細木数子の現在を調査!神楽坂に謎の豪邸とは?

細木数子さん

大殺界で一躍有名となり、その後数々のテレビへ出演するも約8年前に全てのレギュラー番組から降板。

そして現在77歳にして今なお全国を飛び回っているという細木数子さん。絶頂期での突然の降板には周りも面食らったと思いますが、叩かれる前にさっと身を引いたあたりはさすが、とその駆け引きの上手さに舌を巻いた管理人でございます。

みなさんいかがお過ごしでしょうか?

スポンサードリンク

といういうわけで、先日久しぶりにメディア(女性自身)激写された彼女の記事を読んでふと思うところがあり、キーボートを叩いていると、こういった次第でございます。

はじまり、はじまり~

 

細木数子さんのプロフィール

名前細木数子(ほそきかずこ)
生年月日1938年4月4日
出身東京府東京市渋谷区
職業占い師 タレント
恩師安岡正篤
本宅京都
別宅東京都神楽坂

 

神楽坂に建設中の豪邸

さて、以前から進められていたという豪邸の建設ですが、敷地面積は60坪の4階建てのベージュ色のビルとの事。具体的な住所は記載されていなかったのでグーグルマップで探してみたのですが、ちょっと見つかりませんでした。一説には神楽坂4丁目周辺、かくれんぼ横丁ではないかという情報ですが…

気になる豪邸の値段は土地と建物を合わせると3億5千万円とも言われています。そこへ今年に入ってから姪の一家が引っ越してきて一緒に暮らしているようなので、どうも自宅兼事務所ではないかと言われています。

 

京都

本宅は京都と言われ、そちらの方には月10日ほど滞在しており、その他は全国各地で勉強会の為に奔走しているそうです。

そしてこちらでも土地を買い漁って今では千二百坪という広さになり、そこへお寺を立てているそうです。

お値段はざっと70億円

 

さて、そんなに大金を投入してなんの為に京都にお寺、そして神楽坂にビルを建てているのか気になりますよね。

その理由はというと…

 

自らの死期を予言

なんと自分の死期を予言しており、そのために自分の功績が後に語り継がれるようにとの思い出お寺を建てているそうです。

いかにも占い師らしい動機ですね。

すると神楽坂のビルは察するにさしずめ養護施設といったところでしょうか?彼女の性格を考えれば、その介護を手掛けるのは一筋縄ではいかないので姪一家を呼び寄せて身の回りの世話をさせようと、このように考えているのではないでしょうかね。

 

ジプシーの言い伝え

ジプシーにある予言者がいて彼女は次々と人の運命を当てていくが、たった一つ、つまり自らの寿命は当てなれないというい欠点(?)を持っていたという話を聞いたことがありますが、細木さんの場合はそんなロマンチックで悲劇的な終末を望まなかったのか、はたまた自分の職業に潔く殉ずる覚悟を決めたのか、周りに死期を公言しています。

これを哀しみの裏返しととるか諦念ととるかは意見の別れるところでしょうが、実はそのような思惑など一切及ばない領域に突入しているのかもしれませんね。

いまだにしっかりとした足取りのようで、その自ら下した死期に怯むことなく相変わらずな様子ですね。

sponsored link

関連コンテンツ