ハニートラップ疑惑の有名人をまとめ!美女の誘惑に負けた?

東国原さんの発言

こんにちは。

ハニートラップを仕掛けられる程のステータスがない管理人です。

皆様は大丈夫ですか?

という訳で、本日テレビを見ていたらフジテレビ系の「バイキング」という坂上忍さんが司会をしている番組内で、東国原さんがハニートラップの件で週刊文春相手に何やら大声で訴えていたのですが、そのときふと実際どれぐらいの有名人がハニートラップに引っかかっているのだろうと疑問に思ったので、今回はハニートラップ疑惑がある有名人を調べてみました。

ハニートラップとは?

まずは言葉の定義をみていきましょう。

女性スパイが対象男性を誘惑し、性的関係を利用して懐柔するか、これを相手の弱みとして脅迫し機密情報を要求する諜報活動で、人的諜報ヒューミント(英語: HumintHuman intelligenceの略)の一種。またスキを見せた標的をその場で殺害する事もある。ただし必ずしも女性スパイが仕掛けるものとは限らず、東ドイツ国家保安省(シュタージ)の「ロミオ諜報員」のように男性スパイによって対象となる女性を罠にかけることもある。いわば「色仕掛け」による諜報活動といえる。ウィキペディア

という事です。

つまり本来の意味はスパイが敵国の国家機密を盗む為に(男女関係なく)色仕掛けで相手から情報を引き出すと。このような意味です。

現在ではスパイに限らず特定の人物の名誉や社会的な地位を貶める為の手段としても使われているようですね。

東国原さんもかつて宮崎県知事時代にハニートラップに会いそうになったと告白して、それが今話題になっています。

以下は本人のツイート

と、詳細は省きますが、本人の弁によると過去にハニートラップにあったと、そのような訳です。

女性記者

よく政治家を取り巻いている男性の中に混じって若い女性の姿が見られる事がありますよね。あれもハニートラップの一種だそうです。前に週刊誌か何かで読んだ事があるのですが、若い綺麗な女性記者のほうが男性記者よりも男性政治家に対しては印象がよく、ゆえにインタビューに応じてくれやすくなるそうです。そしてさらに仲が良くなれば個人的に呼び出しを受けることもあるとか。

新聞社なんかはそれを承知でルックスを基準にして女性記者を採用しているという話もあります。

目的はあくまでも話を引き出すためですから、別に悪いことでもなく、ビジネス戦略と捉えれば尤もな事だと思います。

あの田中邦衛さんの娘さんの田中淳子さんもワシントン支局時代はビル・クリントン(当時大統領候補)に貼り付いていたので、顔見知りになったと言っています。

田中淳子(NHK)の経歴と年収を調査!旦那との出会いから結婚も!

しかしその支局には当時4人しか人がいなかったようで、人が足りなくて回されただけかもしれませんが…

別に田中さんがハニートラップを仕掛けたと言っているのではなく、女性記者だと顔を覚えてもらいやすく、取材には有利に働くのではないかという事を説明するために例にだしただけですよ。

しかしながら、その後のクリントンのスキャンダルを考えると…

おっと…

ここまで。

しかしこればかりはNHKに聞いてみないとわかりません。

ハニートラップにかかった有名人

それではこれから有名人なり事件を中心にハニートラップについて見ていきましょう。

橋本龍太郎(元首相)

橋本龍太郎(はしもとりゅうたろう)さん

おそらくハニートラップにかかった一番有名な人ではないでしょうか。

こちらは1996年の出来事。

お相手は中国人通訳の女性。正体は北京市公安局の情報工作員というから恐ろしい話ですよね。一説によるとアノ場面のビデオを撮影されたという事です。相手の工作員は見返りとして中国へのODAを要求したとか。

明石家さんま

明石家さんまさん

こちらは2人のセクシー女優との密会を写真週刊誌にすっぱ抜かれました。

お相手は紗倉まな(さくらまな)さんと優希まこと(ゆうきまこと)さん。この場合は単に相手の売名行為だったようで、表向きは恐喝など金銭的な被害はなかったようですね。

後に片桐えりりかさんという同じくセクシー女優も寝たとニコニコ生放送で告白していました。自分が出ている番組を見てゲラゲラ笑っていたそうです。

杉村太蔵さん(未遂)

