成宮寛貴が東南アジアへ脱出した理由は仕事探し?それとも…

フライデーが報じた薬物使用疑惑により

芸能界を引退した成宮寛貴さん。

そして今朝方からは彼が海外へ逃亡したという
情報が出回っています。

sponsoredlink

成宮さんの海外脱出に関してざっと調べたところ、
スポニチと報知新聞が報じていますね。

今回は両紙の情報を元に彼の足取り等を調べてみました。

フライデー発売後の足取り

フライデーで成宮さんの件が報じられたのが12月2日。

その後は都内のホテルに滞在していたそうですが、
12月8日に直筆のメッセージを書いて以降は消息不明。

との事でした。

マスコミ各社へFAXを流したのが12月9日。

つまりその前日までは
彼の消息は掴めていたという事になりますね。

スポニチの取材によると

8日に所属事務所のトップコートの幹部と対面し、
直筆の声明文を渡したあとに契約解除に合意書に
捺印。

その後、つまり8日の午後以降に日本を脱出した
可能性があるととの事でした。

対してスポーツ報知(ウェブ版)は、後追い
記事らしく、スポニチの概要を羅列するに
とどまっています。

まとめると

12月2日-フライデー発売

その後都内のホテルに滞在

12月8日-事務所の幹部と対面。契約解除。

12月8日午後?日本を出発

12月9日-フライデー発売

フライデーの発売前日に事後処理を終え、
そして先週号で半ば予告された
成宮さんとA氏の「肉声公開」の前に
どうしても日本を離れる必要があった、

と考えると、今週号のフライデーには
よほどマズイことが書かれている、

つまり、A氏と過去に余程マズイ会話を
交わしたとも考えられますが、

この線は自分で書いて言うのもなんですが、
あまりピンときませんね。

東南アジアへ?日本を脱出した理由とは?

スポニチの取材によると

成宮氏が引退を発表した9日にシンガポール経由で
東南アジアの国に入ったという情報もある。

という事で東南アジア入りの情報源はこれのようですね。
「という情報もある」
との事なので、確定ではないようですが…

さらに成宮さんは

「新しい仕事を探したい」

と周囲に漏らしていたようで、
これをもってスポニチでは

第二の人生に向けた仕事探しの側面もありそうだ

と推測しています。

そして以前には

「好奇の目で見られるのが耐えられない。しばらく旅に出たい」

スポニチより

とも話していたといいますから、
とりあえずマスコミからの攻勢から
逃れる事が海外へ脱出する第一の理由のようです。

仕事探しはそのついでのようですね。

マスコミからの攻勢から逃れるため?

都内の自宅マンションにはこの日(12月9日)も10人近くの
報道陣が集まったが、インターホンに応答はなかった。

スポーツ報知より

逆に言えば、マスコミが大挙して成宮さんを
追わなければ海外へ脱出する可能性はなかようにも
思えますが、

それにしても自宅へ10人とは、
話題性の割には少ないような気もします。

ひょっとして、マスコミ攻勢以外にも理由が?

果たして?

どのような職業へ?

成宮さんは以前から服飾に強い興味を持っていたようで、
海外のショーへも見に行っていたとか。

つまりアパレル関係の仕事に従事する可能性も
十分に考えられますね。

それでは今後具体的にどのような動きをするのかと
問われれば皆目見当がつきませんが、
あれだけの名声と人気を誇っていた人物だけに
タニマチやパトロンが数十人ぐらいいると
考えると、その人脈などを介してひっそりと
就職、なんて事は容易にできそうではありますが。

あの清原和博さんだって、薬物疑惑後は
関西で囲われているっていう話しですからね。

今年の9月には宮古島へ旅行へ行った所を
これまた我らのフライデーにスクープされていたのは
記憶に新しいのではないでしょうか。

清原和博宮古島でフライデーに写真撮られる!滞在の理由とは?

逮捕逃れのため?

逮捕逃れの為に海外へ?

なんて情報も見かけますが、どうなんでしょうね。

小向美奈子さんの例を引き合いに出している
サイトを多々見受けますが、そのように考えれば
そうとも取れるし、という感じでしょうか。

与太話

以下はあえて海外逃亡説をとるとするとするならば、
という前提での与太話
元々彼を日本に居させる事をよしとしない筋の
当初からの計画が成就した、と、このようにも
考えられます。

つまり海外逃亡までが彼らの描いた絵だったと。

何故か?

考えられる動機は1つ。

怨恨。

そしてその根底にあるのが、

嫉妬。

男の嫉妬程めんどくさいものはない、
と、昔当事者から聞かされた事があるので
その線もありかなと、ふと頭に浮かびました。

再度書きますが与太話ですよ、念のため。

以上成宮さん国外脱出についてでした。

sponsoredlink


関連コンテンツ

コメントを残す