高橋祐也は病気なのか?youtuber宣言でネットの反応は?

「最近の若い奴らは」という言葉は、誰もが若い頃に大人から度々言われてきたものです。しかし、いざ自分が大人になると、今度は逆に若い世代に対して、同じようなことを思ってしまうものです。

よくよく考えてみると、「若い奴ら」を生んで育てたのは大人です。ただ、ほとんどの場合、大人はそのことに気付きません。さて、芸能界にもそんな、子育てを間違ってしまい、そしてそのことに全く気付いていない親がいるわけです…が、それは後に話すとして…

今回は何度も薬物使用により逮捕され、挙句の果てには「youtuber宣言」をしてしまった高橋祐也さんにつていて、ネットの反応などからね、その動機を探ってみました。果たして彼は病気なのか?

高橋祐也のプロフィール

https://miima.jp/

プロフィール
名前 高橋裕也 本名同じ
生年月日 1979年12月9日
出身地 東京都
血液型 O型

家族について

https://www.news-postseven.com/

母親はご存じ、女優の三田佳子さんで、父親はNHKの元放送総局エグゼクティブプロデューサーの高橋康夫さん、兄は舞台俳優の森宮隆さんという、ここだけを見れば、まさに華麗なる一族と言える家系に、高橋祐也は生まれました。

1度目の逮捕

インスタグラムより

高橋は神奈川県横浜市の森村学園高等部へ入学し、そのままお坊ちゃまとしておとなしく卒業するのかと思いきや、なんと高校生という身分でありながら、覚せい剤取締法違反で逮捕されます。未成年、初犯ということで保護観察処分となり、当然、高校は退学。そしてここが、高橋のヤク漬け人生の始まりとなります。

結婚と離婚と再婚

高橋は2010年2月2日に一般女性と結婚。

https://fakementary.com

数年間の交際を経ての入籍となり、その年の9月30日には第一子が誕生。そのまま幸せな結婚生活を送ると、誰もが……思うわけがありません。

2018年10月に覚せい剤取締法違反の罪で、なんと4度目の逮捕となります。

しかし世の中には先人という偉大な人がいるもので、清水健太郎さんは通算6回の逮捕歴を持っています。

この記録に着々と近づいているこの高橋は、その一般女性と離婚協議中ということですが、驚くべきことに、次の再婚相手が決まっているのです。それが元乃木坂46の大和里菜さん。

元アイドルということですが、彼女もまたトラブルメーカーで、2014年に未成年でありながら、六本木のバーで飲酒と路上での抱擁からのキスが報道され、乃木坂を即クビになります。

高橋と大和の関係は2016年頃からなので、つまり二人は当時から不倫関係にあったのです。

この関係が公になったのは、高橋のDVに耐えきれなくなった大和が警察に逃げ込んだことがきっかけでした。しかしその後、示談交渉をしているうちにまた寄りが戻り、現在大和は妊娠している、という情報もあります。

DVを受けながら、結婚を考えようとする大和は以前、「(高橋に)会えば3万円くれる」ということで暴力を振るわれながらも会っていたという証言もありますし、示談金で150万円手に入ったということで、それらを考え合わせれば、悪く言えば金に目がくらんでずるずる交際していた、のかもしれません。

高橋祐也が突如のYou Tuber宣言とネットの反応

そんな高橋、今度は突然の「You Tuber宣言」をしてネット民を沸かせています。薬物の更生施設に入ったアラフォー無職のこの宣言に、ネットでは「発想が小学生」「汗水流して働け」と言った批判が多く上がっています。

中学生の頃から月に50万円の小遣いを貰っていた彼が、まともに働こうと思うはずがないのは至極当然としても、これからユーチューバーとして成功するにはかなりの企画力が求められるでしょう。

数年前なら芸能人としての知名度である程度収益を挙げられたでしょうが、今は多くの強豪がひしめき、しかも1再生あたりの単価も激減。相当話題性がないとやっていけないのが現状です。

高橋祐也がユーチューバーとして成功するための方法?

ただ、有名ユーチューバーとコラボをするならひょっとしたら活路を見出せるかもしれません。例えば多くの犯罪を犯した芸能人を救うべく立ちあがっている有名ユーチューバーのシバターさん。とりあえずは彼と一緒にパチスロ配信をして再起のきっかけを掴むという方法もありかもしれません。

再生数を稼いで生計を立てていくなら正直ネタに走るしかないと思いますが、そこまで高橋がふっきれるかどうかは未知数です。

彼がユーチューバー宣言をした背景には、いかなる状況下でも支えてくれた大和の姿があった、との報道もあるので、真に彼女の事を思い、そして生まれてくる子供の事を考えるなら、ひょっとして起死回生の一発があるかもしれません。正攻法での一例を挙げるならば、全世界の薬物依存症更生施設を巡って惨状をつたえ、薬物撲滅に取り組む姿勢を見せるとか、それならある程度は再生数を稼げるかも?(とりあえずの製作費は親持ちで)

高橋の病気は三田からの伝染病

それにしても高橋は何故こんなにも世間からずれてしまったのでしょうか?やはり母親である三田の責任は大きかったのか?

高橋は幼少の頃から、両親ともに仕事で忙しくて構ってもらえられなかったそうで、親としてはせめてお金だけでも不自由なく、との思いがあったのでしょう。そんな善意の発想からの行為にもかかわらず、働かなくてもお金に困らないという環境が出来上がってしまいました。

その結果が、高校生で覚せい剤取締法違反、その後、2000年には自宅の地下室で覚せい剤パーティーを行い2度目の逮捕、2007年はコンビニのトイレで覚せい剤を吸引し、これまた逮捕。そして2018年にも同様の罪で4度目の逮捕となってしまいまいた。

他にも、関東連合の抗争で一般人が被害にあう事件があり、このとき犯人に車を貸していたのも高橋。

さらに驚くげきことに、4度目の逮捕時、高橋は三田から一日に15万円の小遣いを貰っていて、家族カードの利用額が月に200万円を超えていたということです。本来親から与えられるべきものは、充分なお金ではなく充分過ぎるほどの愛情でしょう。(忙しくて構ってやれなかった代償として与えられたお金が、三田にとっての愛情だったという解釈もできますが)

愛を与えられずに育ったらこんな大人になるのは至極当然でしょう。ただ、普通はどこかで気付くはずですが、そんな事もなく、ずるずると行く姿はまるで病気。そしてその病原菌は結局は三田にあったのでしょう。そういう視点でみれば高橋は被害者と言えなくもないかもしれません。

性格なら変えるのは難しいでしょうが、病気ならいつかは治るかもしれません。そんな高橋の更生に一縷の望みを託しているのが、おそらくは嫁であり、これから生まれてくるであろう子供だと本人が自覚するならば、ひょっとしてひょっとするかも?

まとめ

お金は大切なもので、世の中のほとんどの悩みやトラブルはお金で解決できます。ただ、そのお金も使う人によって、よくも働きますし悪く働くこともあります。テレビのバラエティ番組で、2004年の時点で生涯収入が47億円と、どや顔で暴露した三田。さらには4億5千万円のマンションのローンを10年で返済したとも言い、スタジオ内を一気にシラケさせました。そんな世間との金銭感覚のズレが、ひょっとしたら高橋という存在に体現されたのかもしれませんね。

sponsored link

関連コンテンツ