メンタリストDaiGoと元恋人A子の馴れ初めは?彼の言い分とは?

メンタリストという肩書と絶妙なトークで世間をアッと言わせ、

あっという間に去っていったDaiGoさん。

そんな彼にスキャンダル発覚?

sponsoredlink

報じたのは文春。

DaiGoのプロフィール

生年月日 1986年11月22日 30歳(2016年12月現在)

出身地 静岡県

学歴 慶應義塾大学理工学部卒業

血液型 B型

身長 173cm

メンタリズムという言葉を引っさげて突如メディアに現れ、
瞬く間に人々の心を虜にしてしまった、そんな印象がありますが、
実は小さころはいじめられっ子だったようです。

ある時工作室に落ちていたナタを突然投げたところ、
周りの反応が一変したそうで、それがきっかけで
自分の行動で世界は変えられると確信し、

大学へ入学してからは人間の心理を操る事に興味を
持ち始めたとか。

それを応用しての今回のスキャンダル、と考えると、

さもありなん

といったところでしょうかね。

女子中学生と?

そんな人の心を読む事に長けたダイゴさん。

それをプラベートへ応用しない手はない。

と、思ったのでしょうか、

あろうことか中学生をターゲットに。

馴れ初め

文春でダイゴさんに関係を迫られたと告白しているのは
A子さんという21歳の女性。

二人の出会いは2009年8月

ホテルのイベントへ出演していたダイゴさんへ
A子さんは連絡先聞きます。

当時A子さん12歳。
ダイゴさん22歳。

「事務所の住所を聞いたら、携帯のメールアドレスを教えれてくれて、
初デートで中学生だと明かすと、『メールの話題から気づいていた』
と言われました」文春より

その後二人はデートを重ね、キスまでする仲へと発展。

関係

2009年12月-A子さんが「付き合いたい」というとダイゴさんは

「俺も好きだけど、今、俺がA子と付き合ったら周りに迷惑をかけるから」
「友達以上、恋人以上」文春

と謎の言葉を発しました。

友達以上、恋人以上というのはA子さんの言い間違いなのか、
それともダイゴさんの巧妙な罠なのか?

さらにその後、

2009年12月30日-「会えなくてもA子のことばっかり考えてるよ」
等のメールを送るダイゴさん。

そんなダイゴさんからの言葉にA子さんは生まれて初めて
女性としてのトキメキを覚えたそうです。

さらにA子さんは片親で家族関係もうまくいかず、
悩んでいたそうです。

そんな背景もあり、A子さんはダイゴさんへと
のめり込むようになったとか。

ダイゴさんが彼女の家庭環境を把握した上で、色々と仕掛けた
のかは定かではありませんが…

2010年6月-再会
A子さんはカラオケに連れて行かれますが、そこでハグをしたい、
とダイゴに抱きついたのがいけなかった。

ダイゴさんはそんなA子さんに、その気あり、と判断したのか、
キスをして胸を触ってさらには下着の…

と、最終段階へこそ到達しなかったものの、一層親密な関係に。

その後高校へと進学したA子さんとは身体の関係を持つまでへ発展。

しかし…

破局~再会

ある日A子さんはダイゴさんへ夜中に電話をかけたところ、
ダイゴさんの恋人が出てしまい、それが理由で二人は距離を置くことになります。

2014年頃?-A子さんが19歳の時、ダイゴさんの方から連絡があり、
再度逢瀬を重ねるようになりますが、以前の関係から変化し、
性的な対象としてのみ見られるようになったそうです。

ダイゴの言い分

一見するとダイゴさんが極悪人のように見えますが、
彼の言い分を要約すれば、

情緒不安定の彼女を気遣っての言動

だそうです。詳細は文春を読んで頂きたいのですが、
確かに彼の言わんとする事も理解は出来ます。

例えば、

「彼女は性的に求められることに承認を感じる子なので、
そこで拒絶したら大変な事になるだろうな、と思っていました」

-ダイゴ- 文春から質問に答えて

という一文。

読み手の心理状況によってどちらにでもとれるという、
文学作品のような返答です。

しかしA子さんも

「私が彼に一方的に依存したわけではないことは、当時のやり取りを見れば
明らかです。彼と出会わずしてとも、私は私で自分の人生の人生を歩んでいたはず。思い上がらないでほしいです。」文春より

と反論。

文春を読む限り、

・カラオケではA子さんのほうから抱きついてきた。

・ダイゴさんが図に乗って(彼女のためを思い)
ハグや彼女の要求に答えようとした。

という流れのような気もしますが…

つまり、当初そんな気はなかったダイゴさんも
魔がさしてしまったのではないでしょうか。

彼はロリコンを公言しているようですが、
ひょっとしたらA子さんとの出会いが彼を
そうさせてしまったのかもしれませんね。

しかし、

おそらく世間の見方としては、

相手の不幸な生い立ちや年齢を斟酌せずに関係を持ってしまった

という意見が多勢を占めるような、私的にはそんな感覚ですが…

文春でのダイゴさんの返答を読むと、どこ吹く風という感じで
実に飄々とした印象を受けました。

果たして単なる痴話喧嘩なのか、
それとも彼女の弱みにつけこんだのか?

おそらく当人同士でもよくわかならいんじゃないですかね。

以上ダイゴさんのスキャンダルについてでした。

sponsoredlink


関連コンテンツ

コメントを残す