なべおさみが安倍晋三首相にも手かざし療法で潰瘍性大腸炎が寛解か?

池江璃花子さんへの手かざし療法で物議を醸しているなべおさみさんが、多くの政治家とも接点があったと話題になっています。

話題になっているとはいっても、実は既になべさんが2014年に著した「やくざと芸能と私の愛した日本人」とう書籍の中で、安倍晋三氏の父親である安倍晋太郎氏との交遊について言及していて、それが今回の池江選手の件で表に出たという、ただそれだけのようです。

また、2015年には「やくざと芸能界」の中で金丸信小泉純一郎進次郎などとの関係をも赤裸々に綴っています。(各方面から総ツッコミを入れられるといった、そんな内容のようではありますが。)

そんなわけでなべ氏は自称政治家の友達なのか?とも思ったのですが、実はそうでもなく、小泉純一郎元総理の秘書が県議に立候補した際、その応援演説を小泉進次郎氏と一緒にやっていた、または鈴木宗男氏が選挙に立候補した際にも陰ながら尽力していた、という実績が確かにあるようです。

と、様々な情報が出る中、週刊新潮が、なべおさみが安倍首相への手かざし療法したともとれる内容の記事を書いていました。これは一体どういう事なのか?

まずは安倍首相の父親である晋太郎氏との接点から探っていきましょう。

なべおさみと安部晋太郎の関係

上述のようになべさんと安倍首相は、その父である晋太郎氏の代から交遊があったようです。なべさんの著作「やくざと芸能と~」の中で、晋太郎氏との関係について詳しく触れられていますが、その経緯が面白いので以下に抜粋要約します。

なべおさみと安倍晋太郎
1.なべ氏の結婚相手の母(義母)の弟(叔父)が北海道東北開発公庫の総裁
2.叔父から「福島交通の小鉢暦二社長が、君(なべ氏)の後援会長になりたい」と伝えられる
3.なべ氏は小鉢社長の息子と仲がよかった
4.小鉢社長から安部晋太郎氏をなべ氏の後援会の名誉会長に推薦される

というわけで、安部晋太郎氏はなべ氏の後援会の名誉会長となり、そこから交遊が始まります。しかしこれらの話は自称なので、どこまでが本当なのかは確かめようがありません。

自称かどうかはとりあえず不問に付すとして、その後晋太郎氏はなべ氏に選挙に出馬しないかと説得を試みるも、なべ氏は「役者として生きたいので絶対に出ません」と出馬を固辞しますが、晋太郎氏のあまりの熱心さになべ氏は一人の女優を推薦します。

それが扇千景さんだったと。

ほんまかいな?

安倍晋三首相との交遊~替え玉事件

仮に以上のような経緯が本当だとすれば、1980年代には安倍晋三氏となべ氏には接点があった可能性は大いにありえるでしょう。しかし事態は急変します。

1991年、世にいう替え玉事件が発生し、以後なべ氏は芸能活動を大幅に自粛をせざるを得ない状況へ追い込まれます。

奇しくも同年5月15日、安倍晋太郎氏が癌により死去

また、1983年の選挙の際になべ氏にお世話になったと話している鈴木宗男氏も、替え玉事件以後、なべ氏とは一切連絡をとらず。なんという変わり身の早さ!まさに政治家の鏡と言うにふさわしい行動です。

という経緯を考えると、替え玉事件以降、暫くの間晋三氏とも縁が切れていたと考えてもおかしくはないでしょう。

安倍首相となべおさみが復縁?

そんななべ氏と安倍首相が再接近(?)したのが2017年頃。

1952年からほぼ毎年行われている桜を見る会(内閣総理大臣主催)に、なべ氏と近親者が招待されていたのです。



 

なべおさみは安倍首相に手かざし療法をしていた!?

どのような経緯でなべ氏が桜を見る会に招待されるようになったのかは不明ですが、週刊新潮には以下のような興味深い証言が掲載されていました。

「参加者は総理と言葉を交わすことができますが、大抵の人は挨拶程度。が、昨年、なべは自分から総理に声をかけ、その後、二人でしゃがんだ状態で数分間以上話し込んでいたのが印象的でした。なべは総理の背中あたりに”しっかりしろ”といった感じで手を回しており、一体どういう関係なのかと思いました。」

週刊新潮より

つまり、2018年の桜を見る会で、なべさんは安倍首相の背中に手を回して数分間手かざし療法をしていた! 持病の潰瘍性大腸炎に関し最近は週刊誌等でも報じられなくなった背景にはこんな事があったのか!

と、解釈できなくもない内容ですが、もちろん信じるか信じないかは、あなた次第ですが。

安倍首相の口利き疑惑

その見返りとしてなのか、なべさんが最近吉本興業に所属で来たのは安倍首相の口利きがあったからとも言われています。

一体なべおさみに何があったのか?

なべおさみさんが芸能界の内情を暴露する一連の著作をを出し始めたのは2014年からで、おそらくその前後に何らかの力関係が崩れ、それをきっかけになべさんが芸能界の内情を暴露し始めたとも考えられますが、その背景の動きは想像もつきませんね。

あえて言うなら2015年に山口組が分裂している事ぐらいですが、なべ氏は3代目の田岡一雄氏との交遊があったと言われているだけで、それ以後の付き合いに関しては不明です。

以上、なべ氏首相に手かざし療法か?

についてでした。

sponsored link

関連コンテンツ