柴田千代のお店チーズ工房【千】senの口コミや評価は?結婚はしている?

昭和の頃にはチーズと言えば、いわゆるプロセスチーズが主流でした。しかし平成に入ると今度はナチュラルチーズが人気となり、チーズと言えば実質的にはナチュラルチーズを指すほどとなります。

 今回はこのナチュラルチーズの魅力に取りつかれ、女性一人で黙々とチーズを作り続けている柴田千代さんとそのお店「チーズ工房【千】sen」について口コミ、そして結婚しているかどうかをも含め調べてみました。

柴田千代のプロフィール


プロフィール
柴田千代(しばたちよ)
・1980年生まれ
・チーズ職人
・千葉県富里市出身
・東京農業大学卒

その昔、柴田さんはエールフランスの整備士だった父に連れられて行ったフランスで、日本では味わえないチーズの美味しさに魅了されます。大学卒業後、そのフランスと北海道でチーズ職人として修業。その後、チーズ工房【千】senを立ち上げます。

そういやどことなくフランスの血も混じっていそうな顔立ちのようにも見えますが、両親についての詳しい事情はわかりませんでした。

月イチ営業のチーズ工房【千】sen


柴田さんが営むチーズ工房【千】senは千葉県の大多喜町にあります。住所は千葉県夷隅郡大多喜町馬場内178。


周りを山に囲まれたのどかな集落にある古民家。ここで柴田さんは日々、チーズ作りに勤しんでいます。営業は月イチで第1日曜日のみ。元々、バイオテクノロジーセンターで働きながらの、2足のわらじ状態での運営だったため、こうした月イチの営業になったそうです。

しかし務めていた会社を退職した後も、きちんとしたチーズを作りたいということで、この営業日は変わっていません。

柴田さんは結婚しているのか?子供は?

柴田さん、結婚はしていらっしゃるのでしょうか?

そのへんの事情をちょいとネットで調べたところ、一切情報がありませんでした。つまり、真相は不明。しかし月一の営業で賄い切れているという事は、独身の可能性が高いような気がしますが…

或いは共稼ぎ、または親父さんがエールフランスという大企業に勤めていた関係で家がお金持ちとか、いろいろ想像はつきますが、全て憶測にすぎません。

気になる口コミは

柴田さんの経営するチーズ工房【千】senの評判ですが、ネットの口コミによれば、かなりの高評価です。

千にはカフェスペースもあり、チーズを使った軽い食事もできるようで、自家製ベーコンのサンドイッチやデザートチーズ、そして農林水産大臣賞受賞の竹炭を使ったチーズなどがあります。

口コミではどれもけた違いの美味しさということで、わざわざ千葉県の山の中まで行く甲斐はありそうです。

・「濃厚な味」
・「フレッシュさが違う」

などスーパーなどで売っているチーズとは別物といった感想が多くありました。

また、大自然の中という、そんな場所柄が関係しているせいか、各種イベントも盛りだくさん。

好きな事をマイペースでやっているようで、はたから見ている限りにおいてはとても幸せそうに見えますね。

柴田さんのチーズが特別なわけ

 さて、チーズを作るのは乳酸菌と酵母が必要となってきます。この2つの組み合わせによって、様々なチーズができるのですが、日本では専門の業者がこの2つをセットにして販売しています。

そのため、どのメーカーのチーズも同じような味になるわけです。しかし柴田さんは乳酸菌と酵母を別々に仕入れ、独自の組み合わせでチーズを作っています。そのため柴田さんのチーズは個性的でどこにもない風味と味わいなのです。

まとめ

月イチの営業ということで、同業者からはいろいろと言われた柴田さん。それを持ち前の反骨精神で跳ね返し、女性で初めて「農林水産大臣賞」に輝きます。日本一のチーズ職人となった今でも、日々の研究は怠らず、新しいチーズ作りを続けているのです。

sponsored link

関連コンテンツ