【画像動画あり】博多駅前陥没現場で今度は沈下?!原因は?

本日午前1時40分頃、福岡市JR博多駅前の交差点付近で

「道路が沈んでいる」との連絡が工事関係者からあったそうです。

同所は今月8日早朝に長さ30メートルに渡って大規模な陥没が
発生した場所でもあります。

sponsoredlink

突貫工事により奇跡的な早さで修復作業が終わったのですが、
ひょっとして無理が祟っての今回の沈下騒ぎだったのでしょうか。

という事でその原因や画像についていろいろとリサーチしてみました。

陥没から復旧

陥没現場は福岡県博多駅前2丁目の交差点付近。

こちらが8日の陥没直後の様子。

cwsovteviaarnuo-300x225

ご覧の通りパックリと口を開けています。

が、

その後…

20161115-00000522-san-000-3-view

突貫工事にて陥没から1週間後の15日午前五時に工事は完了

海外メディはその驚異的な作業の速さをこぞって報道。
ハフィントンポストUS版では「モントリオールでは5年以上かかる」
などと報じたそうですよ。

東日本大震災の時も似たような報道がありましたが、
やはりこのような危機的状況の時には職人魂に火がつくのでしょうか。

本当に頭が下がります。

こちらが工事の様子を早送りでまとめた映像。

沈下の様子

今回報告されたのは、

最大約7センチ、長さ数十メートルに渡る沈下。

怪我人は出ておらず、現在は交通規制がかかっているとのこと。

原因は?

歩道が波打っていたり、ヒビが入っているところもあるという事で、
警察では原因を究明している最中。

つまりまだ何が原因かはわかっていないという状況。

こちらが画像

突貫工事なのでこのぐらいのアクシデントは十分想定していて、
故に工事関係者が常に見回りをしていて夜に発見されたと
考えれば、ひょっとして今回の沈下は突発的なものだった
のでしょうか。

昼間であれば、道路にヒビが入っていたり歩道が歪んでいたら通行人等に
よって通報されてもおかしくないですからね。
だとすればなんだか不気味ですが、あらぬ妄想をふくらませるより
正式な原因の発表を待ちたいところです。

以上博多の沈下についてでした。

sponsoredlink


関連コンテンツ

コメントを残す