黒後愛の強さの秘密は家族と生い立ちにあった?可愛い画像も大特集!

2020年の東京オリンピックに向け、各種競技では選手強化が進んでいます。その中で最近注目を集めているのが女子バレーであり、エースの黒後愛選手。バレーボール一家に生まれたことが彼女の強さにつながっているとか。また、可愛いルックスはネットでも大変評判を集めています。

今回は黒後愛選手の強さの秘密について掘り下げます。

黒後愛選手のプロフィール

黒後愛

プロフィール
名前:黒後愛(くろご あい)
生年月日:1998年6月14日
出身地:栃木県宇都宮市出身
身長:180センチ
最終学歴:下北沢成徳高校卒業
在籍チーム:東レ・アローズ

下北沢成徳へ進学

黒後愛選手は、中学卒業後に地元栃木を離れ、バレーボールの名門校である下北沢成徳高校に進学します。この頃は髪型のせいか、正直あまり可愛いとは思わなかったのですが…というか、そういう目で見ていなかったのですが、卒業後はがらりと、いい意味で豹変しましたね。

MVPに輝く

2014年には東京オリンピック強化選手に選出され、全日本のユース代表に選出。2016年の春高バレーで下北沢成徳高校が優勝、黒後選手はMVPに輝きました。その年の5月に行われた黒鷲旗全日本男女選抜バレーボール大会では、プレミアリーグに在籍するデンソーに勝利し、話題を集めます。

東レへ入団

2017年も下北沢成徳高校が春高バレーを制し連覇達成、黒後選手も再びMVPとなります。黒後選手を獲得しようとする動きが盛んに行われる中、多くのスター選手が在籍した東レ・アローズに入団が内定し、初年度で最優秀新人賞を獲得。また、高校卒業のタイミングで全日本の代表に選出されると、チームのエースとして君臨します。今最も勢いがあるバレーボール選手です。

黒後愛選手の家族と生い立ちと強さの秘密とは?

飛ぶ鳥を落とす勢いで急成長を続ける黒後愛選手ですが、その強さの秘密は家族にあります。以下に家族について簡単にご紹介しましょう。

黒後洋

父親の黒後洋さんは宇都宮大学の女子バレーボール部の監督を務め、大学の教授も務めています。

黒後綾乃

黒後選手の姉の黒後彩乃さんは國學院栃木で春高バレーに出場、その後、父親がいる宇都宮大学に進み、バレーボール部に入ります。

バレーボールを始めたのは小学3年生から

一家揃ってバレーボールプレイヤーだった黒後家、黒後愛選手は家族の影響で小学校3年生からバレーボールを始めることになります。

英才教育も相まってか、中学2年生の頃には全日本中学選抜に選ばれ、3年の時には全国都道府県対抗中学バレーボール大会に栃木県代表として出場します。惜しくも2回戦で敗れましたが、その年の優秀選手賞を獲得しました。

負けず嫌いな性格

強さの秘密は、負けず嫌いな性格。子供の時は運動会の徒競走はもちろん、ちょっとしたジャンケンで負けるだけで泣いていた黒後選手。現在は勝負をつける必要がない、ウォーミングアップなどでも負けないように意識。

試合に負けるとその場では取り繕うものの、部屋に帰ったら感情を爆発させるなど可愛らしい風貌に似つかわしくない姿を見せます。強さの影には負けん気の強さが隠されていました。

黒後愛選手の可愛い画像と、ネットでの反応について

黒後愛選手、とにかく笑顔がかわいらしく、東レ・アローズのユニフォーム、日本を背負って戦う姿などもネットでは評判を集めます。

ザッとその反応を見てみると、「意外とイケメンな感じがして好き」だとか、

「笑うとスマイルマークみたいになって可愛い」とか、「化粧をしなくてもいける!」など様々。

私服姿の黒後愛選手がまた可愛らしく、試合で時折見せる笑顔もいいですが、プライベートで見せる笑顔もまた素晴らしいです。2020年、表彰状の一番上で金メダルを手に、笑顔を見せる黒後愛選手を見てみたいものです。

こちらはお姉ちゃん。

人懐っこい感じですね。

まとめ

日本の若きエースとして取り上げられる黒後愛選手ですが、本人曰くまだまだ実力不足とのこと。まだ21歳、東京オリンピックでは22歳と。むしろここから選手人生のピークを迎えようとする時期。その中で目一杯の期待と成果を求められることで、重圧は相当なものでしょう。それでも持ち前の負けん気と、笑う門には福来るという明るさ、日の丸の責任感で、日本中の期待に応えられると信じて、これからも応援したいです。

sponsored link

関連コンテンツ