田中道子が週刊現代で競泳水着?を披露!袋とじの内容とは?

すわっ!(本日2回め)

という事で、ななな、なんと!

あのミスワールド2013年に輝き、現在はドクターXで活躍中の女優田中道子さんが週刊現代でセクシーショットを公開していますよ!

sponsoredlink

という事で内容を吟味してみることに。

田中道子のプロフィール

名前 田中道子(たなかみちこ)

生年月日 1989年8月24日

出身地 静岡県浜松市

血液型 O型

身長 172cm

スリーサイズ 80-58-83

職業 モデル 女優

事務所 オスカープロモーション

その顔立ちからハーフでは?

ともささやかれていますが、ちょっと調べてみた所、
そのような情報はありませんでした。

ミスコンを渡りあるってきた人物で、
以下略歴を記すと、

2009年-ミス浜松に選ばれます。

http://susono.jugem.jp/より

2011年-ミス・ユニバースジャパンで3位入賞。

2013年-ミスワールド日本代に選出されます。
結果はセミファイナル-TOP33位以内への入賞を果たしました。

2016年-「女優宣言お披露目記者発表会」で女優へ転身する事を発表。

http://www.oricon.co.jp/より

同イベントでは過去に米倉涼子、菊川怜、笛木優子等が同じように
女優宣言をしたそうなので、ひょっとして今後大化けに化ける可能性
もありますね。

2013年ミスユニバースの松尾幸実(28)、ミス・ワールド2013日本代表の田中道子、ミスアジアファッションモデル2015の和田安佳莉(24)、ミス・ワールド2015日本代表の中川知香(24)らすでにモデルとして活躍する4人が女優転身を宣言した。

http://www.oricon.co.jp/news/2068944/full/

今回女優へ転身したのは田中道子さん含めて全部で4人。
いずれもミスコン経験者でスタイル抜群の強者揃い。
この中から果たして何人が大成するのか、にも注目ですね。

週刊現代の中身

さて、肝心の週刊現代の内容はというと…

こちらは村主章枝さんの時と違い、
ちゃんと掲載されているのでご安心を。

写真は全部で7枚計8ページ(見開き1枚)
という大盤振る舞い。

のっけから卒倒しそうなセクシーショットですが、
内容を書く前から倒れていられませんね。

1枚目

背中が空いた黒の競泳水着風のコルセットを着用し、
振り返っている上半身姿。
二重の視線がタマランチ会長です。

2枚目

白バックに黒のレースのスケスケ衣装の立ち姿を正面から。
残念ながら下半身は透けておらず、魅力が半減
していますが、胸元はバッチリご開帳。

3枚目

後ろ姿、膝上。

ベランダの手摺に上半身をあずけ、
青空を背景に笑顔での横顔。

黒のジャケットに下は赤の水着(面積若干広め)
というアンバランスさがイマイチ。

4枚目

肩出し黒のミニスカワンピース。
イスの上で膝を抱え込む姿を横から。
タングステンライトが怪しげな雰囲気を演出。

5枚目

最大の目玉。

黒の競泳水着風のコルセット、金色のかなり高いピンヒールを
履いての後ろ姿。もちろん全身。

水着から若干はみ出る左臀部、
とくとご自身の目で確認ください。

6枚目

ベッドに横になったのバストアップ。(見開き)

7枚目

5枚目と同じ衣装。

ベッドに若干脚を広げ気味で座る姿を正面から。
背景は落とし、手前のライトのみなのか、
それがまた陰影を際立たせ、肌がテカテカに。
谷間も言うに及ばず。

という事で9頭身w存分に活かしての充実した内容。
グラビアアイドル風のモデルのセクシーショットが見たい!
という人には断然おすすめ、と言えるでしょう。

競泳水着と書きましたが、実はコルセットのような気もしますね…
是非ともご自身で確認してみてください。

スタッフは以下のとおり。

カメラマン 松田忠雄さん

http://ameblo.jp/kozawataichi/より

スタイリスト 青柳裕美さん

http://ameblo.jp/melange-sakata/より

ヘアメイク 菊池かずみさん

https://www.mode.ac.jp/より

とう事で、妖艶な眼力を持つ田中道子さんですが、ヌードとは言わないにせよ、
ドクターXで注目を浴びている今のうちに写真集を出せばかなり売れるような
気がしますが、ひょっとして既に手配済みとか?

コンセプトは美人秘書とのランデブーで。

是非ともお願いしますよ。

以上田中道子さんについてでした。

そういや、ドクターXも本日最終回ですね。
ひょっとして番組終了に合わせてグラビアを解禁したのでしょうかね。

sponsoredlink


関連コンテンツ

コメントを残す