杉村太蔵(すぎむらたいぞう)さん

衆議院議員時代にビルの最上階のバーで偶然出会った女性から誘われて付いて行きそうになったところを同行のスタッフから止められ、事なきを得たようです。

それにしても皆と一緒にいるのに誘うほうも誘う方ですが、付いていこうする方もどうかしてますね。(笑)

山本圭一さん

次は元極楽とんぼの山本圭一(山本圭壱・やまもとけいいち)さん

2006年不祥事を起こしてしまいますが、それを仕掛けたのが久本雅美という噂がネット上には出回っています。

久本さんは宗教団体に入信している事は有名な話ですが、久本さんの執拗な勧誘を断ったのでハニートラップを仕掛けられて見事に引っかかり芸能界を引退したという話です。

久本さんが入信している宗教には折伏という考え方があります。

悪人・悪法を打ち砕き、迷いを覚まさせること。人をいったん議論などによって破り、自己の誤りを悟らせること。あるいは、悪人や悪法をくじき、屈服させることである。 ウィキペディアより

つまり自分が信じている宗教が絶対的に正しいのでそれに従わない人は「悪」と決め付けるので、極端な話何をしてもいいという事になります。

ですのでハニートラップを仕掛けても「山本が仏法に従わないからだ」という理屈は一応通るわけなので、本人には良心の呵責など一片もないでしょう。

動機としては尤もなのですが、果たして現実的に「そこまでやるか?」という疑問は残りますし、久本さんに誘われた噂のある人は山程いるので、何も山本さん一人をそのようなリスクを犯してまで貶めても久本さんにとってはメリットがないような気がしますが…

という事で噂ですよ、あくまでも。

事件絡み

ここからは有名人というより事件になりますね。

毎日新聞記者

西山事件こちらは大分古く1971年の事です。

西山が情報目当てに既婚の外務省事務官に近づき、酒を飲ませ泥酔させた上で性交渉を結んだとして、情報源の事務官を国家公務員法(機密漏洩の罪)、西山を国家公務員法(教唆の罪)で逮捕した。これにより、報道の自由を盾に、取材活動の正当性を主張していた毎日新聞は、かえって世論から一斉に倫理的非難を浴びることになった。 ウィキペディアより

詳細は省きますが、男性が国家の悪事を暴くという建前で女性(既婚者)へハニートラップ仕掛けた事件。1978年に最高裁が西山被告の上告を棄却した事によって有罪が確定。

その後毎日新聞は売上が激減したとか。

ボーン上田賞を受賞した朝日新聞記者

2011年中国で起きた新幹線事故が起きた際に事故車両を地中に埋めた事をスクープし、ボーン・上田賞を受賞した朝日新聞記者のXさん。彼は当時北京にある中国総局へ在籍していました。そこへ不倫関係にある中国人女性を連れ込んで端末を触らせていたという事を、Xさんか別れ話を切りだされて頭にきた女性が暴露。それを文春が嗅ぎつけたという事です。

ハニートラップという確証はないものの、限りなく黒に近いという事でした。

海上自衛官

イージス艦の情報を持出した海上自衛官の2曹。

この自衛官の妻は中国籍。夫と知り合ったのが知人の紹介。

この妻は窃盗で一度国外退去を命じられて一旦帰国。再度入国してから旦那と出会ったことからコテコテの中国共産党のスパイといういうよりは単純にお金でどこからか雇われていた可能性が高そうですね。

加藤氏のリポートによると、福建省出身の「陳」と称する2曹の妻は、昨年12月に自らオーバーステイだとして入国管理局に出頭した際、「すべて終わった」と語った。防衛省幹部はこの言葉の意味を、「日本の機密情報管理の甘さをあざ笑い、『イージス艦情報はもらった』と任務完了を宣言したのではないか」と推測している。

これにより日米双方は相当な打撃をうけたようです。

さらに気になる記事を発見したので引用しておきます。

外国人と結婚する自衛隊員が近年、増加傾向にある。最新の統計データによると、14万人の陸上自衛隊員のうち500人、4万2000人の海上自衛隊員のうち200人、4万3000人の航空自衛隊員のうち100人の計800人の自衛隊員の配偶者が外国人であり、うち7割弱が中国人で、ほかはフィリピン人や韓国人が多いという。中国網日本語版(チャイナネット)が報じた。

