江角マキコが芸能界休養宣言するも引退との噂も?恋愛遍歴も調査!

江角マキコさんが芸能界休養宣言をしたようです。

宣言とはまた大仰な、とも思えますが、写真週刊誌フライデーへ代理人を通して文章を送りつけたというのですから穏やかじゃないですね。

しかしまたなんでフライデーなのかな?という疑問もありますが、それはいいとして今回は引退の経緯などを調査してみたいと思います。

sponsoredlink

 

江角マキコのプロフィール

名前 江角マキコ(えすみまきこ)本名 平野真紀子(ひらのまきこ)
生年月日 1966年12月18日 49歳(2016年4月現在)
出身 島根県出雲市
身長 170cm
血液型 AB型
学歴 島根県立大社高等学校卒業

 

島根県の出雲出身なんですね。高校の名前も大社(おおやしろ)高校ですから出雲大社ブランドにあやかったのでしょうか。

同校を卒業した有名人としては歌手の竹内まりやさんがいます。

なんでも高校時代には巫女のバイトをやっていたという事ですが、やはり神社側から学校へ打診があったのですかね。

それはさておき以下簡単に経歴をまとめると…

・高校時代はバレーボール部へ所属し体育教師を目指していたが父の死により断念

・日本たばこ産業女子バレー部へすすむが規律や上下関係の厳しさ、そして怪我によりバレーボールを断念。同時に日本たばこ産業も退社しファッショモデルの道へ

・1994年矢沢永吉のアルバムジャケに採用される

・1995年映画デビュー

・1998年「ショムニ」が当たり一躍有名になる。

バレーボールからファッショモデルという発想も凄いですが、その後わりと芸能活動は順調にいっているようなので元々才能があったのでしょう。

 

恋愛から結婚について

 

・桐島ローランドと結婚

のっけから結婚ネタです。

今はあまり見かけなくなりましたが、女優の桐島かれんさんの弟です。

1996年に江角さんと桐島さんは結婚しますが約9ヶ月後に離婚しています。子供はなし

その後ローランドさんは一般の女性と結婚し二人の子宝にめぐまれました。そして2013年、参議院選へ出馬するも落選。

現在桐島ローランドで検索すると「参議院議員候補 桐島ローランド オフィシャルサイト」が閉鎖されずにトップページに来ているのでまだ政治家になる事を諦めたわけではないのでしょう。

 

・武田真治

こちらは本人も交際を認めていました。武田さんはみなさんご存知かと思いますがプレーボーイで数多くの人と浮名を流しています。青山真治さんの奥さんのとよた真帆さんと付き合っていた事が分かった時はショックでしたね。

 

・宮本浩次(エレファントカシマシ)

こちらはフライデーに写真を取られてしまいました。本人が認めている訳でもないので真相はわかりませんが、状況証拠的には真っ黒でしょう。しかし宮本さんも相当アクが強い方なのでよく付き合ってたなとは思いますね。

 

・尾上菊之助

言わずと知れた歌舞伎俳優2002年に熱愛宣言をしているので江角さんも相当乗り気だったと思われます。なにせ結婚したら社会的な地位が手に入るのですからね。女優を辞めて梨園の妻になるメリットは十二分にあるといえるでしょう。

しかし江角さんが11歳上という事がネックになったようで、結婚までには至りませんでした。お互い両親を紹介しあうところまで来たていたというので、どうも歳の差以外に何かあったような気はしますが…

因みに菊の助さんは、その歌舞伎ブランドに惹かれてか知花くららさんともいい仲になったようですが、結局彼女とも分かれ一般の女性と結婚しています。

 

・平野眞(ひらのしん・50歳)と再婚

2003年フジテレビのプロデューサーである平野さんと結婚。出会いは「ショムニ」の時といいますから遡ること5年前。その間にも多くの男性と浮名を流しているだけに平野さんとしても心中複雑なのではないでしょうか、というのは外野の考えなのでしょうが…

それにしても江角さんモテますね。ほとんど間をおかずに男性と付き合っていますからよほど惹かれるものがあるのか、ぐいぐい積極的に行くタイプなのか、どちらでしょうね。

 

2005年-女児誕生

2009年-男児誕生

現在は2人とも小学生です。

 

というわけで子供に対して手もかからないしこれからは女優業に専念…と思った矢先の休養宣言ですからね。一体彼女に何がおこったのでしょうか?

