EXITかねち兼近の逮捕歴を報じた文春に非難轟々!?ツイッターの反応まとめ

週刊文春がEXITのかねちこと兼近大樹(28)に関する過去の逮捕歴を暴露して波紋を呼んでいます。

個人的には彼に関してはなんら思うところがないので、この件についてもひっかりがない(というか今彼の存在を知った)のですが、ツイッターを見てみる結構文春に対する非難も多いですね。といってもほとんどがファンらしき人のものなので、私のような外野がとりたてて文春を非難しているといったわけでもなさそうです。

という事でかいつまんで事の経緯を含め、ざっとツイッターの反応などをまとめてみましょう。

文春砲

9月5日発売の文春が報じたところによれば、兼近はデビュー前の2011年に札幌で売春の斡旋容疑や窃盗事件で逮捕歴があったそうです。これに対して吉本は文春の発売を確認後の5日の早朝にHPを更新し、「当社所属タレント兼近大樹に関する一部報道について」と題して長々と した文を綴っていますが、その内容をかいつまんで言えば、法的措置を検討しているとの事でした。

文藝春秋社に対し本件記事を掲載した行為について強く抗議するとともに、民事・刑事上の法的措置についても検討して参る所存です。

吉本興業HPより

現段階ではあくまでも検討ですから、実際吉本側が訴えるかどうかはもちろん不明です。下手に訴えてもマスコミにネタを提供してしまい、よりいっそう兼近の過去の事実が広がってしまうので、吉本側としてもあまりメリットはないような気もしますが…

事前に兼近からは相談はあった?

吉本の説明によると、じつはこの件は既に吉本側へ兼近から通達済みだったそうです。

弊社は本件事実について兼近より事前に相談を受けておりましたが、兼近がその後自らの行為を反省、悔悟し、当時の関係者とは一切の関係を断ち切り更生して新たな人生として芸能活動を続けており、また、上記のとおり未成年時代の前科という高度のプライバシー情報であることも鑑みて特段の公表はせずにおりました。吉本興業HPより

この通達がいつ行われたのかは不明ですが、うがった見方をすれば、文春から吉本側にゲラ刷りが回った時点で事の経緯が発覚した可能性も否定できず、体裁を繕うためにこのような形で発表したとも考えられますが、プライバシーを盾に発表しないというのは、企業の対応としては至極まっとうなものでしょう。当時未成年でもあったわけですしね。

が、文春の報道では

「正直いつか絶対バレることなんで、吉本にはずっと話していて。絶対に誰か気付くんで、それが今、文春さんが知ってくれたということで正直嬉しかったです。『やっと、今、言えるんだ』って! 吉本からは『誰にも言うな』『絶対ダメ』って言われて」

とります。

つまり、以前から兼近は過去の犯罪歴を吉本へ通達はしてはいたものの、悪い言い方をすれば握りつぶされていた(口止め)と。これが事実ならば吉本にとっては相当の向かい風でしょう。

このへんにも、闇営業の一件以来の、吉本の求心力の低下が見て取れますね。

ツイッターの反応

というわけでこの件に関するツイッターの反応をご覧ください。

兼近擁護派




擁護派批判派


文春批判派


兼近の対応批判派



犯罪を徹底的に叩く派



ツイッター反応まとめ

まとめると…

・兼近を擁護する人間
・兼近擁護を叩く人間
・兼近の「嬉しかった」を叩く人間
・文春を叩く人間
・犯罪、ダメ、ゼッタイ

に大別されます。

「嬉しかった」発言は微妙な問題で、誰かも言っていましたが、ここでしおらしく対応していればまた印象は変わったのですが、兼近はそうしませんでした。なぜか?

文春が報じている、以前から過去の犯罪歴を吉本に相談していた、という事が事実であれば、兼近は過去をきちんと清算したうえで芸人として出発しようとしていたという、とても勇気のある人だったのでしょう。

文春への感謝

しかし、会社側としては世間体を考えて(むろん本人たちや会社の今後も考えて)、わざわざ発表するまでのものでもないとの判断を下し、それに対して兼近は内心モヤモヤとしたものを抱えながら芸能活動をしていたのですが、文春の報道によって過去の件が表ざたになったことに対し、やっと過去を清算して再出発できるとの想いで胸がいっぱいになり、それゆえに「嬉しかった」といった文春に対する感謝のような気持が沸きあがってきたのかもしれません。

そう考えると「嬉しかった」といった時の彼の笑顔の意味が理解できるでしょう。

ということで、吉本が文春を訴えるというのはかなり難しくなってくるのではないでしょうか。

EXITの相方りんたろーの反応

一方EXITの相方であるりんたろーはツイッターで、

・犯罪の件はコンビを組むときに聞いていた。
・その事件があったからそこ、兼近は人を思いやる気持ちが人一倍強い
・たったひとりになったって僕だけはあいつを肯定していやりたい

といった趣旨の発言をしています。


つまり兼近が文春に対して答えていた「過去の件に関しては吉本に既に通達済み」というのはおそらく本当であり、文春に暴露されて「嬉しかった」という兼近の発言も、おそらくは本心からのものであったのではないでしょうか。

しかし吉本にとってこのタイミングでの文春の報道はまさに泣きっ面に蜂といったところでしょう。

今後各局のワイドショーが吉本に忖度するのか、それとも世論に忖度するのか?楽しみですね。

sponsored link

関連コンテンツ