日馬富士が貴ノ岩に暴行を加えた理由とは?白鳳突き飛ばし20発以上も殴るも翌日貴ノ岩が平然と土俵入りの怪!相撲協会は密かにもみ消しを図ろうとしたのか?

日馬富士の暴行事件に関する報道がかなりヒートアップしていますね。

その中で頭一つ飛び抜けているのがスポニチ、スポーツ報知等のスポーツ紙ですが、そんなスポーツ紙が一斉に暴行当夜何があったのかを詳細に生じています。

それによると、日馬富士は貴ノ岩を馬乗りになり素手で20発以上も殴ったとか。

スポンサードリンク

さらに止めに入った横綱白鵬を突き飛ばし、鶴竜にも説教をし、等等かなりの暴れぶり。

一体何が日馬富士をそこまでキレさせたのか?

 

貴ノ岩が殴られた理由

10月25日夜、鳥取県内で催されたモンゴル出身の力士や日本人力士等10人前後を集めた飲み会の席での事でした。

1次会は何事もなく終了しますが、2次会へ移ると雰囲気が一変。

なぜそのようになったのか、理由は定かではありませんが、

その2次会の席上で、貴ノ岩は日馬富士から兄弟子に対する挨拶が足りない、などと生活態度を注意されていたのですが、

そこへタイミング悪く貴ノ岩のスマホが鳴ってしまい、それに思わず貴ノ岩が手を伸ばしたろころ、

「人が話をしている時に!」

と、泥酔した上に頭に血が昇った日馬富士が思わずビール瓶で貴ノ岩をの頭を殴り、さらに馬乗りになって、静止に入った白鵬を突き飛ばしつつ、20-30発も殴った、

という事でした。

その他にも灰皿やマイク、カラオケのリモコンを投げつようとしたという情報もありますね。

https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/11/15/kiji/20171115s00005000059000c.html

http://www.hochi.co.jp/sports/sumo/20171115-OHT1T50014.html

それぐらいカチンときた、つまり日馬富士は日頃から貴ノ岩に対し挨拶等を含め、その生活態度全般に不満があったというのが、貴ノ岩を殴った理由のようです。

人が話をしている最中にスマホに出るなんて信じられない、と思う人もいるでしょうが、そのような人は体験上、実際にいました。

以前私がとある会社の研修に参加していたときの事です。

講師が話をしている最中に隣席の人がかかってきた携帯電話に出ようとしたところを、思わずカッとなった講師が電話を取り上げ、何故か受話器に向かって怒鳴るというわけがわからない展開になったのを目撃した事がありますが、人間頭に血がのぼると意味不明の行動をとるものだなと、その時に初めて実感ました。

 

日馬富士は横綱として気負いすぎたのか?

さて、ここからは憶測です。

日馬富士と貴ノ岩は別の部屋に所属していて、直接の兄弟弟子でもないのですが、そんな日馬富士は何故にわざわざ貴ノ岩の生活態度を注意しなければいけなかったのか?

一つ考えられるのは、日馬富士が横綱としての責任を果たそうとするあまり、日本の習慣をまだ会得できない貴ノ岩を、同じモンゴル出身力士という事もあり、教育目的で殴打、というケース。

これが横綱でなければ他人事としてスルーするのでしょうが、そうも言ってられなかったのかもしれませんね。

そうだとすればかなり律儀、或いは責任感が強いとも言えるのでしょうが、一方で日馬富士は酒乱とも言われているので、その二つの要素が重なった所へ運悪くスマホが鳴ったという…

貴ノ岩にしてみれば、とんだハプニングだった事でしょう。

 

翌日の巡業でピンピンの怪

事件が起こったのは10月25日ですが、なんとその翌日に行われた大相撲鳥取巡業では、二人が握手している所を見たという力士がいたそうです。

http://www.hochi.co.jp/sports/sumo/20171115-OHT1T50058.html

巡業の前日に深酒するのも問題ですが、それはとりあえずおいといて…

今朝方の日テレのニュースでは、巡業当日何事もなかったように相撲をとっていた貴ノ岩の映像も映し出されていたのですが、頭部に目立った傷もなく、見ていた観客も日テレのインタビューで、

別に異変は感じなかった」

等と答えていたので、ビール瓶で殴られ倒れたところを馬乗りになってさらに20-30発殴られた、という報道には首をかしげざるを得ませんでした。

もっともその後貴ノ岩は体調不良を訴えたという事ではありますが…

 

「貴ノ岩を2けた勝たせたい」

最後にスポーツ報知の気になる記述を。

騒動が起こった後、伊勢ケ浜親方は貴乃花親方への所へ謝りにいき、今回の件を穏便に済ませたいような、そんな趣旨の発言をしていた、という情報もあります。

協会が両親方から事情を聴き、伊勢ヶ浜親方は貴乃花親方へ「謝りに行っていた。親方同士が話をして解決していたと思っていた節があります」と協会の対応を説明した。

中略

協会の執行部としては、じゃあ、取材で貴ノ岩を2けた勝たせたいとか、場所に臨んでいるんです。稽古もしている、協会内では調査もしている。

両親方は仲がよいとも言われており、当初は内々で済ませる(悪く言えばもみ消す)予定とも解釈可能であり、

その見返りとしてか、貴ノ岩に2けた勝たせたい、と関係者が漏らした、といったような節が伺える記述も見られます。

これが本当(因果関係がある)ならかなり大問題(察してください)に発展しそうですが、いかんせん証言のみなので、騒がれても週刊誌レベル止まりでしょう。

 

という事で今回の件は相撲協会の体質を含め、一歩間違えば大騒動に発展しかねない案件故に、お茶を濁す意味で日馬富士への引退勧告は十分にありえるような、そんな気がしました。

sponsored link

関連コンテンツ