日中防衛問題に詳しい専門家は、「中国人女性と結婚した海上自衛隊員のうち、10人が機密性の高い職務を担当している」と指摘した。

サーチナより

このような事情があるので特定機密保護法が出来たのでしょうか。アメリカとしても対スパイにおいてはザル状態の日本をなんとかしなければという思いもありそれも働いているのかなとも思えますが。

おまけ-北芝健

警視庁の元刑事~公安外事警察捜査員を経て現在はマルチに活躍中。

この方はロシア人女性のスパイからハニートラップを仕掛けられたそうですが、それとしりつつお召しになったといういう事です。日本男児もやられてばかりではありません。

現役の頃はよくスパイに付けられていたと話していましたから、一度だけではなさそうですね。以下の著書ではハニートラップについても語られているとの事。興味がある人はチェック!


警察・ヤクザ・公安・スパイ 日本で一番危ない話

最後に

とまあ、単なる売名から国家機密に関わる事まで様々な分野で行われているハニートラップ。日本でも戦国時代にも敵を弱体化させるために次々と側室を送り込むという話もありますので、何も今に限った話でもないようです。美人局という言葉もあるぐらいですから。

しかし欲望に負けるのも致し方無いとはいえ、どう転ぶのかは運としか言いようがないですね。

以上ハニートラップについてでした。

面白そうなエピソードがありましたらまた追記したいと思います。

小出恵介-new!

俳優の小出恵介さんが17歳の女子高生(Aさん)と大阪はミナミのバーで飲酒し、その後淫行に及んだと6月9日発売のフライデーにて報じられました。

http://hot-fashion.click/より

フライデーによる概略は以下の通り

・5月9日-小出恵介さんは、NHKドラマ「神様からひと言」(6月10日放送開始予定!)での撮影の為に大阪を訪れていた。

・9日夜、ミナミのバーで小出さんを含め、男4人、女3人で飲んでいたところへAさんが呼ばれる

・Aさんが店へ到着するなり、彼女を気に入った小出さんはすぐにそばへ呼び、手を出してきた。

・17歳という年齢を周りから聞いても小出さんは「そうなんや」と言うにとどまる。

・その後二人は帝国ホテルへ…

という事でした。

後にその時の様子を知人と語った時のトーク画面も流出。

https://newsmatomedia.com/より

フライデーでは、半ば嫌がるA子さんを小出さんは無理やり帝国ホテルへ連れ込んで…と書かれていましたが…

元彼の証言によると、事件当夜も彼女とラインでやりとりしていたという事ですが、当時の彼女からは、喜んでいる印象を受け、さらには彼女の背後に誰か居るのでは?とも示唆。

小出と関係を持ったことを喜んでいるかのようなメッセージが含まれるなど、元交際相手の男性は「正直、報道されている内容とは違う」と指摘した。


少女が小出側に金銭を要求したことについては、「裏で彼女以外にも何かそそのかしている人がいるんじゃないかと、お金のために」と、少女の後ろに第三者がいるのではないかと疑っているという。サンスポより

Aさん、金銭を要求

スポニチの取材によると、小出恵介さんはこの件で後日17歳の少女から500万円の支払いを要求されたとありました。

スポニチ本紙の取材では、金銭を要求された小出は、所属事務所に報告せず、自身で事態を収束させようとした。複数の関係者の話を総合すると、相手側の提示金額は500万円。その後、小出が相手と交渉し200万円を支払うことで話がまとまったという。ただ、実際には金銭は支払われなかった。知人は「(小出は)周囲に止められたこともあって、思いとどまったようだ」と説明した。スポニチより

