村主章枝ヌード写真集発売の理由や週刊現代の袋とじを調査!

なんと!

元フィギュアスケート選手にして現在は振付師として活躍
している村主章枝(すぐりふみえ)さんが

フルヌード写真集を発売するんだそうな!

sponsoredlink

すわっ!

という事で何故今更写真中を発売しようと思ったのか、
その背景や内容について調べてみました。

村主章枝写真集「月光」

アマゾンで早速予約の受付をしていたのですが、
それによると

発売日 2017年2月16日

撮影 アンディチャオ
(シンガポール生まれで現在は日本をベースに活動。
有名なところで深田恭子等の写真集も手がけています。)

値段 3780円

発売 講談社

とう事でした。

ページ数は不明。

先程発売されたまゆゆの写真集「知らなうちに」が1890円、
来年2月に発売予定の白石麻衣写真集が1944円。それらと
比較すると倍ぐらいしますね。

余程ページ数が多いのか、それともギャラが高いのか、
或いはヌード故の高額化なのか。

とにかく引退したとは言え、ビックネームだけに
かなりの需要が見込まれるので問題ない価格であるとは
思いますが。

因みに芸能人の高額写真集としては2013年に発売された
堀北真希の写真集で3240円というものがありますが、
こちらは脱いでないのにこの値段です。

これをもってどうのこうのと言うつもりはありませんが、
一応。

写真集の内容

タイトルの「月光」とはベートベンのピアノソナタ。

幼少の頃を米国で過ごした村主さんが、2001年9月11日に起きた
アメリカでの同時多発テロへの追悼の意を込め、翌2002年に
アメリカのソルトレイクシティで行われた冬季オリンピックの
試合の時に使用したのが同曲。

さらに現役最後の大会の時にも月光を使用。つまり月光は
彼女にとっては切っても切れない曲。

そんな思い入れのある曲からタイトルは取られ、
写真集の内容も月光をモチーフにしたものが中心、
のようです。

同写真集では

月の光に照らし出された姿や、
三宅島の自然の中でのヌード、
ホテルで撮影されたプライベート風ショット、

などが収録されているようですよ。

写真集を発売しようと思った理由とは?

実は村主さん、
今年4月に週刊ポストでヌードグラビアを披露しているんですよね。

http://itest.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1461580087/より

つまり約8ヶ月ぶりのヌードのお披露目という事になるのですが、
その時は写真集としては発売していませんでした。

しかし何故30代半ばになってヌードを披露したのか?
そこには彼女の活動がどうも大きく影響していたようで…

困窮?それとも五輪への執念?

現在は振付師として日本中を転々としている生活を送っている
ようですが、どうもお金がないとの情報もありました。

つまり極貧状態の為に生活費の足しに、なんて思っての
写真集発売という線が濃厚そうですが、彼女の場合、
単に稼げないからやむにやまれずにヌードになったという
事とはちょっと事情が違うようです。

上記のJ-castによると、

それは日本に留まらず、世界中を飛び回ることに1年の殆どを費やしている。ベトナムではジュニアスケーターにスケートシューズを寄付する活動をしていて、そのために生活費を切り詰めている、という事だった。

とう事で、自分が五輪で金メダルを取れなかった悔しさが、
引退後も彼女をフィギュアスケート界へ引きとどめ、自分の指導した
生徒の中から五輪のメダリストが出る事を願って振付師になり
その活動資金調達故のヌード写真集発売、のようですね。。

最終的に後押ししたのは脱がせ屋と言われるブローカーと
いうとこですかね。

ひょっとしてMUTEKIの社長も…

100%ないですね。

スーパームーン

さらにしかし!(変な日本語ですが)

どうも単純に資金調達だけが目的でもなさそうです。

月光というのは上述のとおり村主さんにとって特別な想い出のある曲。
そんな月光に関する大イベントがスーパームーン。

スーパームーン (Supermoon) とは、満月または新月と、楕円軌道における月の地球への最接近が重なることにより、地球から見た月の円盤が最大に見えることである。ウィキペディア

このスーパームーンが日本で見られる日が2016年11月16日だったのです。

http://www.r-pro.co.jp/より

つまりこのスーパームーンに合わせ、ヌードを披露したと。

三宅島では68年ぶりに見られたという事ですが、
下記のサイトに詳しくその時の模様が掲載されています。

このブログの管理人の方も、まさか裏で村主さんがヌード撮影
しているとは夢にも思わなかったでしょうね。

スーパームーンで調べると、なんだか願い事がかなうという
スピリチュアル方面の情報も出てきましたが、ひょっとして
村主さんは教え子が五輪でメダルをとって欲しいとの願掛けの
為に月に自分のヌードを捧げたと、そのような呪術的な発想が
浮かんできてしまいましたが、それはそれでロマンチックで
なかなかいいような気がしますね。

あともう一つ、

自身がバイセクシャルという事を公言しているので月の女神と
交わった、なんて神秘的な発想も浮かんできましたが、自分で
いうのもなんですが、こちらはちょっとこじつけが過ぎるかな。

週刊現代の袋とじの内容とは?

週刊現代でも袋とじで彼女のショットを公開しているのですが…

すんません、

デジタル版では中身が見れないんですよ;;
という事で確認できませんでした。

『週刊現代』12月19日発売号では、このなかから厳選されたショットが公開されているが、幻想的でありながら妖艶、現役時とは違った魅力をまとった村主の姿をご堪能いただきたい。

週刊現代

かわりにとはいっては何ですが、当の現代の記事から引用しておきますね。
それによると、

幻想的でありながら妖艶

という実に抽象的かつどのようにでもとれる書き方なので
その中身は皆目見当もつきませんでした。

しかし!

講談社から発売されるという事で、今週のフライデーあたりでも
同じく袋とじで小出しにしてくるんじゃないですかね。

そちらに期待しましょう。

以上村主章枝さんのヌード写真集についてでした。

代わりといっては何ですが、ドクターXで美人秘書役を演じている
田中道子さんの競泳水着(?)姿が週刊現代に掲載され、その
リポートを書いたので、よろしければこちらも是非ごらんくださいね。

田中道子が週刊現代で競泳水着?を披露!袋とじの内容とは?

sponsoredlink


関連コンテンツ

コメントを残す