アニメ好き家電ライター藤山哲人の経歴を調査!オタクとの噂?

藤山哲人のプロフィール

こんにちは。

家電といえばヨドバシかビックカメラ。

最近はとんと行ってないぞと。

スポンサードリンク

テレビはアクオスできまり!というわけで管理でございます。皆さんは最近家電買っていますか?

2015年6月9日放送のマツコの知らない世界にて家電ライターなる職業が紹介され、俄然注目度がました藤山哲人さんですが、本日またもやマツコの知らない世界に呼ばれたそうなので、この機会にかれについての情報をまとめてみたいと思います。

藤山哲人

フェイスブックより

名前 藤山哲人(ふじやまてつと)
生年月日 1967年5月11日 58歳 (2016年2月現在)
出身地 神奈川県横浜市
学歴 目黒高等学校~日本工業学院専門学校メカトロニクス科
職業 フリーライター
配偶者・子供 既婚 娘2人
好きなもの アニメ
血液型 O型

ライターという職業

藤山哲人という名前にあまり馴染みがない方も多いと思いますが、かくいう私も今回彼について調べるまではその名を知りませんでした。

本職はライターという事なので、よほど有名か興味があるジャンルの記事でも書いていないかぎり書いた人の名前なんて覚えませんよね。

しかしあとから振り返ると、「ああ、あの記事を書いていたのね」と意外な所で接点があったことが判明した時はちょっとうれしくなってしまいます。


1989年-藤山さんは戦mノン学校卒業後アスキーに入社します。

パソコン関連の雑誌を発行している会社でそこでライターでもしていたのですかね。因みに下は1989年の月刊アスキーの表紙「パソコンCPUの主流-80386」という文字が時代を感じさせますね。

アスキー

http://ameblo.jp/yonosuke27より

つい先日は週刊アスキーの紙媒体は廃止、電子書籍へ移行。これもまた時代の流れですね。今でこそパソコンは誰でも持っていますが、当時は敷居が高く、パソコン=マニアという構図がなりたっていた事からもわかるとおり、藤山さんはかなりのマニアだったよですね。

原点はアニメ

藤山さんはロボットアニメに影響を受けたようで、日本工学院へ入った動機が「ガンダムが作りたかったから」という事です。

今でこそお台場にガンダムが立つ時代ですが、当時(1980年代)はそんな事本気で言ったら鼻で笑われた事でしょう。

どれぐらいの本気度かはわかりませんが、それぐらい動くロボットに憧れていたのかもしれません。本人は公言していませんが、実は「実弾を発射して物を壊すロボット」を作りたかったのかもしれませんね。破壊は男のロマンといいますからね。

当時からロボットアニメ数多く発表されており、ガンダムのほかにはマクロスやダンバイン、エルガイム、ダグラム等がありましたが、ボトムズに出てくるスコープドッグなんかは大きさ的には制作可能だったかもしれないですね。

最近ですが、制作している人いらっしゃいました。(正確にはブルーティッシュドッグ)やはり子供のマインドの力は偉大ですね。

様々なジャンルのオタク系の仕事をこなす藤山さん

という訳でロボットが大好きな藤山さんですが、実はそれ以外の分野も好きなようで彼の仕事にはメイド喫茶の取材というものもありました。その他にもエロアニメ系のライターとしても活躍しているようですが、詳しくは下のサイトをご覧ください。アニメに免疫がない方は注意してください。

最近の情報がないですが、家電系の方が稼げるのでしょうかね?

