山田涼介カインとアベルで月9初、恋愛ドラマ初!ヒロイン役は誰?

福山雅治主演の月9「ラブソング」の平均視聴率が8.5%。

現在放映されている月9「好きな人がいること」の平均視聴率が7回までで9.09%。

sponsoredlink

いずれも2桁にとどかないという、惨憺たる結果ですね。

「これはいかん!」

と、フジが思ったのかどうかはわかりませんが、

今回は最終兵器、山田涼介(Hey!Say!Jump!)を投入して月9の起死回生を図るようです。

 

カインとアベル

この月9の情報を8月27日の時点でいち早く流したのがサイゾーウーマン(多分)。

その記事によると、アメリカ映画「エデンの東」(ジェームスディーン主演)のリメイク版になると言われていたのですが、タイトル未定のまま時は過ぎ…

 

本日

「カインとアベル」

というタイトルに落ち着いたようです。

カインとアベルとは、旧約聖書の「創世記」の中の話で、要約は以下のとおり

ある日2人は各々の収穫物をヤハウェに捧げる。カインは収穫物を、アベルは肥えた羊の初子を捧げたが、ヤハウェはアベルの供物に目を留めカインの供物は無視した。嫉妬にかられたカインはその後、野原にアベルを誘い殺害する ウィキペディアより

簡単に言うと兄が弟を殺すという内容。文字通り捉えれば、神様が収穫物(穀物?)よりも羊(肉)のほうが好きだった事に腹を立てた兄が弟を殺してしまったという、逆恨み的な話ですね。^^;チガウカナ? というのは半分ぐらい冗談で、宗教的な意味があるとは思いますが、ここでは触れません。

これをもとにジョン・スタインベックは小説「エデンの東」を書き上げ、兄弟間の確執を表現します。

「エデンの東」のリメイクというよりも、カインとアベルを恋愛仕立てにした話といえるかもしれませんね。

 

ストーリー

旧約聖書カインとアベルの物語→神からの愛をめぐる兄の弟に対する一方的な妬み。

スタインベックの「エデンの東」→父の愛をめぐる兄の弟に対する妬み。

 

月9の「カインとアベル」→兄の恋人を好きになってしまう弟の話。(日刊スポーツ)

スポーツ報知には内容が割りと詳しく掲載されていたので引用しておきます。

兄へのコンプレックスと父に認められたいという思いを持った主人公の高田優が、家族や仕事、そして恋する人とのせめぎ合い、葛藤を通じ、本当に大切なものをつかもうとする姿を描く。 スポーツ報知

 

父親と兄の確執というよりも兄弟間、それも弟の兄に対する一方的な思い込みで自滅(或いはそこからの再起)する話…のような気がします。

不動産会社社員という設定も、なんだか怪しげ…

これがまたブラック企業で、そんな仕事のストレスも絡んで山田涼介が追いつめられていく…なんて展開もありですね。

 

キャスト、ヒロインは?

 

両親役

高嶋政伸と南果歩

 

 桐谷健太

 山田涼介(高田優役・不動産会社社員)

 

ヒロイン 倉科カナ

 

以上はサイゾーウーマンの8月27日の記事からです。(テレビ関係者の言葉として)

 

しかしスポーツ報知は

「他のキャストは後日発表。」

スポーツ報知 9月4日

と報道しているので、正式発表はまだのようですね。

 

山田涼介の意気込み

山田さん本人も初恋愛物、初月9ものだけに意気込みもかなりのもので、

「月9という枠は視聴者の皆さんの期待も非常に高いと思いますので、プレッシャーはありますが、自分なりのカラーを出し、しっかり演じていきたいと思っています」

「自分自身もどういうふうになっていくかまだ想像がつきませんが“新しい山田涼介”を届けたいと思います」スポーツ報知より

と答えていました。

同物語は羽鳥健一プロデューサーによると

・複雑な恋愛

・兄弟の確執

・親から認められたいという思い

という三本の葛藤を柱に展開していくそうで、かなり繊細な演技が要求されそうです。同プロデューサーはそんな繊細な役をこなすのに”ベストマッチ”だとして彼にオファーをしたという事です。

かなり多様な要素が絡み合うドラマのようで、テーマが散漫になりそうな気がしないでもないですが、そこを山田さんがどのように処理していくのか気になる所です。

 

ヒロイン役オファー拒否の謎?

当初は学園モノ色が強いラブコメ路線だったらしいですが、ヒロイン候補として白羽の矢が立った女優さん達から次々と断られてしまったために、学園モノという企画が消滅したようです。

一説では山田涼介のヒロイン役になる事によって叩かれるのを嫌がってのオファー拒否とも言われていますが…

人気アイドルのヒロイン役はそれなりに気をつかいそうで大変そうですが、企画変更により、年齢設定が幅広くなった事によって、年上の倉科カナさん(28)を使うことでファンからの圧力を回避しようと、考えられなくもないですね。

つまり学園モノだと山田さんとヒロインの歳も近くなってしまうので、より圧力を受けやすいと、このようにも考えられますが、いかんせんジャニースファンの人達の心情というのはわからないので、あまり迂闊な事も言えないですが。

 

という事で山田涼介さん初のラブストーリーという事で恐る恐るファンの反応を見てみると…

 

ツイッターの反応






意外や意外、調べた限りではあからさまに嫌がっている反応はみられませんでした。

・スーツ萌

・キスシーンあったら死ぬ 笑

・ベッドシーンに期待😏😏😏

等微妙な表現がかなり見られその心境の複雑さを物語っていますが、期待半分、ドキドキ半分といったところでしょうかね。

いずれにせよ、固定ファン層が分厚そうなのでそれなりに視聴率も期待できるのではないでしょうか。

倉科カナとのラブシーンはファン的にはありなんですかね。私はどちらかというとそのへんの心境に興味があります。

以上山田涼介主演月9、カインとアベルについてでした。

 

関連記事

山田涼介主演カインとアベルの撮影場所の噂?クランクインは?

sponsored link

関連コンテンツ