日本代表ガーナ戦で完敗も実は想定の範囲内だった?ガーナ監督「ドンマイ」

先日西野JAPAN初の国際試合が日産スタジアムにて行われた訳ですが、

結果は0−2。

ガーナ代表相手に完敗。

試合後はネット上では袋叩きに…

という散々な結果でした。

直前の監督交代劇といった理由も大いになったのでしょうが、日本代表は力及ばず白星を飾れませんでした。

本番に向けて不安しかないっすね。

という事で、今回はガーナ代表に完敗した日本代表の敗因を探ってみたいと思います。

 

ガーナ戦完敗について

 

ガーナ戦では先日の公開練習から試していた3−4−2−1システムを導入しましたが、

ネット等では「初めての公式試合で本当に機能するのか?」

などと言った声が多かった印象ですね。

 

なぜ、西野監督は初フォーメーションでガーナ戦に望んだのか気になる方もいるかと思いますが、それは試合前日の西野監督のコメントにヒントがありました。

「模索しながらチーム作りをしている」

いわば実験的な試合でもあったわけなので、大敗という結果も好意的にとれば想定の範囲内ということもできるかもしれませんね。

んなバカな。

システム(3−4−2−1)

攻撃面

攻撃においては相手ゴールを揺らす気迫があまり感じられなかったですね。

攻撃の中心であり、今季でパチューカを退団した本田もゴール前でチャンスがあったが決めることができず、なかなか攻撃に参加できなかったという印象が拭えません。武藤もチャンスはたくさんありゴールを決めれる場面が多かったのですが、ネットを揺らすことができずに終わってしまいました。

パスに関しては、近くの選手間でのパスが多く、リズムが一定で素早さがなかったような気がします。裏に飛び出しゴールに繋げるパスもなく、連動性にも欠けていました。

監督交代し、短期間でチームを立て直す事に直面したであろう選手達ですが、ここはなんと奮起して、少しでも不安を打破する姿を見たかったですね。

残念。

 

守備面

守備面では初の3バックでなかなか連携することができず。

そんな好きを相手に突かれてしまい、攻められる場面がたくさんありました。

さらに、焦ってファールを取られ、FKで点数を決められて先制を許してしまったのもいただけない。

日本の欠点の1つである守備ですが、フィジカルが弱く、海外選手は日本人よりも身長も体も平均的に高いので海外選手にも負けない体を作りが必要だという事を痛感した試合ですが。(毎度まいどの事ですが)

相手との1対1でドリブル突破や、数人でボールを取りに行くがボールを奪えないなど、簡単にボールを前に運ばれる事が多かったですが、本番のW杯でも3バックを起用する場合は、守備はこれ以上に磨かねば先に失点され敗因の原因になりかねないですね。

 

西野監督采配について

急遽監督に就任し、初采配でハリルホジッチ前監督が採用したことがなかった3バックを思い切って起用した西野監督。

「トライはできたが、勝つこと前提だった。結果が出ず残念です」。

今回の采配について、ガーナ代表 アッピア監督に「守備が少し弱かった。寛大な気持ちでいてあげてください」とフォローされるも、どうもなめられてしまった感がありますね。

W杯の出場を逃したガーナ代表に完敗を喫し、たくさんの課題がある西野JAPANですが、新システムは崩壊的となった今、残りの短い期間でどう改善して行くかが課題でしょう。

そしてまずはグループステージ突破へ向けて頑張ってほしいですね。

サッカーはある意味「情報戦」でもあるので、相手を徹底的に分析し、戦術を組み直して何とかW杯に間に合わせて欲しい次第であります。

 

ロシアW杯日本代表メンバーについて

 

本日(5月31日 午後4時)にサッカー日本代表 W杯のメンバー23名が決定し、発表されました。

おなじみのメンツである、主力の長谷部誠(フランクフルト)、本田圭佑(前パチューカ)、香川真司(ドルトムント)、岡崎慎司(レスター)が等が選出されました。香川、岡崎は怪我でメンバー選出は危ぶまれていたのですが、見事復活を果たし、これにて前回大会の主力攻撃陣が揃った感がありますね。

その他は、槙野智章(浦和)、宇佐美貴史(デュッセルドルフ)、柴崎岳(ヘタフェ)ら、チームの約半数が初のW杯代表選出。

残念ながら、井手口陽介(クルトゥラル・レオネサ)、三竿健斗(鹿島)、浅野拓磨(ハノーバー)は落選。

日本代表は6月2日に事前合宿地のオーストラリアに行き、8日にスイス代表(ロシアW杯出場)、12日にパラグアイ代表(ロシアW杯出場)と国際親善試合を行い、その後決戦の地ロシアに向かう予定です。

W杯は6月14日開幕 

日本代表の試合日程なのですが、

1次リーグ

19日 コロンビア

24日 セネガル

28日 ポーランド

とそれぞれ対戦。

 

今後の日本代表について

今は残り少ないロシアW杯まで、いかに今回の敗戦を生かし、次のスイス代表とパラグアイ代表戦で本番への自信をつけていけるかが今後の課題となりますね。

西野監督はロシアW杯後はおそらく退任すると思われますが、日本サッカー協会としては次期監督は日本人監督で行く方針を述べていました。

しかし日本サッカー界について言えば悪いことばかりではなく、今季はスペイン代表でバルセロナにて長年プレイしてきたイニエスタ選手が移籍するなどと、海外で活躍してきた選手がJリーグで一緒にプレイできることはチームだけではなくJリーグ全体に影響を与えると思われます。

一方、日本人の海外組は出場機会を増やすために移籍などし、試合をこなしていきレベルを上げてきている、という事も見逃せません。

しかし問題はW杯1次リーグ突破ができるかどうか…

まずはそこですね。

-八咫烏-

sponsored link

関連コンテンツ