能年玲奈ライブデビューでタイムマシンを披露!音楽へ走った理由は?

先日KAIWA(RE)CORDというレーベルを立ち上げたのんこと本名能年玲奈さんがライブデビューを果たし、

サディスティックミカバンドの代表曲「タイムマシンにおねがい」を披露。

ギターを弾きながら歌うその姿には鈴木慶一や高橋幸宏らもニンマリ、というほどキュートだったとか。

スポンサードリンク

同曲は2006年に木村カエラを迎えて再結成された際にも歌われたので、知っている方も多いのではないでしょうかね。

今回は撮影禁止という事で動画はありませんが、画像はこちら。

となりにではしゃいでいるのはムーンライダーズの鈴木慶一さん。鬱とは思えないほど元気にはしゃいでますね。

音楽の世界へ行った理由

ブログでは普段からアーティスティックな活動を披露していた能年玲奈さんですが、まさか音楽へ走るとは思いもよりませんでした。

テレビへの復帰は元所属していた事務所との兼ね合いもあり、当面は厳しい、という事で彼らの手が及ばない音楽畑でとりあえずは活路を見出そうという計算がひょっとしたらあったのかもしれませんね。

彼女がそこまでしたたかかどうかは疑問ですが、大御所を引き連れてのミュージックステーションでのテレビ復帰の日も近い?

といいですね。

sponsoredlink


関連コンテンツ