長野風花のプロフィールや高校は?試合後のインタビューや監督について!

本日未明、サッカーの女子17歳以下のワールドカップの決勝がヨルダンのアンマンで行われましたが、

惜しくも日本は0-0からのPK戦で4-5で北朝鮮に負けてしまい準優勝に終わってしまいました。

2014年の前回大会では優勝し、連覇の期待がかかっていただけに非常に残念ではありますが、キャプテンの長野風花選手が見事MVPに輝きました。

sponsoredlink

おめでとう&お疲れ様でした!

という事で今回はその長野選手について調べてみたいと思います。

長野風花のプロフィール

maxresdefault

youtubeより

生年月日 1999年3月9日生まれ 17歳(2016年10月現在)

出身地 東京都江戸川区

ポジション MF

身長 159cm

体重 50kg

現在17歳の長野さん。

所属は浦和レッズレディースだそうですが、私はチームの存在すら知りませんでした。
なでしこジャパンで女子サッカーが有名になっても、一般的にはまだまだ認知度が低いですね。

え? 私が無知なだけ?

という事はさておき、

2014年5月1日
当時浦和レッズレディースユースに所属していた長野さんは、なでしこリーグに出場可能な選手として登録されます。

当時15歳。

つまり義務教育が終わっていない中学生ですよ、中学生。
たいしたものです。

女子サッカー界もよほど人材が不足しているのかとも思ったのですが、
5歳の時にお兄さんに影響されてサッカーを始めたんだとか。
どうりでねぇ…

2010年-ナショナルトレセンU-12関東へ選出されます。(12歳)
2011年-浦和レッズレディースJr.ユースに合格。

という訳で現在Uー17のキャプテンとして活躍しています。

高校は?

所属が浦和という事もあり、そこからも割りと近い東京都北区にある都立飛鳥高校へ入学。
現在は勉学とサッカーを両立しての生活。

飛鳥高校の近くには飛鳥山公園があり、お花見の季節になると花見客で賑わうようになりますよ。

e145c345

http://barber-hide.com/より

監督との信頼関係

こちらはインタビュー動画ですが、なかなか堂々とした態度で喋っていて、すでに大物の風格すら漂っています。楠瀬監督の事を「くっさん」と親しみを込めて呼んでいますが、嫌味がなく、実にカラッとした性格のようですね。

kusunose_2

http://www.zelvia.co.jp/より

楠瀬直木監督(52)も格別「これをやれ、あれをやれ」等と強制せず、選手達が自由に楽しんでプレーするように気を配っているとの事で、長野選手からの信頼も絶大なものがあるようです。

サッカーを楽しむ事が重要

そんな監督の指導方針の影響なのか、長野選手は

サッカーを楽しむ事が大切

と語っています。

楽しむ事によりアイデアが生まれ、コンビネーションが生まれてくると。

昔のような根性一点張りの練習方法近年影を潜め、選手を萎縮させずにいかに個性を引き出すか、そんなところに監督が配慮し、見事選手たちが開花したと、このようなわけなのでしょうか。

長野選手と楠瀬監督のインタビュー

風花選手は試合後のインタビューで

「ここまで来たのでみんなと世界を取りたかったです。でも、このみんなとやってこれて良かったです」

「確実に試合を重ねることにレベルアップできたとの思うので、そこは自信を持ちたいです」

「試合を決められるような選手になって、なでしこジャパンでも活躍できるようにこれからもっと成長していきたいです」と流れる涙を拭いながら前を見据えた。

http://web.gekisaka.jp/より

と語っていました。

なんとも頼もしい限りですが、このくやしさをバネにして次回も面白い試合を見せて頂きたいですね。

こちらは監督のインタビュー

「楽しいサッカーは見せられたと思うんですが、最後仕留めさせてあげられずかわいそうだった。でも、大会を通していいサッカーが出来たと思います。こういうときもあるので、次に取っとけということじゃないでしょうか。非常に、技術的にも、各国から見たら日本のことは良く見てくれたと思う。今日の試合はチャンピオンとしてのスタートだぞと話した。また、なでしこジャパンとして世界を取ってもらいたい。日々精進してもらいたいです」

http://www.nikkansports.com/より

以上長野風花選手についてでした。

sponsoredlink


関連コンテンツ

コメントを残す