渋川駿伍のwiki的プロフィールを詳しくまとめ!ポップコーン協会とは?

今回はマツコの知らない世界で特集されるポップコーン協会の渋川駿伍さんについてプロフィールを中心にまとめました。

2019年7月29日現在、wikiが作成されていないので、それほど有名な方でもないのでしょうが、肩書がJAPOCO日本爆裂豆協会会長(爆裂豆=ポップコーン、つまり日本ポップコーン協会の会長)ですからね、多分偉い人なのでしょう。

元々このポップコーンはどういったものから作られているのか、そもそもどういった作り方をしているのか、といった基本的なことさえもあまり知られていないのですが、あえて知りたいとも思わないという人が大部分なのではないでしょうか。

多分、そんな状況に業を煮やしたのでしょう、渋川さんは前述の通り日本ポップコーン協会を立ち上げた、というわけです。そんなわけで今回は渋川さんのプロフィールとそのポップコーン協会について調べてみました。

渋川駿伍のプロフィール

プロフィール
名前:渋川駿伍
生年月日:1998年4月
出身地:長野県

JAPOCO日本爆裂豆協会会長
(株)noFRAME shools代表取締役

高校卒業後、ギャップイヤー中にヒッチハイクで全国を回っていた時のこと。和歌山県の農家さんからポップコーンの種を貰い、そのおいしさに感動。そのポップコーンの素晴らしさを全国の人々に知ってもらおうと日本ポップコーン協会を立ち上げました。

他にも学習コンシュルジュサービスを提供している株式会社noFRAME schoolsも起業します。

ギャップイヤーからポップコーン協会設立まで

ギャップイヤーというものがあります。これは高校卒業後から大学入学まで、または大学卒業後から大学院へいくまでの期間のことです。この期間を利用して例えば旅行をしたり語学留学をしたり、あるいは学費を貯めるためにアルバイトをしたりして、学校では得られない貴重な体験や経験をして豊かな人間性を養うことができるのです。

このギャップイヤーで渋川さんはお金を使わずにどこまで行けるのか、ということに挑戦していたそうです。その途中、和歌山県に立ち寄ったときに、農家の方にポップコーンの種を貰ったときのこと。その種でポップコーンを作った渋川さん。農家の人たちがとても喜んでくれたということで、ポップコーンの可能性に気付いたと言います。

そこからポップコーン協会や会社を立ち上げ(2018年4月19日)、「ポップコーンは笑顔の種であれ」を哲学として、ポップコーンの普及に努めています。ポップコーン協会の活動としては、イベントなどでポップコーンを作ったり、あるいはポップコーン検定なるものを作り、ポップコーンマイスターを育成するなどというものです。

ポップコーンを通して、全国の人々を笑顔にするということがこのポップコーン協会の基本的な方針ということでした。

こんなんで採算がとれるんかいな? なんて思わずにはいられないのですが、資本金が1万円で、後はエンジェル投資家から資金調達を実施しているので、それなりに勝算があるのでしょう。因みに本社所在地は恵比寿ガーデンプレイスです。

株式会社noFRAME schools(本社:東京都渋谷区、代表取締役:渋川駿伍、URL: https://noframeschools.com/ 以下「当社」)は2018年10月31日、エンジェル投資家の相川光生氏を引受先とし、第三者割当増資により資金調達を実施しましたことをご報告致します。今回の資金調達で更なる経営基盤の強化を図ります

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000037754.html

マツコの知らない世界に登場

ポップコーン協会の会長、渋川駿伍さんですが、2019年7月30日放送の「マツコの知らない世界」に出演されます。この番組はタイトルに示されている通り、マツコ・デラックスさんの冠番組で、ある極めて限定的な世界に人生を捧げた人を紹介するという内容となっています。

ゲストはほぼ素人の方ばかりで、自分がハマっている世界をマツコにプレゼンしていくのです。この番組に渋川さんが出演。自らが会長を務めるポップコーン協会とその活動、ポップコーンの魅力について熱く語ります。ポップコーンの本当の美味しさにマツコは感激(の予定)です。

まとめ

最近の若い世代は何かに夢中になれるという環境にありません。

しかし渋川さんはポップコーンに魅了され、その世界を全国に知ってもらおうと日々活動しています。くだらないとおっしゃる方もいるかもしれません。しかし、熱くなれるものを持ち、それを行動に移すことが、その内容よりも大切なことなのです。

渋川さんは他にも様々な活動をしています。思いついたらまず行動。若さが成せる業でしょう。人は年齢を重ねるにつれ、臆病になっていきます。そんな臆病者の皆さん、この番組を見れば、ポップコーンの魅力を知ると同時に、渋川さんの行動力に勇気を貰えるはずです。

おすすめポップコーンメーカー

ポップコーンついでに、自宅で簡単にポップコーンを作れるポップコーンメーカーをご紹介しましょう。

※画像クリックでアマゾンへ飛びます。

ポップコーン初心者におすすめなのがこちらのマシーン。値段が2,980円と手ごろなので買いやすいのではないでしょうか?

次は業務用マシーン。外観はいかにもという感じで本格的ですが、値段は32,238円と手が出せないというほどの事でもないでしょう。

それでも高いと言う人にはこちらがおすすめ。かわいらしい外観で5,159円。家に1台常設してるだけで結構その場が盛り上がると思いますよ。

以上、ポップコーンマシーンについてでした。

sponsored link

関連コンテンツ