんにいたずらをしたり
からかったりするんだそうです。

 

その内容はたとえば、

「メガネがいつの間にか消えて変な所においてある」(萬里子さん談)

という些細な事。

 

先日FNNに出演した際にその事実を指摘されると、別に理由はなく
単なるいたずらと答えていました。

 

ストレス発散なのか、それともコミュニケーションの一環なのか…

おそらく後者でしょうが、ストレートに物事を伝える事が苦手なのかもしれません。

 

そんないたずら好きな旦那だけに始めノーベル賞を取ったと聞いた時も
いつものいたずらかと思ったと言っているぐらいだから、その頻度も
かなりのものだったのかもしれません。

 

imgres

http://www.jiji.com/より

以上大隅萬里子さんと良典さんについてでした。

sponsored link

関連コンテンツ