ノンスタ井上裕介は本当に当て逃げなのか?飲酒の可能性は?

お笑いコンビ「NON STYLE」の井上裕介さんが

当て逃げをし、タクシー運転手にケガを負わせたとの報道が流れました。

一体何故彼はそのような行為に及んでしまったのか?
調べてみました。

sponsoredlink

事故の概要

事故が起こったのは12月11日23時45分頃。

場所は東京都世田谷区。

井上さんは前を走っていたタクシーを追い越そう
としたところ、「同車に接触したかもしれない」
と認識しつつ、事実を確認せずにそのまま
帰宅してしまったとの事でした。

この接触事故によりタクシーを運転していた男性は
負傷(首や腰に軽いけがという情報も)。

大事に至らなかった事は、不幸中の幸いですね。

対して井上さんは

「ぶつかったかもしれないけど、
信号待ちで止まっている時でタクシーからだれも
降りてこなかったので事故ではないのかと思って
現場を去った」デイリースポーツより

などと話していたそうなので、一部当て逃げとの表記を
しているメディアもありますが、結果的に当て逃げに
なってしまったようなので、それほど悪意があったようにも
思えません。

が、

「タクシーの前に入ろうとしてぶつかってしまった。事故を起こしたことを世間に知られたら大変なことになると思った」

読売より

とも言っているので、悪意がなかったにせよ、
接触事故により仕事に多大な影響を及ぼす可能性
を想像した井上さんは怖くなってつい逃げてしまった。
つまり理性的な判断ができなくなった末の逃亡。

そのようにも考えられますが…

いずれにせよ、接触した可能性を認識しつつ、事実を確認しなかった
という点はかなりの心象悪化に繋がるでしょう。

こちらが事件現場。

スポニチより

片側一車線の割りと見通しのよい道路で、井上さんの
証言どおりに信号機も見えます。

停車中のタクシーを追い越した?

上記の井上さんが言っていたらしき言葉から推測すると、
信号機の手前で(ハザードを出していた?)停車
していたタクシーを追い越す時に接触した、
という事なのでしょうか。

あるいは走行中のタクシーをかなりのスピードで
追い越したとか。

この証言だけでは判明しませんが、ひとつ気になるのが
飲酒の可能性。

酒気帯び運転故に逃走してしまったのか?

飲酒運転の可能性は?

その場を逃走した井上さんですが、
車のナンバーから特定され、
翌12日未明に警察の任意同行され自白。

つまりすぐさま警察に捕まっており、
飲酒をしていればそのような発表があるので、
セーフという事になります。

因みに本人も飲酒はしていないと話しています。

事故の影響で放送中止相次ぐ

今回の事故に対し井上さんは謝罪をしています。

「接触事故を起こしてしまい、その場でよく確認すべきところを怠ってしまい、被害者の方には大変申し訳ありません。誠意をもって対応してまいりたいと考えております」

スポーツ報知

しかしどうしても当て逃げという言葉の悪印象は拭えず、
各出演番組から井上さんの姿が消えることになります。

報道によると、

・AbemaTVの新番組の配信中止

・「ひるキュン!」12日の生放送欠席

・収録済みの井上の出演シーンのカット

等と、今回の事故によりかなりの範囲へ
影響を及ぼしているようです。

その他にもかなりのレギュラーを抱えていますね。


因みに相方の石田明さんはどうしているかというと…


こちらには影響はないようで。
あたりまえですが…

sponsoredlink


関連コンテンツ

コメントを残す