バド桃田賢斗の現在は?復帰は来年5月か?週刊女性が直撃!

元バドミントン日本代表にして世界ランキング2位まで上り詰めた桃田賢斗選手ですが、今年4月に発覚した違法カジノ騒動により、無期限の試合出場停止処分を下され、当然リオ五輪へは参加できず。

世界ランキング2位まで上り詰め、同五輪へ出場すればメダル確実とまで言われていただけに、とても残念でしたね。

現在の世界ランキングを見ても桃田賢斗さんの名前は見当たらず。当然と言えば当然なのですが、それではこのまま彼は永遠に試合に出場できないのか?

スポンサードリンク

ところがどっこいそうでもないようで…

という事で彼の現況について調べてみました。

桃田賢斗のプロフィール

名前 桃田賢斗

生年月日 1994年9月1日 22歳(2016年12月現在)

出身地 香川県

血液型 A型

身長 175cm

小学1年の時に姉の所属しているチームのコーチから誘われたのをきっかけにバドミントンを始め

・6年の時には全国大会のシングルス部門で優勝

・中学3年の時にも全国大会で優勝

・2012年のジュニアユースでも優勝を果たすなど、

今後の日本のバドミントンを背負って立つ存在とまで言われていました。

2013年にはNTT東日本へ入社。

そんな彼にスキャンダルが訪れたのが今年、つまり2016年の4月。

同じチームの田児賢一選手と錦糸町の違法カジノ店への出入りがバレてしまい、

・田児賢一さんは無期限の境界登録抹消

・桃田賢斗さんは無期限の試合出場停止

という重い処分を下されてしまいます。

事件の詳しい内容は

こちらの記事(バド桃田は田児に誘われて裏カジノへ?派手な生活に憧れた理由とは?)

にありますが、どうも先輩の田児賢一さんの誘いを断りきれなかったところに彼の弱さがあったようです。が、次第にギャンブル

かといって違法行為が許されるはずもないのですが、情状酌量の余地はあるでしょう。

バドミントン協会の思惑?

彼はなんといっても世界ランキング元2位であり、まだ22歳。

これからの選手なので、協会としてもこのままダメにさせてしまうのはもったいない、と考えたのか、

「最近になって、来年5月には桃田選手の試合出場停止処分が解除されるのではという話が、協会内でちらほらと出てきています。」週刊女性より

との事でした。

来年2017年末には2018年の日本代表選考会の試合が始まり、さらには東京オリンピックへ向けて始動を開始するためにも桃田選手には早めの復帰を、と願う協会内のコンセンサスが得られたので以上のような発言が出てきたのかもしれませんね。

しかし立ちはだかるのは世論の壁。

これをどのようにかわすのかが課題ですが…

週刊女性が直撃

そんな世論の代表として(?)現在の彼の動向を探りにいったのが週刊女性。

手始めに実家のある香川県まで乗り込んで姉に取材したところ、

「今、私たちは見守るこだけなんです。何も知らないので本当にすみません。」
週刊女性より

という事で経費をかけた割には収穫なし。

そんな事にもめげず、次は千葉県内の選手寮まで行って取材をしてきたんだそうです。

仕事帰りのスーツ姿の桃田さんを直撃した記者に対し桃田さんはマスクを外して真摯に答えてくれたそうです。同週刊誌にはスーツ姿の桃田さんがかしこまりながら記者から取材を受けている姿が掲載されているので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

ファンに対するメッセージはと聞かれた桃田さんは

「失った信頼を回復する事は本当に難しいと思うのですが、精いっぱい頑張っていきたいと思います」週刊女性より

と、控えめな発言の奥からは復帰マンマンの意欲が感じられました。

さらに、

今ギャンブルはやっているのか?

とたずねられた桃田さんは

「もう全然、やってないです!」

週刊女性より

と答えた後、頭を下げてその場を立ち去ったそうな。

記事からは、よほどギャンブルに関して触れられなたくなかったのか、記者の機嫌を損ねないようにと気を使いながら猛烈な勢いで立ち去ったような空気も感じられましたが…

現在は午前中は仕事で午後から練習をしているそうなのですが、恐らく監視役を付けられているのではないでしょうかね。

桃田さんは素直な性格だそうで、ギャンブルに手を出したのも先輩から誘われて断りきれなかった事と、派手な生活にあこがれていた事が理由だったようですが、現在はその先輩とも離れた事もあってかまじめに練習に打ち込んでいるようですね。

噂が本当ならば来年5月に復帰する予定ですが、その頃には十分ほとぼりも冷めているのではないでしょうかね。

一方田児賢一さんの現在は…

週刊女性では触れられていませんでした。今頃何をやっているんですかね。

以上桃田さんの現在についてでした。

sponsoredlink


関連コンテンツ

コメントを残す