と思って調べたら関西方面のテレビへでたりアッコにお任せからお呼ばれしたりと単発で仕事は入っているようです。

朝オファーが来て、今撮影して、あさってオンエアされます。
報道かっ!www 17日(日曜)11:45~

インフルエンザと加湿器のコーナーにちょっとだけ、VTRでおじゃま
させていただきました。

ロボット以外のアニメも好きな藤山さん

島本須美さんが好きなのでしょうか?かなりのはしゃぎようですね。


さらには…

腐った方面へ惹かれた娘さんに心中複雑な想いを抱きながらも、自分の趣味の事もあるのでなんとも言えぬ気もちになっているようで、思わず笑ってしまいました。^^;


ディープな方面へのこだわりも相当なようですな。。。

秋葉好き・メカ好き・いぢり好き

10歳の頃から秋葉通いを始めたという事ですが、藤山さんが10歳というと1977年の頃でしょうか。当時はおそらくアニメというよりも、家電の方のイエメージが強く、藤山さんの秋葉通いの理由が、「ラジオの部品購入」という事なので、藤山さんにとってアニメは実は二次的な要素だったのかもしれないですね。

その後は目黒高校時代に「アセンブラに目覚めた」とありますから、単純に

メカ好き

なのかもしれません。

そのような視点から見れば「エロアニメ好き」というのもアニメキャラをいじる=メカをいじる=エロと考えればすべてが繋がります。つまりメカいぢり好きじゃないっすかね。

病気

あの元気そうな姿からは想像できないのですが、大病を患ったようで、生々しい傷跡を披露しています。

傷

マツコのOAで声がヘンなのに気づかれる方も多いと思うので別件も白状。一昨年、救急車で救急搬送された大動脈解離(大動脈が破裂して半数以上が亡くなる)ですが、一命を取りとめ経過観察していました。が、どんどん太くなってあと5年で死んじゃうかも…

Posted by 藤山 哲人 on 2015年1月15日

その際に埋め込まれたというのが以下の人工血管。このようなものがあるとは初めて知りました。

血管

あ、こんなのも貼ってなかった。整理してると色々でてくるな(笑い)オイラの大動脈。機械の体を手に入れたよ♥人工血管てパソコンの部品と一緒でユーザー登録はがきがあるんだよw

Posted by 藤山 哲人 on 2016年1月3日

機械の体を手に入れたよと、メーテルが聞いたら泣いて喜ぶセリフをおっしゃっていますね。さすがアニメ好き。このような細かい所の配慮も忘れません。今でいうと攻殻機動隊の擬態化といったところでしょうかね。災い転じて福となす、自分の病気をネタに昇華するあたりはさすがライター。

藤山哲人とは?

当初は家電ライターという事で適当に仕上げるつもりが、色々調べていくうちにその摩訶不思議な生態に惹かれて思わず長くなってしまいましたが、実に興味深い人物であります。

一昔前なら一言「オタク」で済んだかもしれませんが、こうしてメジャー展開もしているので逆にその部分が隠されてしまっていることが残念ですね。これでは彼の魅力がテレビを見ているだけでは半分も伝わらないのではないでしょうか。

もっとも彼の事がテレビで全部伝わった時点でその後の仕事に影響してくる可能性が十分に考えられるので、これは棲み分けという意味では正解なのかもしれません。

しかし本人としては、その方面の取材も「来たら受ける」と即答しそうな感じですけどね。(笑)そこがまた魅力的という…実に惜しい、そして見ている側としてはもどかしい立ち位置ですよね。

最後に藤山哲人とはどのような人物か?といういう事を本人のフェイスブックから引用して終わりにしたいと思います。

吟遊詩人やってます。アニメが好きです。パンチラも好きです。人間は卒業しました。本当はマニュアル書きですが、編集からのオーダーでヘンな文章と、工作してます。最近は家電Watchの影響で、家電おじさんと言われてますが、本当は変態さんです。Discovery Channelと深夜アニメを見るだけの豚野郎です。踏んでください。

原稿の依頼や家電などのテストの依頼は、tetsu-f(あっとま~く)techdoc.jpまでお気軽にどうぞ~。

好きな言葉
お金になる仕事。住宅ローンがなくなる魔法。2次元の女の子と仲良くなれる方法。言葉じゃなくて、願望じゃん。

それではみなさん悔いのない人生を。

sponsoredlink


関連コンテンツ

コメントを残す