【韓国スキャンダル】スンリゲート事件とは一体何か?わかりやすく解説。

韓国のエンタメ界に衝撃が走っています。韓国のアイドルグループ「BIGBANG」のメンバーだったスンリが、自らが参加するクラブで投資家に対し性接待を持ちかけていたという疑惑が浮上したためです。韓国では結構な騒ぎになっていますが、なぜか日本ではあまり取り上げられておらず、K-POPが大好きな女性たちだけが行方を見守っている状態です。

スンリゲート事件(バーニングサンゲート)とも呼ばれ、芸能界だけでなく韓国の政財界にまで話は広がっている最中ですが、そもそもスンリゲート事件とはどのような事件なのか、そのあたりをまとめました。

スンリゲート事件の概要について

それでは以下に時系列を追ってスンリゲートの概要を見ていきましょう。

男性客が逮捕される


事の発端は2018年11月末、バーニングサンというクラブで暴行事件が発生したことがきっかけです。女性客がセクハラを受けているので止めに入った男性客が、店員に暴行され、挙句の果てに業務妨害で警察に逮捕されてしまいます。

スンリは関与を否定

そのクラブで理事を務めていたのがスンリでした。スンリは関与を否定し、理事も辞めていることを明らかにしました。当初は関与をうかがわせる証拠がなかったため、自らのソロコンサートをスタートさせるなど、影響は限定的とみられました。

 マスコミによる報道とカカオトークのログの流出


しかし、2019年2月になって一部マスコミが、スンリがクラブを利用し、投資家などに性接待を行おうとしていたという疑惑を報じます。カカオトークを使って、スンリが店員に性接待を指示するやり取りが報道されたことで、韓国中は大パニック。

スンリ芸能界を引退

スンリのソロコンサートが3月に大阪で開催予定でしたが、この影響で中止に追い込まれます。

その後、スンリの友人である男性歌手が、女性との性行為を動画撮影し、スンリを含めた複数の芸能人と動画を共有していたことが判明。この一件を受け、スンリは芸能界引退を表明。複数のアイドルグループのメンバーの名前が浮上し、全員が引退に追い込まれた他、盗撮を行った男性歌手が逮捕され、容疑を認めることに。

警察や政財界との癒着?

他にも、アイドルグループのメンバーの1人が飲酒取締りで摘発を受けたのに、警察に揉み消してもらったという事実も発覚。さらにこの騒動は芸能界だけでなく政財界にまで拡大し、発覚からしばらく経った今も、混乱は続いています。

日本人への性接待疑惑とは?

スンリへの疑惑が報道され続ける中、韓国では、日本の建設会社の関係者が韓国に来た際、スンリが接待を行い、さらに、性的な接待を目的に日本に女性たちを送り込んだという疑惑が報道されました。この建設会社の社長は、日本人であれば誰もが知る人気女優を妻にしており、スンリとも関係性が深いとされています。

お隣の国で発生した騒動を冷ややかな目で見ていた日本人でしたが、実は日本人も関係していたという疑惑が急に浮上したことで、最近になって関心を持ち始めた人が多々見受けられます。

韓国で大騒ぎされているのになぜ日本では報道されないのか?

韓国の芸能界を根底から揺るがす大スキャンダルに対し、日本では一部の夕刊紙が積極的に報道する程度で、テレビやスポーツ紙が頻繁に取り上げる形跡はあまり見られません。それはなぜでしょうか。

スンリが所属するBIGBANGと関係を持つ業界人が日本に多く存在することが、その理由とも言われています。韓国では建設会社社長の実名が公表されていますが、日本では一部ネットニュースや週刊誌が報道するのみ。

もっとも、スンリ自身が逮捕されているわけではなく、そもそも性接待に関する捜査もまだ途中の段階。もう少し情勢を見極めてから報道を行いたいという見方や、独自取材をするほどの余裕がないというテレビ局側の事情もあるのでは?などとネット上で語られています。

以上、スンリゲートについてでした。

 

sponsored link

関連コンテンツ