蓮舫二重国籍の噂は本当なのか?疑惑をアゴラと夕刊フジが報じる!

民進党の代表選を前に例によって情報が出てまいりました。

なんでも代表選に出馬を表明した蓮舫議員に二重国籍の疑いがあるとか。

報じたのはアゴラというネットメディア。

sponsored link

この時期にこのような情報が出てくるという事は、普通に考えれば内部リークだと思われますが、蓮舫議員から「つまらない男」と言われた岡田さんの私怨によるものだと考えたほうがネタ的には面白い、と思ってちょっと調べた所…

印象操作じゃないすか!(笑)

文脈としては別段岡田さんを揶揄しようなどという意図はないようでしたが、メディアがわかりやすく(面白おかしく)しようとしたために、あのような形で広がってしまったと。

蓮舫さんは同じくツイッターで「猛省」し、岡田さんにも電話で謝罪したようですが、岡田さんは「全然気にしてない」と、とりあえずは事なきを得たようです。

と、前置きが長くなりましたが二重国籍疑惑についていろいろと調べてみましょう。

 

蓮舫のプロフィール

 

名前 村田蓮舫(むらたれんほう)

生年月日 1967年11月28日(48歳)

出身 東京都

身長 160cm

体重 不明

血液型 A型

職業 議員

学歴 青山学院大学卒

旦那 村田信之(フリージャーナリスト)

子供 村田琳 村田翠蘭(1997年生まれの双子)


上は一家揃っての写真です。

お子さん達はイケメン&美人ですな。

長女がニュージーランド、長男がイギリスに留学し、そのまま在住しているという情報があります。

プロフィールは各所で詳しく出ているのでこのへんにして、早速本題へ。

 

アゴラによる報道

蓮舫さんの二重国籍疑惑について書いたのは、徳島文理大学大学院教授の八幡和郎(やわたかずお)さん。それによると…

蓮舫さんの父親は台湾出身の貿易商である謝哲信さん。母親は資生堂の美容部員だった日本人の斉藤桂子さん。(新宿でスナックを経営)

つまり、そのように父か母が外国人の場合は(1984年の国籍法の改正により)22歳までに父親、母親、どちらかの国籍を選ばないといけないそうです。

第十四条 外国の国籍を有する日本国民は、外国及び日本の国籍を有すること
となつた時が二十歳に達する以前であるときは二十二歳に達するまでに、その時が二十歳に達した後であるときはその時から二年以内に、いずれかの国籍を選択しなければならない。
2 日本の国籍の選択は、外国の国籍を離脱することによるほかは、戸籍法の定めるところにより、日本の国籍を選択し、かつ、外国の国籍を放棄する旨の宣言(以下「選択の宣言」という。)をすることによつてする。

ここで問題となっているのは

「外国の国籍を放棄する旨の宣言」

というところ。

この条文の「宣言」、つまりもう一方の国籍を蓮舫さんは放棄していないのでは?

というところが問題点となっているようです。

何故か?

諸事情により、役所では国籍放棄の指導はされるけれども、その後の確認はされない。

という事らしいのです。「諸事情」についてははアゴラに詳細に記載されているので、興味のあるかたはそちらをチェックしてみてください。

つまり、蓮舫さんが日本国籍を選択した後は、役所からのチェックが諸般の事情により無いので、彼女が自発的に中華民国籍を放棄しない限り、二重国籍という状態にある可能性は高いと、このようなわけなのでしょう。

 

そのへんを確認すべく、アゴラ編集部が民進党へ確認をしたそうですが、

十分な回答がなかった

ため、本日発売の夕刊フジへ掲載したと。

このような経緯です。

日本国籍を選択した蓮舫さんが、うっかり中華民国籍の放棄手続きを忘れてしまった、という可能性が高そうですが、それにしても、議員という立場、しかも民進党の代表選へ出馬を表明しているだけに、この二重国籍をクリアしないと、国民に対して示しがつかないのではないでしょうか。

いずれにせよ、民進党は早急にこの件に関して釈明なり、証明したほうがボヤ騒ぎで済むような感じはいたしますが…

 

影響は?

勝敗のカギを握る党内最大規模の旧維新出身グループの議員は「蓮舫さんの岡田代表に対する発言は不適切。新しい代表として資質が感じられない」と話し、前原氏の支持に回るという。東スポより

例の「つまらない男」発言のせいで以上のような影響とともに、新たに浮上した二重国籍疑惑。その影響はどれぐらいのものなのでしょうか。

本日の夕刊フジがトップで報じてくれば、駅の売店で見出しが踊るわけですからね…

以上蓮舫さんの疑惑についてでした。

因みにこのようなツイートもありました。

参考までに。

 

sponsored link

関連コンテンツ