 

いじめ告白~長嶋一茂邸落書き事件

事の発端は長嶋一茂邸落書き事件にあったといいます。しかしそれには実は伏線がありまして…

以下簡単にまとめたいと思います。

 

2014年7月30日

・江角マキコさんが自身のブログでママ友からいじめを受けていたと告白

http://ameblo.jp/esumi-makiko/day-20140730.html

未だに記事が残っているということは確固たる信念があるのでしょうね。

 

2014年8月21・28日合併号(女性セブン)

・週刊誌にてママ友が、江角マキコさんこそ加害者だと反論

複数のママ友(?)達から寄せられた2000文字以上に及ぶ抗議文を女性セブンが掲載して騒動に火をつけます。これにより江角叩きが勃発し、以後江角さんは逆風にさらされることになります。

 

2014年8月28日発売の週刊文春

・元マネージャーに指示して長嶋一茂邸の壁へ落書きを命じたと報じられてバッシングがヒートアップ。

その後元マネージャーは独自の判断で落書きをし、一方江角は一切関係ないと告白。江角も文春の報道で落書きの事実を初めて知ったと言っています。

落書きをしたのが2012年12月。つまり長女が小学校に入学して間もない頃です。

 

長嶋一茂さんはこの件を穏便に済まそうとしたのですが、奥さんは怒り心頭でそれを許しません。

何故か?

以下に考察してみたいと思います。

 

長嶋仁子と江角マキコの確執

長嶋一茂の奥さんは元ホステスから長嶋一茂さんのマネージャーへと転身し、その後結婚しています。名前は仁子さん。

二人の間には2004年双子の娘が生まれていますが、その娘と同じ学校に通っていたのが江角マキコの娘という事です。通っている学校は噂によると青山学院初等部。セレブっすね。

 

以下は噂話です。

当初は二人は仲がよかったらしいのですが、何かのはずみでこじれてしまったらしく、以後江角さんは実質ママ友グループを仕切っていると言われている仁子さんから嫌がらせを受け、その状況を歯がゆい思いをして見ていたのが元マネージャー。彼は辛抱たまらず独自の判断で落書きに及んだと。

江角さんも気が強そうな性格なので一方的に仁子さんに非があるとは思いませんが、どちらも引かない性格なのは間違いないでしょう。

そんな二人の認識の違いが罵倒合戦へ発展しますが、世間一般から見えているのはやはり江角マキコさん側の言動。その気が強そうなルックスが裏目に出て「江角が悪い!」となったのではないでしょうか。

 

番組降板の理由

拾える情報からは「視聴者からの抗議が殺到したため。」なんてありますが、やはり長嶋一茂邸落書き事件が週刊誌で報じられてからスポンサーも及び腰になってしまい、テレビ局が側が自主規制という形でそれに配慮した結果、徐々に出演番組が減ってきたと。その他にも、詳しくは書きませんが、話の流れから背後で何かしら策動している勢力が存在していそうです。

 

休養宣言

「仕事がなくなったのではありません。自分からテレビに出るのをやめようと決めたんです」

フライデーより

という流れの末の休養宣言です。前にフライデーにスクープされた事もあるので、その恩返しと思って上記の文を流したのでしょうかね。

 

休養宣言後

休養宣言をしても旦那の稼ぎや貯金があるだろうから困りはしないだろうけれども、実際暇じゃないっすかね?

と思って生活ぶりを調べた所、朝5時に起きて夜22時に寝るという超規則正しい生活を送っていて、その几帳面な性格はまさに専業主婦向き。

また、料理も手作りにこだわり、掃除も毎日こなし、近所づきあいも良好との事なので、引退後もなんら心配はいらないのかもしれませんよ。

そんな背景がるのでめんどくさいからこのままやめちまえ!なんて思って休業を宣言したと。

休養宣言もおそらくあくまでもバラエティに限っての事だと思うので映画やドラマなんかは今後もオファーがあれば出るような気がしますが。

良くも悪くも分かりやすい性格なだけに誤解されている部分がありそうで、尚且つ引っ込みがつかなくなったのであのような啖呵を切ったと、このように解せます。

ここで仲がいい岡村さんがなだめ役として仕事の橋渡しでもしてあげればいいのかなとも思えますが、メンタルが弱いのでどうかな…

引退じゃなくて、休養というところに後ろ髪を惹かれているような、そんな感じがいたしますよ。

以上、江角さんの今後についてのあれこれでした。

 

sponsored link

関連コンテンツ