この記事からは、17歳の少女が単独で数百万円の金銭を相手方へ要求したようにもとれますが、果たしてそのような技量や度胸が彼女にあったのかどうかが気になります。

流れとしては、事務所へ相談もしないで小出さんが自力で事を解決しようと相手の金銭的要求を撥ね付けた結果、フライデーへ垂れ込まれた、このような感じでしょうか。

つまり怨恨による暴露だと。

2chでの匿名の告発

そこへ降って湧いたのが2chでの匿名での告発。

503: 名無しさん@恐縮です [sage] 2017/06/09(金) 01:09:06.96 ID:Fo2/O66Z0
少しだけホントのこと書きます。

まずは今回の件、仕組んだのはコイツ
https://www.instagram.com/◯◯◯/
フライデーに載った写真見てもらえば一目瞭然。
セラミックの歯がギラギラ光ってる。
こいつが呼んだのが、17歳。
そして、ホテルへ行かせ。証拠として、いろんな動画、寝顔を撮らせた。
今回の1砲で否定したら出すつもりで、第2砲3砲で用意してた。
フライデーに載る前に、金も要求しているようで
それをすべて仕組んでる連中がいる。

742: 名無しさん@恐縮です [sage] 2017/06/09(金) 01:25:44.26 ID:Fo2/O66Z0
◯◯と小出があったのは2~3回目。
少し打ち解けたところで、ホントの狙い。
女を4人呼んで、ゲームの罰にガンガン酒を飲ます。
全員並べて、小出に女を選ばせる。
酔ってる状態で、どの子がいいと聞かれたらあの子がいいと、◯◯◯を選ぶ。
あとは、◯◯◯に指示を出して全て記録させて、後日連絡。
ガッツリ大金ゲットの方法。

ざっくりと言うとセラミック某という人が背後にいたのでは?という事らしいですが、これだけではなんとも言いようがないですね。

しかし、話の辻褄としては十分アリですが、彼をダミーにさらにその背後で糸を引いている人物がいるとも考えられない事もないですね。

当の本人(セラミック某)はA子さんとは、小出恵介さんと同じく、この日初めてミナミのバーで会った、と後にインスタグラムでのやり取りで明かしています。

この証言を信じるならば、彼もまた嵌められたとも言えなくもないですが。

フライデーでの気になる記述

では当のフライデーは彼の存在を把握していたのかというと、これまた微妙。

しかし気になる記述が1点ありました。

1~2時間ほど飲んだ後、「2人で飲みに行こう」とA子さんを誘った小出。打ち合わせでもしてあったのだろうか。他のメンバーから「2人で楽しんで」と手を振られ、A子さんは戎橋(通称「ひっかけ橋」)近くにある恋での顔なじみのバーへと案内された。フライデーより

打ち合わせでもあったのだろうか、との記述からは、フライデーも背後にいる人物について何かしらの情報を把握していたとも受け取れるような、そんな微妙なタッチで報じているような、そんな印象を受けました。

しかしながら、小出さんも彼女が17歳と知りつつ行為に及んだ事はいただけません。

NHK潰し?

さて、ここからは壮大な陰謀論です。

フライデーが発売されたのは6月9日。

しかしその前日には情報が出ていますが、これは6月10日にNHKで放送される「神様からひと言」という連続ドラマ(全6回)へぶつけたとも考えられない事はないですね。

それによって一番得するのは誰か?

を考えた時に、浮かんだ人物こそ裏で糸を操る真犯人…

というのは8割方冗談として…

私の想像をふくらませると今回のシナリオは以下の通り。

小出恵介ハニートラップの裏側はこうだ!?

1.A子さんがB氏(黒幕)にハニートラップを持ちかけられる。

2.A子さんと小出さんが「あっふん。」

3.A子さんが小出さんへ金銭を要求

4.困った小出さんが周りに相談したところ、金銭は払うなと言われ、そのとおりにする。(個人的にはこの過程で半グレなり、裏の人間が出てきたようにも思えますが…)

5.業を煮やしたB氏(或いはその背後の人)がそれとなくでしゃばる。

6.裏には裏でと、小出さん(或いは周辺の人物)も「大人」を呼んで対抗。

7.本物が出てきた事でB氏が命の危険を感じ、A子へフライデーへ垂れ込ませる。

と考えると、A子さんがはじめに金銭を要求しておきながら、なぜ途中で一銭の得にもならないフライデーへ垂れ込んだのかも解せます。

この他にも小出氏とセラミック某氏の接点なども気になりますが、もう少し落ち着いたら改めて調べてみたいと思います。

以上、小出恵介さんの件についてでした。

sponsoredlink


関連コンテンツ

コメントを残す