芥川賞本谷有希子、アニメ声優の黒歴史。「もうやらない」と苦笑い。

第154回芥川賞受賞

img

19日に都内で芥川賞・直木賞の選考会が行われ、

芥川賞には本谷有希子(もとやゆきこ)さんが「異類婚姻譚」にて、滝口悠生(たきぐちゆうしょう)さんは「死んでいない者」という作品でのダブル受賞。

sponsored link

直木賞には青山文平(あおやまぶんぺい)さんが「つまをめとらば」で選ばれました。
下は会見の模様の動画です。

本谷有希子さんとは?

年齢は36歳で女のお子さんが1人いらっしゃいます。

高校在学中は演劇部に所属。卒業後上京しENBUゼミナール演劇科に入学。同時に舞台女優として活躍しました。

1998年 アニメ「彼氏彼女の事情」の沢田亜弥役引き受けます

2000年 「劇団本谷有希子」を旗揚げ。

2002年 小説家としてデビュー

2005年 1年間オールナイトニッポンのパーソナリティを勤める。

本谷さんの劇団の様子

吉田豪とガチバトル?

吉田豪さんによる本谷有希子の裏話。本谷有希子さんのエピソードをいろいろ暴露。結構面白いです。

吉田豪さんの話によると、コミックモーニングの忘年会へ遅れて登場した吉田さんは、本谷さんの前の席しか空いていなかったのでそこに座ったところいきなり初対面の吉田さんに対して「目が笑ってない!」と切り出し、その後ずっと怒られるような感じだったという事です。

お酒でも入っていたのでしょうかね?

吉田さんの話が面白かったので、このエピソードを含む別の話については別記事で特集したいと思います。

アニメデビューのきっかけは?

ENBUゼミを見学しに来ていた庵野秀明(エヴァンゲリオンで有名)さんが、彼を見て騒ぐ中、一人憮然としている彼女を見て庵野さんが気に入ってオファーをしたとか。なんとも庵野さんらしい天邪鬼的な選定眼ですね。

「もうやらない」

記者会見で「今後声優をやるつもりはあるか?」との質問に

「あのアニメをオンエアで観た時にあまりの棒読みに絶望したので、もうないと思います」

と否定しました。

しかしながら会見の模様を見る限りはしっとりとした感じのよい声なのでこれを言い訳に一度だけ復帰してみるというのもありかもしれませんね。

以上、本谷有希子さんのアニメ黒歴史についてでした。

関連記事

芥川賞、本谷有希子の変人伝説。繊細なのか、はたまた大胆なのか?吉田豪のトークからその実態を検証。

sponsoredlink


関連コンテンツ

コメントを残す