森﨑浩司の引退の理由は病気か?その症状や原因とは?

今月24日、広島のホテルで森﨑浩司選手が引退記者会見を開きました。

なんと、球団始まって以来の記者会見とか。

森崎選手の表情は晴れやかで、「悔いはありません。」と断言していたそうです。

sponsoreddlink

ニュースの見出しには

「泣くことすら出来ない病」

との文字が。

ひょっとして引退の理由は病気?

と思い、調べてみることに。

森崎浩司のプロフィール

bust

https://www.sanfrecce.co.jp/より

生年月日 1981年5月9日生まれ 35歳(2016年10月現在)

出身地 広島県広島市

身長 177cm

ポジション MF

背番号 7

所属チーム サンフレッチェ広島

広島生まれ広島育ちの根っからの広島っ子。
野球が好きだったらやはり広島東洋カープへ入団していたのでしょうか?

という事はさておき、

小学2年生の時に兄とサッカーをはじめ、

1997年-広島市内の中学卒業後、高校進学と時を同じくして
サンフレッチェ広島ユースへ入団。

2000年-高校卒業と同時にサンフレッチェ広島へと入団します。

双子の兄がいるようですね。

bust

https://www.sanfrecce.co.jp/より

こちらが双子の兄の和幸さん。

双子だからでしょうか、区別が付きやすいようにとの配慮からか、
髪型がかなり違いますね。

小さい頃から散々、

似ている、区別がつかない!

なんて言われていたのでしょうね。

同じくサンフレッチェ広島所属。

病名とその原因とは?

さて、森崎浩司選手がかかった病気とはどのようなものでしょうか。

調べてみると…

オーバートレーニング症候群

というものでした。

主な症状は

・慢性的な披露

ですが、長期化すると、

・不眠

・集中力の欠如

・食欲不振

・競技成績の低下

などに見舞われるそうです。

原因は肉体的精神的ストレスによる
分泌ホルモンのバランスの崩れが原因と言われ、
早期に発見し対処する事で長期化を防ぐ事ができるそうです。

ではいつからこの病気に見舞われたのかというと、

2009年の春の朝、彼の中にある焦燥感が激しくなり、身体が極端に重くなり、意識をなくした。気づいた時には生きる意欲すら、存在しない。「地獄でした」。浩司が振り返るこの5文字の状況は、ここに書いた出来事の何十倍の悲惨さ。

「普通の生活ができるように、なってくれれば」

当時、兄が語ったその言葉の意味が、わからなかった。

http://www.goal.com/jp/より

2009年にはこの症状に襲われていたという事で、
その後も断続的に2010年、2012、2013年と発症したそうです。

お兄さんの和幸さんが「普通の生活ができるように…」
なんて語っていたぐらいですからよほど悪かったのでしょう…

成績を見てみると、2009年には出場が3試合、
0得点と絶不調(前年は40試合出場14得点)

2014年以降に快復の兆しをみせたようですが、
出場機会は徐々に減り、2015年に至っては9試合。

引退理由は?

記者会見においては明確な引退理由は語っていませんでしたが、
病気の影響で無理がきかない体になってしまったのか、あるいは
単純に年齢を重ねて体力が落ちたのか、両方共に考えられますが、
2008年からはJ2含め、年間優勝を4回もしているので、

「もうこれぐらいで…」

なんて思ったので

「悔いはありません。」

という言葉が出てきたのかもしれませんね。

因みに兄の和幸さんも2003年に慢性疲労症候群という病気を患って
苦しんだという事なので、遺伝的が関係があるのかとも考えられますが、
専門家ではないのでこのへんにしておきます。

記者会見では

「泣けるというのは素晴らしいんですよ。僕には、(病気のために)泣くことすらできない時期があったから」

ともおっしゃっていた森崎浩司さん、やはり病気の影響は大きかったようですが、同時に得るものも大きかったと語っていた姿が印象的でした。

以上森崎浩司選手の引退についてでした。

sponsoredlink


関連コンテンツ

コメントを残す