貴乃花はハメられた!?タニマチから漏れた日馬富士騒動の真相とは?

「私は完全にハメられた」「本当のワルは白鵬」

との刺激的なタイトルが並んだ本日発売の週刊新潮。

同誌によると、今回の一連の騒動の根底にはどうやら相撲協会の隠蔽体質があったようで、貴乃花親方の非協力とも見える態度も、協会側の煮え切らない対応に対するあてつけだったようです。

スポンサードリンク

という事で、今回は貴乃花親方の沈黙の理由等に関し、貴乃花のタニマチから漏れた情報を元に、週刊新潮の報道をまとめてみました。

 

タニマチの証言

マスコミの前では頑なに口を噤んでいる貴乃花親方も、影では長年自分を支えてくれた複数のタニマチへ相談をしていたらしく、その中の一人から週刊新潮がその内容を引き出すことに成功したのですが、それらをかいつまんでまとめると以下の通り。

 

1.貴乃花は貴ノ岩から事件の経緯を聞き出すと、日馬富士の師匠伊勢ヶ濱親方へ連絡。

 

2.両者共に対処法に窮し、結局は伊勢ヶ濱親方が協会へ報告するという形に落ち着く

 

3.その後に耳に入ってきた他の理事の言動から、伊勢ヶ濱親方は協会へ報告したものの、協会側からなるべくおおごとににしないようにとの指示があったのではないか、という疑念がわく

 

つまり貴乃花、伊勢ヶ濱両親方の間では、事件直後、一応話し合いはあったものの、協会側の判断から、その後貴乃花側へは具体的な指示がなく、(ここまでが証言)

(おそらく仕方なしに)貴乃花は被害届を警察へ提出したと。

 

その後、貴乃花が貴ノ岩の相撲協会側からの事情聴取要請を断った経緯についても、

4.警察の捜査の目処がつくまで相撲協会の事情聴取には応じない

 

5その理由を協会側へ説明しようとしたところ、元スポーツ報知の広岡勲理事補佐に遮られ、何も説明できず。

等と話している事から、

当初貴乃花は相撲協会への事情聴取に応じない理由を説明する意志はあったものの、理事補佐に遮られてしまい、結果的に相撲協会の事情聴取に応じない悪者との印象が流布してしまった、と。

 

その結果貴乃花は

「私は完全にハメられたと感じています」

とタニマチへ漏らしていたようです。

 

情報戦の一環か?

頑固一徹、清廉潔白な貴ノ花が相談するくらいのタニマチが、乃花の吐露した重大な心情を安易に漏らすというのも信じられませんが、穿った見方をすれば、これらのタニマチの証言も貴ノ花側が仕掛けた情報戦の一環だとするならば一応納得はできますが…

或いは、事件の確信に迫るような大切は情報だけに、貴乃花もよほど信頼している人物に相談したわけでしょうから、漏れようがもれまいが、その後の事はタニマチ任せ、という覚悟を決めていたのかもしれませんね。

いずれにせよ、真相は藪の中。

 

以下は貴乃花のガチンコぶりについての証言です。

参考までに

「…ほかの関取を交えて星を回すのかなど、細かい打ち合わせにも走らされたものです。我々は、そんな汚い部分を見てきた世代なんです。ガチンコだけで横綱になった貴乃花は、本当にすごいですよ」フラッシュより 元力士の古市満朝の証言

 

 

示談に持ち込みたい協会と反発する貴乃花

日馬富士が貴ノ岩へ示談の申込みをしたとの報道がありますが、今回の新潮の記事から察するに、実はそれを後押ししているのは相撲協会なのかもしれませんね。

示談が成立すれば捜査に多大なる影響を与え、おそらくは情状酌量という事で寛大なる措置がとられる可能性が高くなり、日馬富士、相撲協会にとっても事が大きくならずに済む、つまりは多大なる恩恵を受けられる訳ですからね。

しかし貴乃花としては、白鵬の横綱らしからぬ振る舞いに常日頃から不満を抱いていたという事もあり、日馬富士の暴行を止めなかった疑惑が持ち上がっている白鵬の件をも含め、この機会に全ての膿を出し切ってしまおうとの意思を固めた可能性は高く、示談が成立する事はまずないでしょう。

ただ、タニマチ筋を通して圧力がかかればその限りではありませんが、そのような圧力をかけるタニマチと長年付き合うほど貴乃花も馬鹿ではないでしょう。

 

モンゴル勢(白鵬派)排除の動きか?

今回の新潮や文春の報道をみると、どうも白鵬の悪行に焦点が当たっているような気がしてなりません。

おそらくその裏には、強いだけで横綱の品格がない白鵬に対する多くの人々からの意識的、または無意識的な反発があり、一連の白鵬バッシングとも呼べる現象を引き起こしているのではないでしょうか。

さらに、そのような人間が将来的に協会を仕切ってしまえば、白鵬基準の横綱の量産につながり兼ねないとの危惧もまたあるのかもしれませんね。

だからと言ってこれまで日本人によって運営されてきた相撲が完璧とも到底思えませんが…

 

というわけで様々な思惑が絡み合った今回の件、

落とし所に注目

といったところでしょうか。

 

以上、貴乃花の件についてでした。

 

 

sponsored link

関連コンテンツ