飯尾和樹の嫁は林宏美という元レースクィーンですよ!

こんにちは。
お笑いは割りととくだらないネタが好きな管理人です。

今回はそのくだないネタでの中でもピカイチである「現実逃避シリーズ」を編み出した飯尾和樹さんについて調べてみました。

sponsored link

飯尾和樹さんのプロフィール

今回調査するのはお笑いコンビのずんのボケ担当の飯尾和樹(いいおかずき)さんです。

生年月日 1968年12月22日
出身地 東京都世田谷区
血液型 O型
身長 173㎝
事務所 浅井企画

高校卒業に劇団に入ったそうですが、長続きせずに退団。その後1990年に浅井企画に入り、ずんを結成したのが2000年。

浅井企画へ入ってからずんを結成するまでに10年もかかってますね。その間にもニ度コンビを結成していますがこちらも解散しています。飽き性なのですかね?

彼の持ちネタで現実逃避シリーズというものがありますが、それをみるとどうも飯尾さんは怠け者のような気がします。その中のネタの一つがこちら。

現実逃避シリーズ。平日(月曜)の昼間からゴロゴロォゴロゴロ。あ~あ、なんでも10円で買えたらなあ

このネタを床に寝転んで鼻をほじりながら言うあたりは、彼の私生活を垣間見るようでありなんとも自然な感じが醸し出ているところをみると、そのまんまな生活を送っているように思えますね。

コンビ名「ずん」の由来

語感の響きと「ずん」と心に残るような感じという意味からとったとか。「ずんと心に残る」とは一体どのような感じなのですかね。飯尾さんのギャグから受ける印象は、見た感じはパッとした派手さはないけれど、後々「ずん」と心にのしかかってくるようなギャグのという感じがしますが。

単独での出演が多い飯尾さん

その飯尾さんなのですが、コンビを組んでいるにもかかわらずテレビには単独で出演する事が多いとか。

因みに相方はやす(本名・藍木靖英)。飯尾さんの1つ年下です。

どちらかと言えば飯尾さんのほうが見た感じは地味なのですが、個人的にも飯尾さんのほうがインパクトはあるような気がします。

その地味な姿が一転してコミカルな動きとともに中途半端な勢いで繰り出される一発逆が、そのルックスとのギャップで爆発力をもつというか、そんな感じでなんだから吹き出してしまいますね。もちろん、周りにちゃんとフォローしてくれる人がいないと非常に危うい感じでもありますが。

奥様はレースクィーン?林宏美さんについて

さて、そのような地味な漢字の飯尾さんの奥さんが気になりますよね。これはもう名前が知れ渡っていますが、林宏美さんという方です。

12年間も付き合った末に別れたそうですが、番組の企画で元カノにプロポーズをさせるという話が持ち上がり、当初は彼女が断るはずの予定が、彼女側に復縁する意志があった事を確認したディレクターが彼女の判断に委ねたところ、番組の本番では見事に飯尾からの告白を承諾、結婚に至ったという実にドラマティックな展開でした。番組関係者もこの展開には狂喜したのではないでしょうかね。

レースクィーン時代の画像を探してみたのですが、1点だけ出回っていますね。水色の水着をつけてパラソルを持ちながら笑顔で写っている姿が確認出来ました。この画像意外に出回っていないところを見るとあまり長期間活躍してなかったようにも思われます。

一見すると俳優にしか見えない飯尾さんですが、個人的には現実逃避シリーズが好きなのでそのあたりを極めて欲しいかなと思っております。

以上飯尾さんと嫁についてでした。

sponsoredlink


関連コンテンツ

コメントを残す