有安杏果に熱愛新恋人&結婚も相手が48歳精神科医で洗脳騒ぎに大発展か!

元モモクロクローバーZの有安杏果(23)が、48歳精神科医との熱愛をフライデーにスクープされました!なんと歳の差25歳以上!親子ほども離れた年齢差には驚きましたが、さらに驚いたのは、その彼が有安とは「社長=所属タレント」「医者=患者」という関係にあったという点。

今回のケースでは、一般的に言われている、社長は所属タレントに手を出してはいけない、医者は患者と適切な距離をとらなければいけない(特に精神科医において)、という不文律を犯している、つまりは二重の意味で禁を犯しているわけでなのです。

さらに、その関係は、一歩間違うとパワハラ、洗脳、マインドコントロール、ともとられかねないという、非常に危うい状況なので、これはマスコミの恰好の餌食になってしまいそうです。

という事で二人の間にいったいどのような事が起こっているのか?

調べてみました。

有安杏果の熱愛相手の名前は?

今回の有安の交際相手の名前は児島直樹氏。スピリチュアでお馴染みに江原啓之似。しかも体型まで。

スピリチュアルカウンセラー江原啓之さん

年齢は48歳。東京都杉並区のあんずクリニックという病院で院長を務めています。彼は2008年に同院を開業し、現在では多数の患者を抱え、さらには講演会をこなし、都内にある高級マンションに住んでベンツを乗り回すという非常にやり手の人物。

ツイッターもやっていたようですが、現在は削除されています。

https://twitter.com/kojima1009

二人の出会いは?

そんな彼と有安との出会いは2016年頃と言われています。ご存知の方もいると思いますが、以前から有安はグループ内での自分の立ち位置に悩んでおり、ネットでは虐められているのでは?などとささやかれていたのですが、どうやら有安の静かな性格が災いして、他のメンバーとの間に距離があいてしまった、つまり、他のメンバーが意図的に彼女を疎外したわけではなく、「なんかノリ悪くね?」というのが重なって次第に疎遠になってしまった…というのが真相のようでした。

そんな悩みを相談した相手が児島だったと。児島も有安にアドバイスをしているうちに情が移ってしまったのでしょうか、有安のソロライブでは関係者席に座るほどの存在になったそうです。

独立を仕掛けたのは児島?

そして児島の相談を受けているうちに、次第に有安の行動に変化が現れます。物静かな彼女が事務所に対し注文をつけたり、「ソロ活動がしたい」と言ったりと、児島と出会う前には考えられない行動に走るようになったとか。周囲は反対するも、頑として聞き入れず、親の電話にも出なくなる有様。挙句の果てには個人事務所を立ち上げ独立。しかも社長は児島で事務所の住所はあんずクリニックと同じ。この状況に対しメディアからは「洗脳されたのでは?」などという物騒な声も上がり始まりました。

さらに有安が独立するにあたり、間に立ったのは児島だったというおまけつき。

似たようなケース

古くは元貴乃花親方と整体師の関係、近年ではのん(本名能年玲奈)と滝沢充子(生ごみ先生)との関係に見えるように、アドバイスを受けているうちに次第にその人物の影響下に入ってしまい、マスコミからは「洗脳」という声があがるのは定番なのですが、これには原因があります。

それはマスコミとのコミュニケーション不足。今回の件で児島は事務所社長にもかかわらず一切発言無し。これではマスコミに根掘り葉掘りされるのは仕方がないでしょう。代わりに矢面に立たされたのが有安だったと。

このような状況が続けば繊細な有安の神経は長くは続かないでしょう。そうならないためにも児島は早急に対処すべきではないでしょうか。

有安は洗脳されたのか?

結果から見るならば児島は有安を引き抜いたという事になりますが、有安は自身のツイッターで「児島とは結婚を前提に交際しています」とのコメントを出しているので、人生のパートナーとして、そして共に今後仕事をしていこうとの意思があると解釈するならば、洗脳という言い方は微妙。

しかし世間はそう解釈しないというのもまた事実。

さらに有安を引き抜かれた事務所としては収まらないでしょう。その意を受け、そして大衆の支持を受けたマスコミが今後この件を根掘り葉掘りする事は避けられないのではないでしょうか。

以上有安結婚す!

についてでした。

sponsored link

関連コンテンツ