福島瑞穂、安倍首相イヴァンカ氏基金へ57億拠出のフェイクニュースに釣られ大炎上www

左右問わず熱烈なファンがいることで有名な社民党の福島瑞穂議員が、

産経新聞等が「安倍首相、女性支援のイバンカ氏基金に57億円拠出を表明」とのタイトルで報じた内容を受け、「みんなの血税だ」を根拠に首相批判を展開。

しかし、実はこれ、壮大な勘違いだと大勢の人たちから突っ込まれ、案の定の大炎上。

スポンサードリンク

ある意味フェイクニュース的なタイトルに釣られての脊髄反射だったのか、それにしてもこれは既定路線とはいえ、ちょっと度が過ぎているような気もします。

が、

彼女のキャラクター特性上、「ファン」にとっては願ったり叶ったりでもあったようです。

 

福島みずほの唯一無二の解釈

彼女がどのソースに反応したのかは不明ですが、出所は共同通信社。

同社から配信を受けた各大手新聞社が、

イヴァンカ氏基金 安倍首相、57億円拠出を表明(毎日)

安倍首相、女性支援のイバンカ氏基金に57億円拠出を表明(産経)

とのタイトルで報じます。

確かにタイトルだけみれば安倍首相がイヴァンカの来日に合わせて57億円をポンと出したような印象を受けますが…

 

ひょっとして福島氏もタイトルのみで反応したのでしょうか。

その辺の事情はわかりませんが、これを受け、福島氏は以下のように首相批判を展開。

おそらくは、イヴァンカ氏が個人で設立した基金に安倍首相が国民の税金から57億円をプレゼントした、という想像に加え、持ち前の豊かな語彙力を発揮してのダイナミックな展開へ。

しかしこれ、産経新聞の記事を最後まで読めば、

 基金は、イバンカ氏の提案を受け今年7月に世界銀行グループが設立した。日本、米国、英国、中国、カナダ、ドイツ、韓国など14カ国がパートナーとなっている。

と、しっかりと明記しているので、「トランプ大統領の来日に合わせて拠出したようにしか見えない」との認識が出てくるはずもありません。

「大統領の来日に合わせ、改めて資金の拠出を表明か?」なら話は分かりますが…

http://www.sankei.com/politics/news/171103/plt1711030012-n1.html

 

毎日新聞ソースではその点が削除されているので、ひょっとしたら毎日新聞を流し読みしての早とちりだったのかもしれませんね。

https://mainichi.jp/articles/20171103/k00/00e/010/210000c

 

この報道にいち早く異議を唱えたのがハフィントンポスト

http://www.huffingtonpost.jp/2017/11/03/ivanka-fund_a_23265393/

先日夕方の時点でこの、かなり誤解を招くであろう大手新聞各社の見出しを憂慮したであろうハフィントンポストが丁寧に解説しているので、詳しくは上記のクリックから。

 

ネットの反応

福島氏の発言を受け、ネット上では大盛り上がり。

 

・わざと嘘流してるの?

・反対するだけなら知識はいらない。

・デマを流すな

・下調べをせずに安易な発言をする…

・どう認識するかは自由だけど憶測で政治批判をすると支持率が下がりますよ。

・フェイクニュースに騙されてるね

等と批判が続々。

 

ただ一方で、海外からのものと思われるツイートの中に、

トランプファミリーは犯罪者だから叩かれて当然

といった論調のものも見られましたが、どこにでも憶測を元に感情的に権力者を攻撃する人達はいるようです。(逆もまた然りですが)

政治(に限らず現実もそうですが)とは玉虫色のもので、勧善懲悪という色眼鏡をかけてみると足をすくわれかねない事になるので、政治家の人たちには特に気を付けて欲しいものです。

という事で、誤解に基づく憶測批判を展開したにもかかわらず、当の福島氏はしれっとしてその後なんの反応も見せず。おそらく独自の解釈としては正解だと思っているのでしょう。

イヴァンカ基金の陰に隠れてしまっていますが、日本のメンツという点を考えれば、こちらの対応のほうがマズイのではないでしょうかね。

ネットのお陰でマスメディアの恣意的な印象操作(マインドコントロール)から解放されつつあるとはいえ、まだまだ意図的にそれに便乗(利用)する人もいるのだなあ、と改めて考えさせられた、という意味では彼女のツイートもかなり有意義なものだった、とは言えるでしょう。

sponsored link

関連コンテンツ